標準和名 メバル(目張) メバル
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科2
別名 クロメバル、アカメバル、メマル等
学名 Sebastes inermis
分布 北海道以南日本各地の沿岸の岩礁域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 全長20cm程度。目と口が大きく、体に斑紋がある。体色は環境により黒色、赤茶色、白色の3型がある。眼の前縁の涙骨に2本の棘がある。
特記事項:浅海にいるものほど黒っぽく、深いところに棲むものほど赤みを帯びる。背びれや鰓蓋に鋭いトゲがあるので、取り扱い時に注意を要する。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮付け、から揚げ等

もどる

標準和名 ウスメバル(薄目張) ウスメバル
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科3
別名 ツズノメバチメ、ヤナギ、トゴットメバル
学名 Sebastes thompsoni
分布 北海道南部から対馬沿岸海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春・秋
特徴 全長35cm程度。体色は赤褐色で、体側上半部に褐色の雲状斑があり、輪郭は不明瞭。メバルよりやや体高が高い。
特記事項:近縁のトゴットメバルに似ているが、トゴットメバルの方が黒色帯が明瞭である。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮付け、から揚げ等

もどる

標準和名 エゾメバル(蝦夷目張) エゾメバル
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科4
別名 ガヤ
学名 Sebastes taczanowskii
分布 岩手以北、北海道周辺、沿海州の浅海域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 特記事項:北海道では、ガヤの名で知られる大衆魚。
苦情事例:筋肉内にリリアトレマの幼虫メタセルカリアの寄生事例あり。
調理法等 煮付け、から揚げ、椀種、あんかけ等

もどる

標準和名 タケノコメバル(筍目張) タケノコメバル
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フカカサゴ科5
別名 ケノコバトト、コガネマバル、ベッコウスイ
学名 Bastesse oblongus
分布 北海道南部から九州の浅海岩礁域
流通状況 旬の時期・稀 旬:春
特徴 全長35cm程度。体全体に不明瞭な斑紋が、腹びれには黒色斑がある。眼の下縁にある涙骨に顕著な棘がなく、眼よりも前方の吻部が鱗で覆われており、側線有孔鱗数が39〜49である。
調理法等 煮付け等

もどる

標準和名 クロソイ(黒曹以、黒曾以) クロソイ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フカカサゴ科6
別名 ゴマソイ、ナガラソイ、クロスイ、ワガ等
学名 Sebastes schlegeli
分布 北海道以南の沿岸の浅海・岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 体長40cm程度。体色は個体変化に富むが、眼から斜め下後方に2本の黒い帯が走る。両眼の間はくぼまず、眼前の涙骨に3本の棘がある。
特記事項:ソイの中では最も美味で、市場価値が高い。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、塩焼き、空揚げ、椀種

もどる

標準和名 シマゾイ(縞曹以) シマゾイ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フカカサゴ科7 
別名 シマソイ、キゾイ、マゾイ、ムラゾイ
学名 Sebastes trivittatus
分布 岩手県以北の沿岸の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 体長30cm程度。両眼の間は大きくくぼみ、体側の上方と下方に2本の暗黒色の縦帯がある。
特記事項:背びれの棘にがあるので、背びれを落として調理する。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、塩焼き、鍋物

もどる

標準和名 バラメヌケ(薔薇目抜) バラメヌケ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科8
別名 バラ、バラサガ、サガ
学名 Sebastes baramenuke
分布 千葉県以北、千島列島南部の太平洋沿岸域
流通状況 不定期・稀 旬:冬
特徴 全長40cm程度の深海魚。眼の後方に瞳大の黒色斑紋があり、頭部背面に3本の暗赤色横帯がある。眼下縁に棘はない。
特記事項:メヌケ(目抜)の名は深海から海上にあげられた時に水圧の関係で眼が飛び出すことにちなむ。赤い体色をバラの花にたとえて名付けられた。赤色はカロチノイド系色素で、色素量が多いため粕漬けなどにしても鮮やかな赤色が残る。
調理法等 焼き物、煮物、味噌漬け

もどる

標準和名 カサゴ(笠子) カサゴ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科9
別名 ガシラ、アラカブ、アカゾイ、アカメバル等
学名 Sebastiscus marmoratus
分布 北海道南部以南の岩礁域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 体長25cm程度。体色は暗褐色から赤褐色。胸びれの基底部に暗色斑がある。背びれに鋭い棘がある。
特記事項:生息水深により体色が異なり、深所のものほど赤みが強いといわれる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、空揚げ、煮付け等

もどる

標準和名 ユメカサゴ(夢笠子) ユメカサゴ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科10
別名 ノドグロ、アカバ、ガガニ、ガシラ等
学名 Helicolenus bilgendorfi
分布 岩手県以南の大陸棚縁辺の砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春
特徴 全長35cm程度。赤橙色の体に4〜6条の不明瞭な暗色横縞がある。前鰓蓋骨に5本の棘がある。口の奧が黒い。
特記事項:生息水深が深所のものほど赤味が強いといわれている。
調理法等 刺身(白身)、煮つけ、揚げ物、椀種等

もどる

標準和名 ウッカリカサゴ(うっかり笠子) ウッカリカサゴ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科11
別名 カンコ
学名 Sebastiscus tertius
分布 宮城県以南の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 体長35cm程度。体色は赤っぽく、背びれに鋭い棘がある。胸びれの基底部に不鮮明な斑紋がある。
特記事項:うっかりするとカサゴと間違えるほどよく似ていることが名前の由来。生時、カサゴは茶色っぽいが、ウッカリカサゴは赤っぽい。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、空揚げ、煮付け等

もどる

標準和名 イズカサゴ(伊豆笠子) イズカサゴ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科(1)
別名 オニカサゴ、オコゼ、アカオコゼ等
学名 Scorpaenia izensis
分布 本州以南から東シナ海の水深100〜150mの泥底域
流通状況 旬の時期・稀 旬:秋
特徴 全長30cm程度。薄茶色の体色で、頭部にたくさんのトゲがあり、第一背ビレの後方に黒斑がある。
特記事項:一見、フサカサゴに酷似しているが、頭部が無鱗であることで区別できる。
調理法等 焼き物、煮物、鍋物等

もどる

標準和名 ミノカサゴ(蓑笠子) ミノカサゴ
分類 内海内湾魚介類 カサゴ目フサカサゴ科(2)
別名 アオゼ、チイキ等
学名 Pterois lunulata
分布 日本中部以南から太平洋
流通状況 不定期・稀
特徴 全長30cm程度。体色は淡紅色で黒っぽい横縞がある。背びれと胸びれが翼のように大きい。
特記事項:背びれに猛毒があり、刺されると大変痛い。蓑を着ているように見えることからその名が付いた。
調理法等 煮付け、空揚げ等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ