ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 医療療育総合センター > 医療療育総合センターもちつき大会の開催について

本文

医療療育総合センターもちつき大会の開催について

ページID:0431886 掲載日:2022年11月30日更新 印刷ページ表示

医療療育総合センターもちつき大会の開催について
つきたてのおもちにあふれる笑顔~毎年継続して51回目~

 愛知県医療療育総合センター(旧愛知県心身障害者コロニー、春日井市)では、年末恒例の「もちつき大会」を開催しています。
 この行事は、1972年に近喜(こんき)商事株式会社(名古屋市中村区)先代代表取締役の故近藤喜代春(こんどう きよはる)氏から、「コロニーの子供たちに、日本の伝統であるもちつきを楽しんでもらいたい」として、もち米などの寄贈を受けてコロニーで開催したことが始まりであり、以来、毎年開催しているものです(一昨年(49回目)のもちつき大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、のしもち等寄贈の式典のみの開催となりました。)。
 今年は、感染対策を十分に講じた上で、下記のとおり51回目の「もちつき大会」を開催します。
 また、当日は、医療療育総合センター総長から近喜商事株式会社に対し、知事感謝状を贈呈します。

1 日 時

 2022年12月7日 水曜日 午前10時から正午まで

2 場 所

 愛知県医療療育総合センター(春日井市神屋町713-8)
 本館棟1階 食堂
 電話 0568-88-0811(代表)

3 内 容

(1)もちつき大会

 近喜商事株式会社の社員及びセンター職員がもちをつきます。外来利用者等にはガラス越しに、もちつきの様子を御覧いただきます。
 つきあがったもちは、その場でパックに詰めて食堂前で外来利用者等に配布します。

(2)知事感謝状贈呈式

 ア 寄贈者

   会社名 近喜商事株式会社
   代表者 近藤 多喜男(こんどう たきお)氏
   事業内容 食品飼料卸など
   所在地 名古屋市中村区名駅南二丁目13番15号
   電話 052-582-1211

 イ 寄贈物

   もち米(14kg)・のしもち・あん・和凧等(寄附相当金額 159,000円)

 ウ 次第

   医療療育総合センター石黒直樹(いしぐろ なおき)総長から近喜商事株式会社近藤多喜男様へ
  知事感謝状を贈呈します。

4 その他

 感染症及び食中毒対策のため、もちは持ち帰って加熱の上食べていただくよう案内します。また、もちによる窒息事故防止の呼び掛けをします。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、もちつき会場への立ち入りは御遠慮ください。

このページに関する問合せ先

愛知県医療療育総合センター運用部企画事業課
担当:市瀬、加藤
電話:0568-88-0811
内線:5231、5232