ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 水大気環境課 > 「サッポロ生ビール黒ラベル『三河湾環境保全応援』缶」を発売するサッポロビール株式会社が佐々木副知事を表敬訪問します

本文

「サッポロ生ビール黒ラベル『三河湾環境保全応援』缶」を発売するサッポロビール株式会社が佐々木副知事を表敬訪問します

ページID:0395511 掲載日:2022年5月10日更新 印刷ページ表示
14 海の豊かさを守ろう17 パートナーシップで目標を達成しよう

 サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区)は、三河湾の環境保全を啓発するデザインの缶ビール、「サッポロ生ビール黒ラベル『三河湾環境保全応援』缶」を2022年5月17日(火曜日)から発売し、その売上1本につき1円を環境保全基金へ寄附するキャンペーンを実施します。

 この度、この取組をPRするため、発売当日、サッポロビール株式会社代表取締役社長が佐々木愛知県副知事を訪問しますので、お知らせします。

1  日 時

2022年5月17日(火曜日)午前10時から午前10時15分まで

2  場 所

知事応接室(県庁本庁舎3階南側)

3  訪問者

野瀬 裕之   サッポロビール株式会社 代表取締役社長

白石 英樹   サッポロビール株式会社 執行役員 東海北陸本部長

岩尾 陽二郎  サッポロビール株式会社 外食営業本部 法人統括部 東海北陸法人営業部長

4  対応者

佐々木 菜々子 愛知県副知事

5  内 容(予定)

(1)表敬挨拶及び訪問者紹介

(2)副知事挨拶

(3)歓談

(4)記念撮影

《 参 考 》

1 キャンペーンの概要

 サッポロビール株式会社は、三河湾の豊かな自然を未来につなげる環境保全に貢献するため、「サッポロ生ビール黒ラベル『三河湾環境保全応援』缶」を、東海北陸エリア7県で5月17日(火曜日)から数量限定販売します。

 愛知県南部に位置する三河湾は、生態系を守る役目を果たす海草のアマモや、アサリ、スナメリなどが多数生息する、豊かな生態系に恵まれた地域です。この地域の自然保護活動を支援するため、商品の売上1本につき1円を環境保全基金へ寄付します。

三河湾環境保全応援缶

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.

 

2 環境保全基金について

(1)設置趣旨

環境保全に関する知識の普及及び環境保全活動の促進に必要な財源を確保する。

(2)根拠法令

環境保全基金条例(1990年3月9日施行)

(3)基金積立額

7億2,900万円 (2022年3月31日時点)

 

3 サッポロビール株式会社 会社概要

北海道開拓のため設置された「開拓使」により1876年(明治9年)に「開拓使麦酒醸造所」が完成。1887年(明治20年)に「札幌麦酒会社」を設立。

1949年(昭和24年)の日本麦酒株式会社設立を経て、1964年(昭和39年)には、会社名をサッポロビール株式会社へと変更。資本金は100億円。

 

 

このページに関する問合せ先

愛知県環境局環境政策部水大気環境課生活環境地盤対策室
三河湾環境再生グループ
担当:望月、成瀬
電話:052-954-6220
内線:3042、3041
メール:seikatsujiban@pref.aichi.lg.jp