ビブリオ情報

腸炎ビブリオをはじめ、ビブリオ・フルビアリス、ビブリオ・ミミクス、ビブリオ・バルニフィカス等のビブリオ属菌は、海水温の上昇とともに海水中で増殖して海産物を汚染し、それらの海産物を摂食することにより食中毒の原因となります。そのため、海産物のビブリオ属菌の汚染状況を調査し把握することは、特に海産物を生食する習慣のある我が国においては、ビブリオ属菌による食中毒発生の可能性をモニタリングする手段として、きわめて有用です。

食品衛生検査所では、名古屋市中央卸売市場北部市場を流通する海産魚について、月ごとにビブリオ属菌の検査を行って、その結果を「ビブリオ情報」として、市場内の水産業者に還元しています。





平成29年度 月別ビブリオ情報
29年4月 29年5月 29年6月 29年7月 29年8月 29年9月
29年10月 29年11月 29年12月 30年1月 30年2月 30年3月







過去の検出状況


































20年度







18年度



17年度



16年度



15年度


食品衛生検査所トップページに戻る