愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業「わかしゃち奨励賞」:審査・表彰について

■審査・表彰

 応募いただいた提案は、基礎研究部門及び応用研究部門のそれぞれにおいて、さまざまな分野の専門家からなる審査委員会により、研究の目的と課題の明確さ、アイデアの新規性、研究の計画性、将来への発展性などを基準に書類審査選考し、候補提案によるヒアリング審査等を経て最優秀賞及び優秀賞を決定します。なお、基礎研究部門はアイデアの新規性を重視し、応用研究部門は将来への発展性を重視して審査を行います。

(1) 一次(書類)審査

 審査委員の書類審査により、基礎研究部門は3〜5件程度、応用研究部門は5〜7件程度に絞り込みます。なお、応募多数の場合は、提案要旨により審査を行う場合があります。なお、一次審査通過者には11月中に最終審査のお知らせをします。

(2)最終( ヒアリング)審査

 約8分間のプレゼンテーションと約8分間の質疑応答により基礎研究部門の最優秀賞1件、優秀賞2件、応用研究部門の最優秀賞1件、優秀賞4件を選定します(12月中)。

(3)表彰

 平成30年1月30日に表彰式兼優秀提案発表会を実施します。
【基礎研究部門】
 最優秀提案賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30万円

 優秀提案賞  (2件) 賞状及び研究奨励金 10万円
【応用研究部門】
 最優秀提案賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30万円

 優秀提案賞  (4件) 賞状及び研究奨励金 10万円
 ※表彰の件数は、応募状況によって若干変更する可能性があります。