児童青年期部門

未成年の方を対象とした、専門外来、専門病棟、専門デイケアを有しています。

医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士、
栄養士、薬剤師がチーム医療を行っています。




児童専門外来

幼児から中学生までの方のための「児童専門外来」があります。
ご本人が受診できる場合のみ対応しています。
(児童精神科医が不足しているため、十代後半の方は一般外来をご利用いただいています。)


対象とする疾患

・統合失調症などの精神病性障害

・うつ病、躁うつ病などの気分障害

・適応障害や不安障害、多動性障害などの発達障害

・不登校や引きこもり虐待などの心理的問題

  (身体管理が難しいため、摂食障害は対応しておりません。)

完全予約制です。 平日10:00〜16:00 代表電話:052-763-1511 にお問い合わせください。
初診日は、毎週火・木曜日です。

児童青年期病棟

未成年の方を対象に、個別性や自主性を尊重し、安心して入院生活が送れるように配慮しています。

集団療法やレクリエーションを通し、同世代の仲間と接することで心身の健康を取り戻し、家庭や学校、地域での生活が送れるように支援します。

小中学校は、大府特別支援学校の訪問教育を利用し、学校教育を受けられます。






1日のスケジュール

6:00 〜  点灯・・・お部屋・ホール全部の
        電気がつきます
7:30 〜  朝ごはん
9:15 〜  朝の会、検温
9:30 〜  病棟活動
11:30〜  昼ごはん
13:15〜  病棟活動
17:40〜  夜ごはん
21:00〜  寝る準備・・・お部屋の電気が消えます
22:00〜  消灯・・・ホール・廊下の電気が消えます。

病棟プログラム

 月  
9:45〜11:00       SST     社会制度
13:15〜15:00 作業療法 作業療法     ねんど

SST・・・・心理士と一緒に、自分の気持ちを伝える方法を学んだりします。
作業療法・・・作業療法士と一緒に、体を動かしたり、創作活動をしたりします。
社会制度・・・精神保健福祉士と一緒に、社会制度を学んで、自分の将来について考えます。
ねんど・・・・心理士と一緒に、ねんどで作りたいものを作ったりプランターで植物を育てたりします。
看護師レク・・月1回、作業療法士・看護師と一緒に、みんなで楽しめるゲームなどをします。

児童青年期デイケア

スタッフが日中活動の場に寄り添う外来リハビリテーションのひとつです。
未成年の方を対象に、ひとりひとりの発達、生活状況に応じてサポートします。
また、子どもの育ちに関する悩みや疑問を、ご家族や地域とともに考え、ひとりひとりにあったよりよい生活を築くためのお手伝いをします。


1日のスケジュール

8:45      デイケア開所
9:30      朝の会
10:00〜11:30 プログラム    ※プログラムは
11:45      昼食         「ゆったり」とすごせる活動
13:15      昼の会        「いきいき」と体を動かす活動
13:30〜15:00 プログラム      「学習」静かに勉強を取り組む活動
15:30      終わりの会             を行っています♪♪
16:00      デイケア閉所

開所日時
平日  8:45〜16:00
お休み 土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29〜1/3)

ご利用までの流れ

@当院への相談・お問い合わせ  地域支援室(ケースワーカー室)
 ・・・電話052-762-1511/来所 相談カウンター

A診察
 主治医との相談(予約制)

Bデイケア見学
 活動の様子、雰囲気を見学(予約制)

C面談
 生い立ち、現在の状況、目標、利用目的などをお聞きします。(原則、見学日)

D受け入れ会議
 デイケア適応かどうかの判断

E診察
 結果のお知らせ・書類記入の説明(予約制)
※デイケアの適応とならず、他のサポートをご提案させていただく場合があります。