ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 統計課 > 第66回愛知県統計グラフコンクール入賞作品の決定について

本文

第66回愛知県統計グラフコンクール入賞作品の決定について

ページID:0423904 掲載日:2022年10月6日更新 印刷ページ表示

第66回愛知県統計グラフコンクール入賞作品の決定について 

 愛知県及び愛知県統計協会では、1957年から毎年、愛知県統計グラフコンクールを実施しています。
 この度、第66回愛知県統計グラフコンクールの作品を募集したところ、490点の応募がありました(募集については、6月6日発表済)。審査の結果、次のとおり入賞作品85点が決定しましたのでお知らせします。
 この入賞作品は、11月4日(金曜日)から県庁地下連絡通路を始め、県内9か所において展示します。

1 入賞作品・入賞者(85点・97名)

入賞作品数・入賞者数は、下記を御覧ください。
第66回愛知県統計グラフコンクール入賞作品数・入賞者数 [PDFファイル/70KB]

入賞者は、下記を御覧ください。
第66回愛知県統計グラフコンクール入賞作品目録 [PDFファイル/320KB]

2 表彰

 金賞には愛知県知事賞、銀賞・銅賞・奨励賞には愛知県統計協会長賞として、賞状及び副賞を贈ります。なお、金賞受賞者へは、令和4年度愛知県統計功労者表彰式(11月下旬開催予定)において、授与します。

【参考】
第66回愛知県統計グラフコンクール金賞作品 [PDFファイル/3.48MB]

3 全国コンクールへの出品

 入賞作品のうち、金賞を受賞した作品(21点)については、公益財団法人統計情報研究開発センター主催の第70回統計グラフ全国コンクールへ出品します。​

4 入賞作品等パネル展示

入賞作品等パネル展の詳細については、統計グラフコンクール入賞作品等パネル展のページを御覧ください。​

【第66回愛知県統計グラフコンクールの概要】

1 目的
 県民の統計に対する理解を深めるとともに、統計をグラフで表現する技術の向上・普及を図る。

2 応募資格
 愛知県内に住所を有する人又は愛知県内の学校、職場等に通学、通勤している人

3 課題
 各部とも自由。ただし小学校4年生以下の応募については、児童が自ら観察又は調査した結果をグラフにしたもの。

4 審査員(敬称略)

 今尾 泰三 (愛知県立芸術大学美術学部 教授)
 魚住 英史 (愛知県統計教育研究協議会 会長、瀬戸市立八幡小学校長)
 渡邊  俊 (愛知県統計教育研究協議会 副会長、名古屋市立熊の前小学校長)
 濱田 孝之 (愛知県統計教育研究協議会 副会長、安城市立三河安城小学校長) 
 林  智子 (愛知県教育委員会義務教育課 主査)
 藤井 哲哉 (愛知県統計協会 常務理事、愛知県県民文化局統計課長)

 

このページに関する問合せ先

愛知県統計協会・愛知県県民文化局県民生活部統計課
企画・普及グループ
電話:052-954-6101
メール:toukei@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)