ページの先頭です

メニューの終端です。

鶴城窯

[平成22年4月]

沿革・特徴
  地元の土をおりまぜ、あな窯で焼かれた自然釉の焼き物です。「鶴城」とも呼ばれた西尾城の名 にちなみ、鶴城窯と呼ばれています。時を経て使い込まれながら、次第に深みが増してきます。 他にも生活の場にあって食を演出し暮らしに潤いを与える斬新な器や、つや消しの皿、陶壁など、 多彩な作風があります。

製造工程
 粘土を杯土し、乾燥させます。下絵付けの後、釉薬を施し焼成します。

主な製品
 抹茶茶碗、花器、水差し

製造者

事業所名 代表者 郵便番号 所在地 電話番号 FAX URL
鶴城窯 内藤 義山 445-0877 西尾市山下町東八幡山55-4 0563-57-5914 0563-57-5914

   上記製造者は、掲載の了解を頂いた各事業所について掲載させていただいています。

お問い合わせ

愛知県産業労働部産業振興課
 繊維・窯業・生活産業グループ
〒460-8501
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電 話 052-954-6341 FAX 052-954-6976