ACT、訪問看護

ACT

ACT

ACT(アクト/Assertive Community Treatment:包括型地域生活支援プログラム)」とは、重い精神障がいをもつ人が、住み慣れた場所でその人が望む生活を実現できるように、さまざまな職種の専門家から構成されるチームが支援を提供するプログラムです。
その支援は、ACTを利用される方の希望に基づいたプランを利用者の方と支援者が一緒に作り、そのプランに沿ったサービスを提供します。
当院では、平成25年度よりACT準備チームとしての活動を開始し、平成27年度より愛称を「ACTあいち」と決め、本格的にチームでの活動を開始しました。

「ACTあいち」では次のことを大切に活動しています

1.リカバリー

障がいや疾患を抱えながらも、自分らしく生活を楽しむことができること

2.ストレングス

本人や周囲の強みや長所を大切にすること

「ACTあいち」で行っている支援内容は次の通りです

1.ACTのサービスはいつでも受けられるの?

平日9:00~17:30の間で訪問を行っています。(必要時は、休日も訪問を行います)
電話相談は、毎日9:00~21;00の間で対応しています。
※将来的には24時間365日体制での支援を目指しています。

2.訪問はどこで行うの?

基本的には利用者の方が生活している「家」に訪問します。
必要に応じて、職場、入院中の病棟などにも訪問します。

3.何をするの?

悩みや困っていることを相談してください。
買い物、料理、掃除、住居探しなど日常生活の支援を行います。
病気や服薬を自己管理する方法を一緒に考えます。

4.だれが来てくれるの?

看護師、精神保健福祉士、作業療法士が訪問します。
医師による訪問診療も行っています。

5.誰でも利用できるの?

統合失調症、躁うつ病、重症うつ病などの方々が対象です。
除外となる疾患、訪問範囲、年齢などからお受けできない方もあります。
※詳しくは、主治医にご相談ください。

訪問看護

1.訪問看護の対象の方

・ご本人やご家族が希望した方
・主治医が必要と判断した方
*いずれも当院に通院している方が対象になります。

2.訪問看護の内容

生活面で支援

生活の中に不安や心配事があると、食べられなくなったり、眠れなくなったりします。このような時に、お話を聞き、解決方法を見つける手助けをさせていただきます。また、掃除や料理が苦手な方、一人暮らしが初めてで不安がある方に対して支援します。

社会活動への支援

デイケアや就労支援事業所などの通所したい場所、日中の居場所などのご希望を聞き、ご本人らしく、社会生活がより豊かになるよう支援します。

・外来の看護師が中心となり、お宅や就労先などに伺い、以下の支援を行っています。
1)看護に関すること
症状の観察、服薬管理、生活面の不安軽減など
2)生活支援や社会復帰などへの支援(就労支援、外出同行など)
3)ご家族、ご友人、地域の方との付き合い方への支援

私たちは、ご本人とご家族のご希望をお聞きしながら、応援者として支援させていただきたいと考えています。
訪問看護にご興味のある方は、主治医や外来看護師、ケースワーカーにご相談下さい。