分類 かんきつ類果実 ネーブルオレンジ
名称 ネーブルオレンジ
別名 ネーブル
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真はカリフォルニア産
その他の品種→
流通時期 冬〜春
特徴 常緑低木のかんきつ類果実。果頂部にネーブル(へそ)がある。早生のスイートオレンジで、多くの品種があり、世界で広く栽培されている。
生食のほか、ジュースなどに利用される。
カリフォルニア産が多く輸入されているが、日本でも外国産に負けない品種のものが生産されるようになった。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 ハッサク
名称 ハッサク(八朔)
別名 はっさくみかん
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は愛媛産
流通時期 冬〜春
特徴 常緑低木のかんきつ類果実。原産地は広島県因島で、果肉はかたく果汁が少ないが、酸味は少ない。
生食のほか、ジュースなどに利用される。
名前の由来は、八朔(旧暦8月1日)に食べることができたこと、または初朔(旧暦1月1日)が転じたものとも言われている。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 ハルミ
名称 ハルミ
別名  
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は和歌山産
流通時期
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。キヨミとポンカンを交配して育成された。
皮は剥きやすい。
果肉はやわらかく果汁が多い。
タネがなく、内袋ごと食べられる。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 バレンシアオレンジ
名称 バレンシアオレンジ
別名  
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真はカリフォルニア産
流通時期 通年
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。スイートオレンジの晩生品種である。オレンジ類では最も生産量が多い。日本では温度不足のためほとんど栽培されず、アメリカのカリフォルニア、フロリダ産が多く輸入されている。
生食のほか、ジュースなどに利用される。
名前はスペインのバレンシアに由来するが、バレンシア原産ではなく来歴は不明である。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 トサブンタン
名称 ブンタン(文旦)
別名 ざぼん、ぼんたん
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は土佐文旦
その他の品種→
流通時期 冬〜早春
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。かんきつ類のなかで最も果実の大きいグループである。
生食するほか、厚い果皮は砂糖煮(ブンタン漬け)などに利用される。
多くの栽培品種があり、果肉は柔らかく、独特の芳香がある。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 ポンカン
名称 ポンカン(椪柑、凸柑)
別名  
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真は愛媛産
流通時期
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。マンダリンの代表品種でインド北部の原産である。
「ポン」はインドの地名Poonaによる。
果皮は剥きやすく、袋が簡単に別れて食べやすい。酸味は少なく、甘味が強く風味がよい。

索引に戻る

分類 かんきつ類果実 メロゴールド
名称 メロゴールド
別名  
科・属 ミカン科ミカン属
品種 写真はカリフォルニア産
流通時期
特徴 常緑小高木のかんきつ類果実。アメリカ・カリフォルニア大学で4倍体グレープフルーツとポメロを交配して作られた。
果皮はグレープフルーツより厚く、緑色から黄色をしている。果肉は柔らかくジューシーで、大変甘く濃厚なおいしさである。

索引に戻る


前へ  次へ  索引ページに戻る    食品衛生検査所のトップページに戻る