ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 東三河総局新城設楽振興事務所 > 地域の紹介 > 地域の自然 > 新城設楽の地形・地質

新城設楽の地形・地質

長篠の中央構造線露頭ながしののちゅうおうこうぞうせんろとう

露頭全景
露頭全景
露頭全景
2007年に新城市指定の天然記念物になっている露頭です。断層面の走向はN45°E、傾斜は40°N。下盤側の黒っぽく見える岩石は三波川変成帯の緑色片岩・黒色片岩、上盤側の白っぽく見える岩石は領家変成帯の中の領家花崗岩源の断層岩です。見かけ上三波川帯の結晶片岩の上に領家帯の断層岩がのし上げた状態で接しています。この露頭の上部には豊川の河岸段丘礫層が載っています。
種類変成岩
事象領家帯と三波川帯の間の断層
文化財など新城市指定天然記念物 2007年4月23日指定
所在地新城市長篠
緯度・経度北緯 34°55’27.6" 東経 137°33’10.4"