標準和名 クロムツ クロムツ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ムツ科1
別名
学名 Scombrops gilberti
分布 北海道南部以南の太平洋沿岸海域
流通状況 通年・時々 旬:冬
特徴 全長30〜80cm。体色は紫がかった茶褐色で、大きな口と目及び一列に並ぶ大型の鋭い歯を持つ。
特記事項:産卵期前の卵巣は「ムツコ」と称され、煮付けや椀種として珍重される。調理の際は鋭く強大な歯に注意する。
日本にいるムツ科の2種(ムツ、クロムツ)は特に区別されず、一般にクロムツと呼ばれている。
調理法等 刺身(淡紅色)、煮付け、塩焼き等

もどる

標準和名 ムツ ムツ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ムツ科(1)
別名 オキムツ、オンシラズ、ギンダラ等
学名 Scombrops boops
分布 北海道から鳥島までの日本近海
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 全長1.2m程度。クロムツに似ているが、体色が黒くなく紫がかった茶褐色で、腹側が銀色であることで区別できる。
特記事項:写真は幼魚(コムツ)。
調理法等 煮付け、刺身(白身)、塩焼き、鍋物等

もどる

標準和名 ブリ(鰤) ブリ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科1
別名 サンカ、オオイナ等
学名 Seriola quinqueradiata
分布 初夏に列島沿いを北上、秋から冬に南下、養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長1m程度。体は紡錘形であまり側扁していない。上あごの後縁がやや角張っている。胸びれと腹びれの長さがほぼ同じ。上顎骨の上後角は鋭く角ばる。
特記事項:出世魚で、関東ではワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ、関西では、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリと成長につれて呼び名が変わる。
苦情事例:筋肉内にブリ糸条虫、ヒダヒルの寄生事例あり。
調理法等 刺身、煮物、焼き物等

もどる

標準和名 ヒラマサ(平政、平鰤) ヒラマサ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科2
別名 ヒラス、ヒラサ
学名 Seriola lalandi
分布 北海道南部以南の太平洋側沿岸
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 全長1.2m程度。ブリ類では体が最も側扁し、体側の黄色線条がブリより鮮明。胸びれが腹びれより小さい。カンパチと同様に上あごの後縁が丸い。上顎骨の上後角は丸い。カンパチも同様である。特記事項:大型魚について、シガテラ毒が発生した例がある。
調理法等 刺身、焼き物等

もどる

標準和名 カンパチ(間八、勘八) カンパチ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科3
別名 アカイオ、アカバナ、シオゴ等
学名 Seriola dumerili
分布 本州以南の海域を回遊、養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 全長1m程度。体高があり、眼が上方にある。尾びれの下葉先端が白い。体側中央に黄色縦帯があり、頭には眼を通って後頭部に至る暗黄色帯が斜めに走る。上顎骨の上後角は丸い。ヒラマサも同様である。
特記事項: ブリの仲間ではもっとも漁獲量が少なく高価で、高級魚とされる。
調理法等 刺身(赤身)、焼き物、煮物等

もどる

標準和名 マアジ(真鯵)  マアジ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科4
別名 キアジ、クロアジ、ホンアジ、ヒラアジ
学名 Treacherous japonicus
分布 日本各地、群れを作り沿岸を回遊
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春
特徴 全長20〜40cm。尾びれ後方に離びれはない。背側は青色又は赤や黄色がかった色をしており、腹側は銀白色である。体側にトゲ状の鱗「ゼイゴ」が頭の後ろから尾のつけ根まで続く。小型のものは豆アジ、小アジとして入荷する。
特記事項:沿岸定着性の体色が黄色のキアジと沖合回遊性の体色が黒色のクロアジの2型がいる。
調理法等 たたき(白身)、塩焼き、煮つけ、干物等

もどる

標準和名 マルアジ(丸鯵) マルアジ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科 
別名 アオアジ、マル等
学名 Decapterus maruadsi
分布 本州中部以南、群れを作り回遊
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 全長30〜40cm。体は丸みを帯び、尾びれ前方に一対の離びれがある。背側は青色、腹側は銀白色、尾ビレは淡黄色である。体側にトゲ状の鱗「ゼイゴ」が頭の後ろから尾のつけ根まで続く。
調理法等 たたき(白身)、塩焼き、干物等

もどる

標準和名 アカアジ(赤鯵 アカアジ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科6
別名 ヒメアジ
学名 Decapterus akaadsi
分布 本州中部以南の沿岸、群れを作り回遊
流通状況 通年・時々 旬:秋
特徴 全長30cm程度で体高がある。尾びれ、胸びれ、背びれが赤みを帯びる。尾びれ前方に一対の離びれがある。体側中央にトゲ状の鱗「ゼイゴ」が走る。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、干物等

もどる

標準和名 オアカムロ(尾赤室) オアカムロ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科7
別名 アカムロ、オアカアジ、オアカ
学名 Decapterus tabl
分布 伊豆諸島、暖流域に群れを作り回遊
流通状況 通年・時々 旬:夏
特徴 全長40〜50cm。背側は青色、腹側は銀白色、尾ビレは赤色である。体側にトゲ状の鱗「ゼイゴ」がある。
特記事項:脂が少なく鮮度が落ちやすいので、多くは干物にされる。
調理法等 たたき(白身)、塩焼き、干物等

もどる

標準和名 シマアジ(縞鯵) シマアジ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科8
別名 オオカミ(東京)、コセアジ(高知)等
学名 Pseudocaranx dentex
分布 岩手県以南の沿岸岩礁域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 全長60cm程度で体高がある。体色は青みを帯びた銀白色。体側に黄色の縦帯があり、成長につれて薄れる。体側中央にトゲ状の鱗「ゼイゴ」が走る。
特記事項:アジ類の中で最上の食用魚である。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き等

もどる

標準和名 カイワリ(貝割) カイワリ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アジ科9
別名 メッキ、ヒラアジ、ベンケイ等
学名 Kaiwarinus equula
分布 本州中・南部以南の砂泥海底域
流通状況 通年・時々 旬:秋
特徴 全長15〜20cmで体高があり、体は平たい。体色は黄色がかった銀白色である。体側にトゲ状の鱗「ゼイゴ」がある。
特記事項:身がよく締まり、シマアジと同様に高級魚である。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮つけ等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ