分類 その他 キイチゴ
名称 キイチゴ(木苺)
別名  
科・属 バラ科キイチゴ属
品種 写真はアメリカ産ラズベリー 
流通時期 初夏〜秋
特徴 落葉低木の果実。木になるイチゴの総称。
栽培キイチゴ類は、集合果が花托と一緒にとれるブラックベリーと集合果が花托から離れるラズベリー、デューベリーに大別される。
果汁が多く、ほどよい酸味と甘味があり、独特の風味がある。
生食されるほか、ジュース、ジャム、果実酒などに利用される。

索引に戻る

分類 その他 ギンナン
名称 ギンナン(銀杏)
別名 イチョウ
科・属 イチョウ科イチョウ属
品種 不明 写真は愛知産 
流通時期
特徴 街路樹や公園樹で親しまれる雌雄異株の落葉高木の果実。風媒花である。
種子は果実のようだが、外側の黄色い果肉状のものは外種皮で、悪臭を放つ。外種皮が皮膚に触れるとかぶれることがある
殻(内種皮)の中の黄緑色の胚乳を炒ったり茶碗蒸しの具材などに用いる。

索引に戻る

分類 その他 クリ
名称 クリ(栗)
別名 ニホングリ
科・属 ブナ科クリ属
品種 写真は利平
流通時期
特徴 落葉高木の果実。日本で栽培されているのはシバグリから改良されたニホングリである。
秋の味覚の代表で、ゆで栗、栗ご飯、きんとんなど用途は多彩である。
クリ属には、天津甘栗にするチュウゴクグリ、マロングラッセにするヨーロッパグリがあるが、日本ではほとんど栽培されていない。

索引に戻る

分類 その他 ザクロ
名称 ザクロ(石榴、柘榴)
別名  
科・属 ザクロ科ザクロ属
品種 不明 写真はカリフォルニア産
流通時期
特徴 落葉小高木の果実。日本ではもっぱら花木として扱われ、果実は副産物にすぎない。
種子を覆う多汁質な外種皮が食用とされ、甘味と爽やかな酸味がある。
飲料のグラナディンの原料のほか、生食・果実酒などによい。
女性の体によい果実として人気が高い。

索引に戻る

分類 その他 サトウキビ
名称 サトウキビ(砂糖黍)
別名 カンシャ、カンショ
科・属 イネ科サトウキビ属
品種 不明 写真はフィリピン産
流通時期 晩春〜夏
特徴 トウモロコシに似た多年生植物の茎。高温多湿の熱帯や亜熱帯に育ち、日本では沖縄、鹿児島で栽培されている。
茎に10〜20%のショ糖を含み、茎を絞り糖汁を煮つめて原料糖にした後、精製されて「かんしゃ糖」ができる。

索引に戻る

分類 その他 スグリ
名称 スグリ(酸塊)
別名 グーズベリー
科・属 ユキノシタ科スグリ属
品種 写真はカルフォルニア産アメリカスグリ
流通時期
特徴 落葉低木の果実。果樹としてのスグリはセイヨウスグリとアメリカスグリの栽培品種を総称したものである。
生食するほか、ジャム、ソース、果実酒などに利用される。
暑さと病気に弱く、日本ではあまり普及していない。

索引に戻る

分類 その他 フサスグリ
名称 フサスグリ(房酸塊)
別名 カラント
科・属 ユキノシタ科スグリ属
品種 不明 写真はアカフサスグリ
流通時期 晩春〜初秋
特徴 落葉低木の果実。果実は酸味が強いが、デザートとして生食するほか、ゼリー、パイ、ソース、ジャム、果実酒などとしていろいろと利用される。
アカフサスグリのほか、果実が白色のシロフサスグリや果実が黒色のクロフサスグリがある。

索引に戻る


前へ  次へ  索引ページに戻る    食品衛生検査所のトップページに戻る