分類 熱帯産果実 マンゴスチン
名称 マンゴスチン
別名  
科・属 オトギリソウ科ガルサニア属
品種 不明 タイ産
流通時期 晩春〜初夏
特徴 常緑小高木の熱帯産果実。原産はマレー半島である。適地は狭く、熱帯の湿潤気候の限られた土壌環境で栽培されている。
世界三大美果のひとつで、熱帯果実の女王と呼ばれている。
果実内にある4〜8個の果肉状の白い仮種皮を食べる。多汁で、やや酸味のある上品な甘味を呈する。

索引に戻る

分類 熱帯産果実 ランブタン
名称 ランブタン
別名 ランブータン、トゲレイシ、ショウシ
科・属 ムクロジ科ランブタン属
品種 不明 写真はオーストラリア産 
流通時期 通年
特徴 マレーシア原産の常緑小高木の熱帯産果実。東南アジアでは重要な果実であり、タイ、マレーシア、インドネシアでは大規模に栽培されている。
種子を覆う白色半透明のゼリー状の果肉は多汁で、甘味と酸味が調和しておいしい。
日本にはタイから冷凍品が多く輸入されている。

索引に戻る

分類 熱帯産果実 レイシ
名称 レイシ
別名 ライチー
科・属 ムクロジ科レイシ属
品種 写真は中国産
流通時期 通年
特徴 中国南部からインドシナ半島にかけて原産する常緑小高木の熱帯産果実。
楊貴妃が好んだことで知られ、中国料理のデザートに欠かせない果実である。
白色半透明の果肉は多汁で、甘味と酸味が調和し、特有の芳香がある。
生果は初夏に、冷凍品は年間を通じて輸入されている。

索引に戻る

分類 果実的野菜 アキヒメ
名称 イチゴ(苺)
別名 オランダイチゴ
科・属 バラ科オランダイチゴ属
品種 写真は章姫
その他の品種→
流通時期 通年
特徴 果実的野菜。オランダイチゴは北アメリカ原産のバージニアイチゴと南アメリカ原産のチリイチゴの雑種で、日本に本格的に導入されたのは明治以降である。
以前は晩春に食べる季節的果実であったが、栽培方法の変化、品種改良が進み、ほとんど周年流通している。生食されるほか、ジャム、ジュース、ケーキなど幅広く利用される。

索引に戻る

分類 果実的野菜 キワノ
名称 キワノ
別名 ツノニガウリ
科・属 ウリ科キュウリ属
品種 不明 写真はニュージーランド産
流通時期 夏、冬
特徴 果実的野菜。つる性の一年草の果実で、原産はアフリカ、ニュージーランドで改良が加えられた。
種子を含む緑色のゼリー状の果肉を縦に割り、種子ごとスプーンですくって食べる。甘味、酸味はほとんどないが、多汁である。
名前はニュージーランドの会社の登録商標である。

索引に戻る

分類 果実的野菜 スイカ
名称 スイカ(西瓜)
別名  
科・属 ウリ科スイカ属
品種 写真は縞王(大玉スイカ)
その他の品種→
流通時期 通年
特徴 果実的野菜。スイカは夏を代表する果実で、分類的には野菜である。
果形、大きさ、果皮色、縞の有無、果肉色など多種多様である。
果肉の90%は水分で、果汁には利尿効果がある。色はリコピン、β―カロチンによる。
「西瓜」の字は西域から中国に伝播された瓜(ウリ)であったことによる。

索引に戻る

分類 果実的野菜 パインアップル
名称 パイナップル
別名 アナナス
科・属 パイナップル科アナナス属
品種 写真はスムーズカイエン フィリピン産
流通時期 通年
特徴 果実的野菜。常緑多年草の果実。熱帯・亜熱帯の全域で栽培され、日本では沖縄で栽培している。名前は松笠のようなリンゴに由来する。
果実は多汁で甘味、酸味、芳香があり、生食するほか、缶詰、ジュース、乾果など用途は広い。タンパク質分解酵素ブロメリンを含む。
切り取った後は追熟しないため、成熟してから収穫される。

索引に戻る


前へ  次へ  索引ページに戻る    食品衛生検査所のトップページに戻る