分類 かんきつ類果実 イヨカン
名称 イヨカン(伊予柑)
別名 あなどみかん、いよみかん
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は宮内イヨカン
流通時期 冬〜春
特徴 常緑低木のかんきつ類果実。原産地は山口県で、日本ではウンシュウミカンに次いで多く生産されているかんきつ類である。
皮は厚いが、剥きやすい。生食されるほか、ゼリー、マーマレードなどに利用される。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 ウンシュウミカン
名称 ウンシュウミカン(温州蜜柑)
別名 ミカン 
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は青島 
その他の品種→
流通時期 夏〜冬
特徴 常緑低木のかんきつ類果実。原産地は鹿児島県長島で、日本を代表するかんきつ類である。
9月下旬に収穫できる極早生から、12月中旬に収穫して貯蔵し、3月頃まで出荷される晩生まで多くの品種がある。ハウスミカンは5~9月に出回る。皮が剥きやすく生食するほか、ジュース、缶詰などに利用されている。
成熟した果皮は陳皮(チンピ)と称し、健胃消化薬、鎮咳去痰薬に処方される。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 オウゴンカン
名称 オウゴンカン(黄金柑)
別名 ゴールデンオレンジ
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は和歌山産
流通時期 春〜初夏
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。爽快な香りと味が特徴である。
生産量は非常に少ない。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 オロブランコ
名称 オロブランコ
別名 スウィーティ
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真はイスラエル産
流通時期 秋〜春
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。アメリカで酸味のないブンタンと4倍体のグレープフルーツを交配して育成された。
酸味がおだやかで苦みもないので、生食されるほか、ジュース、ガムに加工される。
果皮は黄色だが、イスラエルから輸入されるものは緑色で、これが「スウィーティ」の名で出回っている。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 カワチバンカン
名称 カワチバンカン(河内晩柑)
別名 ジューシーオレンジ、宇和ゴールド
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は熊本産
流通時期
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。原産地は熊本県河内吉野村で、国産のグレープフルーツとでもいうべき柑橘類である。
果実は大きく倒卵形をしている。
果皮は厚く剥きにくいので、半分に切って食べると良い。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 キヨミ
名称 キヨミ(清見)
別名 タンゴール農林1号
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は愛媛産
流通時期
特徴 緑小高木のかんきつ類果実。ウンシュウミカン「宮川早生」にトロビタオレンジを交配して育成された。
果皮と果肉にオレンジの香りがあり、果肉はやわらかく果汁が多い。皮は剥きにくい。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 キンカン
名称 キンカン(金柑)
別名  
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真はニンポウキンカン
流通時期
特徴 常緑低木のかんきつ類果実。果皮に甘味と香気があり、皮ごと生食されるほか、砂糖漬け、マーマレード、果実酒などに利用される。
果樹栽培されるのは、ニンポウキンカン、別名ネイハキンカンであり、ほかにナガキンカンは家庭用に栽培される。

索引に戻る


前へ  次へ  索引ページに戻る    食品衛生検査所のトップページに戻る