看護部

看護部

精神医療センター看護部のページをご覧いただきありがとうございます。
精神医療センターは昭和7年に開院後、県内の精神科医療の中核として歩んでまいりました。
 平成28年2月には念願であった、病院改築の前期工事が完了し、一部移転いたします。移転後は精神科救急と地域支援を主として治療、看護を行っていきます。 改築途上では多くの長期入院患者さんの地域移行に成功しました。その経験で感じたことは患者さんには大きな可能性があること、また、我々のパターナリズムが患者さんの自立の障害になっていたのではないかということでした。現在、今までの看護を見直しながら、新しい看護を創造していこうと努めています。
さらに、移転後は医療観察法病棟、思春期青年期病棟(後期工事終了後開棟)という専門病棟が開設されます。
当院は多くの認定看護師(日本精神科看護協会認定8領域、日本看護協会認定1領域)を擁し、看護職員の教育、指導を行っています。また、認定看護師の他にも熟練した看護師が多く勤務しており、看護職員が一丸となって質の高い看護の提供を実施しています。
「専門性を生かした質の高い看護を提供し、精神的健康について援助を必要としている人の自立を支援します。」という理念を実現するためにこれからも邁進していきます。

看護部長 鳴田慶紀

看護部の理念

「専門性を活かした質の高い看護を提供し、精神的健康について援助を必要としている人の自立を援助します」

基本方針

患者さんの人権とプライバシーを守り、個別性に配慮した看護に努めます。
患者さんの強みに働きかけて、その人らしい生活ができるように支援します。
他の医療チームと協働し、良質な医療の提供と経営の改善に努めます。
医療事故を防止するとともに、安全で快適な環境作りに努めます。
精神科看護を学ぶ者に教育的環境を提供し、その成長を支援します。
専門職業人としての誇りを持ち、自己啓発に努めます。


精神科認定看護師の紹介

精神科認定看護師の紹介

精神科認定看護師の役割は、精神科看護の知識や技術を用いて質の高い精神科看護の「実践」「相談」「指導」「知識の発展」としています。精神医療センターでは、日本精神科看護協会の旧6領域の精神科認定看護師と日本看護協会の1分野の計7名がいます。日本精神科看護協会では、今年度より領域が統合されましたが、今までの専門領域での強みを活かして活動しています。

日本精神科看護協会登録

柳谷このみ(退院調整看護)
永田秀樹(精神科身体合併症看護)
石川敦成(司法精神看護)
水野伸子(精神科薬物療法看護)
安田恵子(精神科訪問看護)
坂田正治(うつ病看護)

日本看護協会登録

花木かおる(摂食・嚥下障害看護)

認定看護師から一言

柳谷このみ

柳谷このみ

近年の精神科医療は入院日数の短縮化が進んでおり、早期治療・颯軌退院を目指しています。当院でも社会復帰に携わる医師をはじめケースワーカー、薬剤師、作業療法士らのスタッフと入院時から退院後の生活を見据えて退院長を行っています。今後も入院は3ケ月以内とし、患者さんが円滑な地域生活をおくれるよう活動していきたいです。

永田秀樹

永田秀樹

2009年に精神科認定看護師を取得してからは、院内・院外研修講師や論文発表、看護学会の座長、雑誌執筆など、患者看護以外でも様々な仕事をさせていただいています。現場では様々な場面を振り返り反省をしながら勉強もさせていただいています。自分自身や病院スタッフの看護の質の向上を目指し日々自己研鑽もしています。
病院スタッフには「永田」と一緒に働いて良かった、患者様には良い入院生活だったと思ってもらえるような仕事内容と、人間性を高めていきたいと考えています。少し人見知りですが気楽に声をかけてください。

石川敦成

石川敦成

ストレスフルな現代社会において、2013年に厚労省より精神疾患が5大疾病のひとつとして加えられ注目されています。愛知県内の精神科病院において、7名の認定看護師が勤務している病院は他になく、人材育成にも力を入れています。旧領域での専門性を活かしながら連携を深めることで、精神科看護の質の向上や社会貢献に向けて活動していきます。

水野伸子

水野伸子

精神科薬物療法看護認定看護師は、精神科薬物療法を支援するために必要な知識と技術を持ち、患者様が安心して安全に薬物療法を継続できるように療養環境づくりすることを役割としています。患者様が納得して薬物療法と付き合え、自分らしい生活が送れるようにお手伝いをしたと思っています。お薬のことで困っていることや気になっていることなど気軽に声をおかけ下さい。

安田恵子

安田恵子

看護師は、一人の患者さまを身体、精神、社会的に捉え、全人的に理解しアセスメントできなければなりません。そこで院外の活動として、身体科に勤務する看護師や介護職を対象に「訪問看護養成講習会」や「精神科訪問看護基本療養費算定要件研修会」にて、精神疾患患者の看護や特性を伝えることで、精神疾患患者の理解を深めています。同時に私自身のスキルアップも図っています。
院内では、認定看護師の施設実習の受け入れ、新規採用者・転入者を対象に、精神科訪問看護の意義や役割から、やりがいや楽しさを伝えています。
また、院内の認定看護師と協力し、服薬アドヒアランス向上のためのシステムづくりや、栄養サポートチーム設置についての提案・企画を計画しています。
他には、日々の看護上の気づきや倫理上の問題点を4コマ漫画で表現し、啓蒙活動をしています。

坂田正治

坂田 正治

認定看護師を取得する過程で、看護の本質は精神科看護にあり!との思いを強くしました。
今後も精神科看護の魅力を伝え、また世界水準での精神科看護を目指して努力をしていきたいです。

花木かおる

花木かおる

患者さんの安全で楽しい「食」を支援します。摂食・嚥下障害患者の看護ケアに関する相談対応や指導、院内・外の研修を実施し、摂食・嚥下障害患者に対するスタッフの知識・技術の向上のために、活動しています。??おいしく食べることは、楽しみや喜び、生きる活力となります。?一人でも多くの摂食・嚥下障害患者さんに『食べる』ことを諦めない看護を提供していきたいと思っています。

先輩看護師から一言

岩佐恭平

岩佐 恭平

一般病棟で4年間の看護師経験を得て、春から精神医療センターに転勤をしてきました。転勤をして間もない頃は、一般科と精神科との違いに戸惑いを感じる事もありましたが、先輩からの丁寧な指導もあり、毎日楽しく働いています。日々の業務の中でも、患者さんと関わる時間も増え、心身ともに看護を実践できる事も精神科看護の魅力だと感じます。教科書に載っていない事も多く、日々の実践でしか学べない事を学ベル事も魅力です。精神科看護を実践したい方、是非一緒に働きましょう。

富士本桃子

富士本 桃子

東上病棟では急性期から慢性期まで様々な患者さんが入院されているので、それぞれの方に合わせた援助ができるよう心掛けています。特に長期入院されている方の退院調整に関心があり、日々勉強しています。

渡邉正樹

渡邉正樹

平成27年8月 第22回精神科看護学会において病棟で実践した研究を発表しました。
研究を通して、患者さんの表情が良くなったことや病棟内外のスタッフの支援を実感しました。自分自身の自信にもなり、今はやりがいを持って看護をしています。