ページの先頭です

メニューの終端です。

一閑張

[平成22年4月]

沿革・特徴
 旧小原村(現豊田市)は、古くから三河漆の産地でした。三河漆は日光東照宮にも使われたといわれる良質なものでした。それに着目したのが工芸家藤井達吉で、昭和9年に名古屋の安藤政太郎とともに、小原和紙の紙漉き職人に一閑張りの技術を伝えました。その後、昭和20年3月に藤井達吉が小原に疎開し、本格的な指導が始まりました。弟子の安藤繁和氏から子どもたちに伝わり、さまざまな工夫がなされ、今日に至ります。

製造工程
 小原和紙の手法で紙を漉き、一閑張の準備をする。
 一閑塗り・・・曲げ物や木地に紙を張り漆を塗る。
 紙胎漆器・・・石膏型や木型に和紙を幾重にもはり、型からはずし漆を塗り加飾する。

主な製品
 茶器、重箱、皿、盆

製造者

事業所名 代表者 郵便番号 所在地 電話番号 FAX URL
権現坂工房 安藤 和久 470-0572 豊田市小原大倉町118 0565-65-3309 0565-65-3309
笹平工房 安藤 則義 470-0543 豊田市北篠平町546 0565-65-2450 0565-65-2283

   上記製造者は、掲載の了解を頂いた各事業所について掲載させていただいています。

お問い合わせ

愛知県産業労働部産業振興課
 繊維・窯業・生活産業グループ
〒460-8501
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電 話 052-954-6341 FAX 052-954-6976