ページの先頭です

メニューの終端です。

知多木綿

[平成22年4月]

沿革・特徴
 知多木綿の歴史は江戸初期に始まったと伝えられています。初期には生白(きじろ)木綿として生産され、伊勢から江戸に送られていました。その後、江戸中期の天明年間(18世紀)に旧岡田村(現在の知多市)の中嶋七右衛門らが晒(さらし)技術を導入して以来、『知多晒』としての名声が高まりました。

製造工程
 白木綿糸を草木染で染め(紺色は業者より)、手作業にてタテ糸を機にセットし、手織りで布とします。布もしくは手作りで製品を加工します。

主な製品
 手織り知多木綿(手作り製品)

製造者

事業所名 代表者 郵便番号 所在地 電話番号 FAX URL
手織りの里 木綿蔵・ちた 関 智子 478-0021 知多市岡田字中谷9 0562-56-4722 0562-56-4722 http://momengura.cside.ne.jp/

   上記製造者は、掲載の了解を頂いた各事業所について掲載させていただいています。

お問い合わせ

愛知県産業労働部産業振興課
 繊維・窯業・生活産業グループ
〒460-8501
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電 話 052-954-6341 FAX 052-954-6976