標準和名 サヨリ(細魚、針魚) サヨリ
分類 内海内湾魚介類  ダツ目サヨリ科1
別名 クチナガ、クスビ、スズ、カンヌキ等
学名 Hemiramphus sajori
分布 琉球と小笠原諸島を除く北海道南部以南の内湾域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 全長約40cm。体は細長い円筒形。上あごは短く、下あごが突き出している。下あご先端の下面は赤い。背びれと尻びれが体の後方に対置する。
調理法等 刺身(白身)、椀種、酢の物、てんぷら等

もどる

標準和名 トビウオ(飛魚) トビウオ
分類 遠洋沖合魚介類 ダツ目トビウオ科1
別名 ホントビ、アキツトビウオ、アゴ、コトビ等
学名 Cypselurus agoo agoo
分布 南日本の沿岸海域表層
流通状況 通年・時々 旬:春〜夏
特徴 全長30〜35cm。細長い円筒形の体に大きな胸びれがあり、それを翼のように広げて海面を滑空する。
特記事項:西日本では煮干(アゴ干し)が雑煮のだしに欠かせない食材である。卵(飛っ子)はゴールデンキャビアと呼ばれ、寿司種等に用いられる。
調理法等 刺身(白身)、ムニエル、椀種、練り製品、干物

もどる

標準和名 ダツ(駄津) ダツ
分類 内海内湾魚介類 ダツ目ダツ科(1)
別名 ダス、ナガサヨリ、スズ
学名 Strongylura anastomella
分布 日本各地、朝鮮半島、中国沿岸
流通状況 不定期・稀
特徴 全長1m。体形は細長く、縦に平たく帯状である。上あごと下あごが長く、くちばしに鋭い歯が並ぶ。帯びれと尻びれが体の後方に付いている。
特記事項:姿形から龍を連想させることからその名が付いたと言われる。
調理法等 刺身、塩焼き、煮付け等

もどる

標準和名 アオメエソ(青目狗母魚) アオメエソ
分類 遠洋沖合魚介類 ヒメ目アオメエソ科1
別名 メヒカリ、ヒメヒカリ、オキウルメ
学名 Cblorophtbalmus albatrossis
分布 関東以南の大陸棚
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 全長約20cm。体色はオリーブ色、体側に暗褐色の斑紋。眼は青緑色に輝く。
特記事項:肛門のまわりに発光器があり、中で共生するバクテリアが光を放つ。
調理法等 揚げ物、佃煮、干物、練り製品の原料

もどる

標準和名 ヒメ(姫、比女) ヒメ
分類 遠洋沖合魚介類 ヒメ目ヒメ科(1)
別名  
学名 Aulops japonicus
分布 日本各地、フィリピン、ハワイ
流通状況 不定期・稀
特徴 全長20cm。体色が朱色や赤のまだらで鮮やかである。背びれが大きく、脂びれがある。
調理法等 天ぷら、干し物、ねり製品の材料等

もどる

標準和名 マダラ(真鱈、大口魚、雪魚) マダラ
分類 遠洋沖合魚介類 タラ目タラ科1
別名 タラ、ポンタラ(小型)等
学名 Gadus macrocephalus
分布 山陰以北の日本海、茨城県以北の太平洋沿岸
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 最大で全長1m、ふつう60〜80cm。体側にまだら模様がある。背びれは3つ、尻びれは2つ。上あごが下あごより前に突出し、下あごにひげがある。
特記事項:卵巣は真子あるいは生タラコ、精巣はクモワタ、タツコ等と呼ばれ珍重される。皮から膠を、浮き袋からゼラチン(アイシングラス)を、肝臓から肝油を取る。
調理法等 鍋物、こぶ締め、煮付け、棒だら

もどる

標準和名 スケトウダラ(介党鱈) スケトウダラ
分類 遠洋沖合魚介類 タラ目タラ科2
別名 スケソウダラ、スケソ、メンタイ、ミンタイ等
学名 Tberagra cbalcogramma
分布 茨城県以北の北太平洋、日本海の沿岸から沖合
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 体長は最大で80cm、ふつう30〜50cm。下あごが上あごより突出し、ひげはごく短い。背びれは3枚に、尻びれは2枚に分かれている。
特記事項:卵巣はタラコや辛子明太子に加工される。精巣はマダラ同様にシラコ、キクコと呼ばれ珍重される。
調理法等 煮付け、すり身、練り製品

もどる

標準和名 チゴダラ(稚児鱈) チゴダラ
分類 遠洋沖合魚介類 タラ目チゴダラ科(1)
別名 ドンコ、イタチ、オキナマズ
学名 Physiculus japonicus
分布 北海道以南の日本各地の水深150〜880m
流通状況 旬の時期・稀 旬:冬〜春
特徴 全長40cm。体色は淡褐色で、下あごに1本のひげ、腹びれの間に丸い発光器がある。
特記事項:エゾイソアイナメに似ているが、淡褐色の体色と目がやや大きいことで区別できる。
調理法等 鍋物等

もどる

標準和名 キンメダイ(金目鯛) キンメダイ
分類 内海内湾魚介類 キンメダイ目キンメダイ科1
別名 アカギ、アカギギ、カタジラア、キンメ、マキン
学名 Beryx splemdens
分布 釧路沖以南の太平洋側の大陸棚斜面
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 最大体長60cm。眼と口が大きく、尾びれは深く二叉に割れている。体は鮮やかな紅色。眼は黄金色。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、鍋物、酒蒸し、揚げ物等

もどる

標準和名 ハシキンメ ハシキンメ
分類 内海内湾魚介類 キンメダイ目ヒウチダイ科(1)
別名  
学名 Gephyroberyx japonicus
分布 太平洋の日本近海の深海
流通状況 旬の時期・稀 旬:秋
特徴 全長35cm程度。体色は全体に赤みのある灰褐色で腹部は色が薄い。背びれに切れ込みがある。
調理法等 煮付け、鍋物等

もどる

標準和名 マトウダイ(的鯛、馬頭鯛) マトウダイ
分類 内海内湾魚介類 マトウダイ目マトウダイ科1
別名 マトダイ、マト、クルマダイ、モンダイ等
学名 Zeus faber
分布 青森県以南の日本各地の砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 最大全長50cm。体は平たく、正面から見ると薄い。口は大きく、斜め上を向く。体側中央に白く縁取られた黒斑がある。背びれが長い棘状になっている。
調理法等 刺身(白身)、煮つけ、揚げ物、椀種

もどる

標準和名 カガミダイ(鏡鯛) カガミダイ
分類 内海内湾魚介類 マトウダイ目マトウダイ科(1)
別名 ギンマト
学名 Zenopsis nebulosa
分布 本州以南の水深200〜800mの砂底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋
特徴 全長70cm程度。形態はマトウダイに似ているが、体側の黒紋班がはっきりとしていなくて、鱗がない。
特記事項:体表が銀色で鏡のように光っていることからこの名がついた。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、塩焼き、椀種等

もどる

標準和名 アオヤガラ(青矢柄) アオヤガラ
分類 内海内湾魚介類 トゲウオ目ヤガラ科1
別名 ヤガラ、フエフキ、ヒヒフチャー
学名 Fistularia commersonii
分布 本州中部以南の沿岸浅海域
流通状況 旬の時期・稀 旬:夏
特徴 全長1m程度。長い筒状の口をもち、体は細長い棒状で、後部にほぼ同形の背びれと尻びれが対置する。眼の間が平坦で、体色は淡褐色から淡緑色。
特記事項:興奮すると、体全体に多数の暗色横帯が出現する。肉には独特の臭みがあり、味はアカヤガラより劣る。
調理法等 塩焼き、椀種、干物

もどる

標準和名 アカヤガラ(赤矢柄) アカヤガラ
分類 内海内湾魚介類 トゲウオ目ヤガラ科2
別名 ヤガラ、タイホウ、フエイオ、フエフキ等
学名 Fistularia petimba
分布 本州中部以南の暖海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長2m程度。長い筒状の口をもち、体は細長い棒状で、後部にほぼ同形の背びれと尻びれが対置する。体色は赤色。両目間隔は深くくぼむ。
特記事項:奇異な形ではあるが、味はよく高級魚。かつてアオヤガラ等とともに吻部、頭部を乾燥させて漢方薬とした。
調理法等 刺身(白身)、椀種、蒸し物

もどる

標準和名 キチジ(喜知次、吉次) キチジ
分類 遠洋沖合魚介類 カサゴ目フカカサゴ科1
別名 キンキ、キンキン、アカジ等
学名 Sebastolobus macrochir
分布 駿河湾以北の太平洋側
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長30cm位、頭部に強く鋭い棘があり、背びれの黒斑は明瞭である。
特記事項:一般にキンキとよばれ、小さいものは練り物の原料となる。
調理法等 煮付け、空揚げ、鍋料理、干物等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ