ページの先頭です

メニューの終端です。

つげ櫛

[平成22年4月]

製品

沿革・特徴
 本つげ櫛の特徴は、髪を傷めず、毛根に心地よい刺激を与え、頭熱を冷やし、抗菌、抗炎症作用がある点です。また、木目が細かく美しく、長く使用すると油が染み込み、つやのあるあめ色になります。名古屋市北区の櫛留商店は、明治36年に三重県でくし作りの修業を積んだ初代が名古屋で開業して以来、国技大相撲、伝統芸能歌舞伎、芝居で用いられる櫛を作り続けてきました。特に大相撲で使用される、つげ櫛を製造しているのはここ1か所のみです。

製造工程
  原木製材を乾燥させ木取り、かんなで削ります。のこで歯作りをして、歯ずり・中ずり・仕上げずりをします。型仕上げの後、みがき、つやを出します。

主な製品
 つげ櫛

製造者

事業所名 代表者 郵便番号 所在地 電話番号 FAX URL
櫛留商店 森 信吾 462-0059 名古屋市北区駒止町1-60 052-991-3759 052-991-3759 http://kusitome.com/

   上記製造者は、掲載の了解を頂いた各事業所について掲載させていただいています。

お問い合わせ

愛知県産業労働部産業振興課
 繊維・窯業・生活産業グループ
〒460-8501
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電 話 052-954-6341 FAX 052-954-6976