次代を支える人材育成推進事業   〜すべての人に科学する心を!〜

トピックス

 

事業のあらまし

イメージ図

愛知県は、製造品等出荷額で昭和52年以来常に全国1位を続けてきた世界的なモノづくりの拠点です。
それは、この地域の優れた「知」が、モノづくりの伝統に裏付けられた「技」により社会に還元されてきたことの証拠であり、この地域の活力の源でもあります。

イメージ図

しかし、近年、急速に進みつつある少子化や、団塊世代の退職は、この伝統に大きな影響を与えることが懸念されています。
さらに、若年層の理科離れや職業意識の低下は、この問題をさらに深刻にする可能性があります。

そのため、愛知県では、人材育成を最優先の課題として位置付け、子どもの頃に誰もがもっていた「なぜ」の気持ちを大切にし、自ら「どうして」を導き出す力を”すべての世代”が持てるよう「次代を支える人材育成」に向けた取組を進めていきます。
これからも、世界で輝き続ける、今を越える愛知をめざして

【現在実施中の主なプログラム】
1 人材育成プログラムの作成
2 若手研究者奨励事業「わかしゃち奨励賞」
3 発明クラブ設置促進事業(あいちの知的財産戦略へのリンク:外部)
4 モノづくり人材育成事業(モノづくり人材育成あいちモデルへのリンク:外部)