標準和名 メジナ(眼仁奈、目仁奈) メジナ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目メジナ科1
別名 グレ、クロチン、クシロ、クロイオ、クロダイ等
学名 Girella punctata
分布 北海道南部以南の岩礁域
流通状況 通年・時々 旬:冬
特徴 全長45cm程度。タイに似た魚であるが、頭も口も小さい。全身淡い青黒色で腹側は単色。体側の各鱗の基部にはそれぞれ1暗色点を持ち、それが連なり縦縞に見える。眼の色は澄んだ青色。
特記事項:旬の冬季を除くと肉に磯臭さがあるが、冬季は美味。西日本では「ぐれ」の名で親しまれる。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、ムニエル、空揚げ

もどる

標準和名 イサキ(伊佐木、伊佐幾、鶏魚) イサキ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イサキ科1
別名 イサギ、イッサキ、オクセイゴ、ウズムシ、マツ
学名 Parapristipoma trilineatum
分布 東北以南の日本各地の沿岸域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 体長約40cm。体色は青味がかった灰色で、褐色の斑点が散在する。口の中は朱紅色で、尾びれは大きく正形。
特記事項:幼魚期に体側に3本の幅広い暗褐色の縦帯があるが成長とともに消失する。幼魚をウリンボウ、ウリボウと呼ぶ。
苦情事例:筋肉中に粘液胞子虫の寄生事例あり。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮付け

もどる

標準和名 コロダイ(胡盧鯛) コロダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イサキ科2 
別名 エゴダイ、カワコダイ、コタ、シブタ
学名 Diagramma pictum
分布 南日本以南の暖海域、浅海岩礁周りの砂礫底
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約60cm、コショウダイに似るが、体は青灰色で、体側に多数の鮮黄色〜黄褐色の小斑がある。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物

もどる

標準和名 コショウダイ(胡椒鯛) コショウダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イサキ科3
別名 オゴンダイ、カイグレ、コチダイ等
学名 Plectorhinchus cinctus
分布 中部日本以南の沿岸岩礁域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約50cm。背びれと尾びれに細かな黒い斑紋がある。背から腹にかけての斜線がある。成長に伴い、体色や体の模様にいちじるしい変化がある。
調理法等 刺身(白身)、焼き物、揚げ物

もどる

標準和名 ヒゲダイ(髭鯛) ヒゲダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イサキ科(1)
別名 コウコダイ、トモシゲ
学名 Hapalogenys nigripinnis
分布 南日本から朝鮮半島の大陸棚
流通状況 旬の時期・稀 旬:夏
特徴 全長40cm。下あごの腹面にヒゲがあるのが特徴である。体側に2本の黒色帯があるが、模様の個体差が大きい。
特記事項:漁獲量が少なく、市場に流通することはまれである。
調理法等 刺身、煮付け等

もどる

標準和名 シマイサキ(縞伊佐木、縞鶏魚) シマイサキ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目シマイサキ科1
別名 シマイサギ、シマイオ、シマダイ、スミナガシ
学名 Rhyncopelates oxyrhynchus
分布 本州中部以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 体長約30cm。体側に4本の黒色縦帯が平行に走る。尾びれに明瞭な黒色帯がない。吻は長く、先端は尖る。背びれ棘条部の縁辺が茶褐色。
特記事項:浮き袋を使い、グーグーと鳴くため、ウタウタイ、フエフキ等の地方名もある。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、塩焼き

もどる

標準和名 イトヨリダイ(糸撚鯛、糸縒鯛) イトヨリダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イトヨリダイ科1
別名 イトヒキ、イトヨリ、アカナ
学名 Nemipterus virgatus
分布 琉球列島を除く南日本沿岸の砂泥底
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:秋・冬
特徴 全長50cmに達する。体高が低く、細長い体形。側線始部に小さな赤色斑が3個並び、体側に6本の黄色縦帯が走る。尾びれ上葉後端は糸状に延び、鮮やかな黄色である。
特記事項:体側の黄色筋模様が美しく、水揚げされた後も色褪せないので、祝い事や祭事に使われることが多い。
調理法等 椀種、蒸し物、煮付け等、白身

もどる

標準和名 ソコイトヨリダイ(底糸撚鯛) ソコイトヨリダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イトヨリダイ科2
別名
学名 Nemipterus bathybius
分布 房総半島以南の深場の泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋・冬
特徴 全長約20cm。体高が低く、細長い体形。喉から尾びれまで黄色の縦帯が走り、尾びれの上葉が黄色く長く延びる。
調理法等 椀種、蒸し物、煮付け等、白身

もどる

標準和名 マダイ(真鯛) マダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タイ科1
別名 タイ、ホンダイ、サクラダイ、オオダイ
学名 Pagrus major
分布 北海道以南の岩礁、砂礫底域  養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬の時期:春
特徴 全長1mに達する。赤い体色に鮮やかな青い斑点が点在する。尾びれの後縁は黒く、腹部は白っぽい。
特記事項:日本料理最高の素材で、祝い事には欠かせない。
苦情事例:口腔内にタイノエの寄生事例あり。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、椀種、煮物、粕漬け等

もどる

標準和名 キダイ(黄鯛) キダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タイ科2
別名 レンコダイ、メッキ等
学名 Dentex tumifrons
分布 琉球列島を除く本州中部以南の砂泥底域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 全長約40cm。ひれを含めて全体が黄色みがかった赤色。体背部に黄色い不明瞭な斑紋が3つ出現する。
特記事項:マダイの代用。高級なかまぼこなどの練り製品の原料になる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮付け、椀種、酢の物等

もどる

標準和名 チダイ(血鯛) チダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タイ科3
別名 エビスダイ、ハナダイ、ホンチコ、チコダイ等
学名 Evynnis japonica
分布 琉球列島を除く北海道以南の沿岸岩礁、砂礫底
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏〜秋
特徴 全長約40cm。マダイに似るが、鰓蓋の後の縁が幅広く赤く、尾びれの後縁が黒くない。
特記事項:幼魚はカスゴと呼ばれ、寿司種や酢の物などにされる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、椀種等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ