ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類からさがす > しごと・産業 > 商工業・中小企業 > 中小企業支援 > ~デジタル技術等活用技能継承支援事業~eラーニング受講者、セミナー参加者及びハンズオン支援先企業を募集します!

本文

~デジタル技術等活用技能継承支援事業~eラーニング受講者、セミナー参加者及びハンズオン支援先企業を募集します!

ページID:0406860 掲載日:2022年6月24日更新 印刷ページ表示
8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう

 技能継承については、重要であると認識し、取り組んでいる企業が多い中、「時間がない」、「伝えるためのコミュニケーションがうまくいかない」、「どのような手法を用いればよいかわからない」といった課題が挙げられています。
 こうした状況から愛知県では、技能継承が円滑に進むよう、eラーニングでの講義やデジタル技術を活用した技能継承事例を紹介するセミナーを開催するとともに、デジタルツール等を活用して技能継承を進めていく企業に対して、ハンズオン支援を行います。
 ついては、eラーニングの受講者、セミナーの参加者及びハンズオン支援の支援先企業を募集しますので、技能継承に取り組まれる経営者や、現場でお困りの管理者や技術者・技能者の皆様は、是非お申込みください。

1 eラーニング

 デジタル技術等を活用しながら効果的に技能継承を進めるためのポイントを学ぶことができる映像コンテンツを視聴できます。各コース3時間程度(3本)の動画構成となっております。興味のある内容のみを視聴することも可能です。

(1)講義概要(全5コース)

講義概要(全5コース)

タイトル

カリキュラム(1時間×3本)

1.技能継承を上手く進めるための

風土・体制づくり

・技能継承方針の明確化

・技能継承計画の作成

・技能継承ツールの整備          等

2.効率的に技能を教えるための

技能継承ツールの整備

・標準類(手順書等)の整備

・練習用教材の整備

・教育方法のマニュアル化         等

3.効果的に技能を教えるための

OJTの進め方

・技能の教育方法(OJT、OFF-JT、自己訓練など)

・相手の力量に合った教え方のポイント

・習得状況の確認方法           等

4.技能の基礎能力を高めるための

トレーニング方法

・技能習得に必要な基礎能力

・理解を高めるためのトレーニング法

・注意力を高めるためのトレーニング法   等

5.デジタル技術を活用した

効果的な技能継承・人材育成

・技能継承及び人材育成の重要性

・DX,AI,IoT,VR,HMI技術の要点

・デジタル技術を活用した効果的な技能継承 等

(2)実施期間

2022年7月上旬から2023年2月28日火曜日まで

(期間中はいつでも御覧いただけます。)

※各コースの動画は順次配信します。

(3)所要時間

1コース当たり3時間(1時間×3本)

(4)対象者

県内に本社又は事業拠点のある中小企業

(5)定員

180名(1社3名まで)(申込先着順)

(6)参加費

無料(ただし、通信料は自己負担となります。)

(7)講師

一般社団法人中部産業連盟 上席主任コンサルタント 山口 郁睦 (やまぐち ふみちか) 氏(第1・4回)

一般社団法人中部産業連盟 コンサルタント 髙橋 拓也 (たかはし たくや) 氏(第2・3・4回)

国立大学法人埼玉大学大学院理工学研究科 教授 綿貫 啓一 (わたぬき けいいち) 氏(第5回)

2 デジタル技術を活用した技能継承事例紹介・体験型セミナー

 デジタル技術を活用して技能継承を実現するためのセミナーを実施します。事例も交えながら以下のテーマについて学んでいただけます。終了後は、デジタルツールに触れる体験会も予定しています。

(1)セミナー概要

ア 動画マニュアルを活用した効果的な技能継承

 動画マニュアルを活用した技能継承の取組について、動画の使い方から使いこなすポイント、改善活動への展開も踏まえて紹介します。様々な業種で活用される動画マニュアルである「Time Prism」を使って進めます

日時:2022年9月16日金曜日 午後1時から午後4時まで

講師:株式会社日本生工技研 経営企画室室長 野村 和史 (のむら かずとし) 氏

使用するツール:動画マニュアル(Time Prism)

イ ARツールを活用した効果的な技能継承

 技能を見える化するためにスキルマネジメントツールを使ったスキルマップの運用と活用のためのポイント、さらに技能を伝えるために効果的なARツールについて紹介します。

日時:2022年10月5日水曜日 午後1時から午後4時まで

講師:株式会社OIDON 代表取締役社長 中野 竜司 (なかの りゅうじ) 氏

使用するツール:スキルマネジメントシステム、ARツール

ウ VR等デジタル技術を活用した効果的な技能継承

 VRやARなどのデジタル技術とそれらを用いた技能継承について、埼玉大学が企業と提携して実現させた最先端の事例も交えて紹介します。

日時:2022年11月22日火曜日 午後1時から午後4時まで

講師:国立大学法人埼玉大学大学院理工学研究科 教授 綿貫 啓一 (わたぬき けいいち) 氏

使用するツール:3D CAD/CAEシステム、VR/HMDデバイス、

モーションキャプチャシステム、AI解析システム

(2)会場

中産連ビル 研修室

(名古屋市東区白壁三丁目12番13号 電話番号:052-931-9431)

(3)対象者

県内に本社又は事業拠点のある中小企業

(4)定員

各回30人(申込先着順)

(5)参加費

無料(ただし、会場までの交通費は自己負担となります。)

3 ハンズオン支援

 主にデジタルツールを活用して、技能継承に取り組む中小企業にアドバイザーを派遣するハンズオン支援を実施します。事前のヒアリングを基に業種や内容に応じて適切なアドバイスができる専門家を選定して派遣します。時間の都合などに応じてWeb会議ツールを用いた対応も可能です。

(1)対象者

県内に本社又は事業拠点のある中小企業(県内に限る)

(2)実施時期

2022年8月から2023年2月まで

(3)支援回数

各社6回程度

(4)定員

3社(申込先着順)

(5)参加費

無料(ただし、通信料は自己負担となります。)

4 申込方法

 パンフレットの裏面の参加申込書によりFAXにて「6申込み・問合せ先」へお申込みいただくか、eラーニング及びセミナーに限り申込用特設Webページからお申込みください。希望する回のみのお申込みも可能です。お申込みいただいた方には、後日運営事務局から参加の可否やeラーニング視聴URL等の詳細を連絡します。

【eラーニング】 【セミナー1】 【セミナー2】 【セミナー3】 

5 その他

(1)申込み多数により、募集を締め切らせていただく場合があります。募集状況は申込用特設Webページで随時お知らせします。

(2)県の広報に御協力くださいますようお願いします。

6 申込み・問合せ先

<事業全般に関すること>

愛知県労働局産業人材育成課 技能振興グループ

電話 052-954-6375

受付時間:平日午前8時45分から午後5時30分まで

<本事業の申込み・内容に関すること>

一般社団法人中部産業連盟(県運営委託先(運営事務局))

電話 052-931-9826  FAX 0120-342-340

受付時間:平日午前9時から午後5時30分まで

7 パンフレット

パンフレット [PDFファイル/3.56MB]

このページに関する問合せ先

愛知県労働局産業人材育成課
技能振興グループ
担当:江尻、石橋
電話:052-954-6375
内線:3450
メール:jinzai@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)