標準和名 クロダイ(黒鯛) クロダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タイ科5
別名 カイズ、クロチヌ、チヌ等
学名 Acanthopagrus schlegeli
分布 琉球列島を除く北海道以南の内湾岩礁域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:夏〜秋
特徴 全長30〜50cm。体色は背部が青灰銀色の光沢があり、腹側が銀灰白色で全体に暗灰色。
特記事項:幼魚をチンチン、2〜3年ものをチン、カイズ、それ以後をクロダイと呼ぶ。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物

もどる

標準和名 ツバメウオ(燕魚) ツバメウオ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目スダレダイ科1
別名 アブラウオ、アンラーカーサー
学名 Platax teira
分布 日本近海の暖海域の浅海底域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長40cm程度。背びれと尻びれが非常に長く、成魚は腹びれが黄色く、その基部後方に黒点斑がある。
特記事項:ツバメのような特徴的な形態から水族館等で人気が高い。
調理法等 中華料理(東南アジア)

もどる

標準和名 カゴカキダイ(籠担鯛、籠舁鯛) カゴカキダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目カゴカキダイ科1
別名 アオヒシャ、イマイオ、オトノサマ等
学名 Microcanthus strigatus
分布 茨城県以南沿岸の岩礁域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約20cm、淡黄色の体に5〜6本の黒い縦帯がほぼ等間隔に並ぶ。
調理法等 塩焼き、煮付け等

もどる

標準和名 イシダイ(石鯛) イシダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イシダイ科1
別名 シマダイ、サンバソウ等
学名 Oplegnathus fasciatus
分布 本州以南の沿岸岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春〜夏
特徴 全長約80cm。両あごの歯が癒合してオウムのくちばし状になっている。若魚では7条の黒色横帯が鮮やかだが(写真参照)、老成した雄では横帯は消失し、吻部は黒くなる。
特記事項:老成魚は吻部が黒くなることから、クチグロと呼ばれる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き

もどる

標準和名 イシガキダイ(石垣鯛) イシガキダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目イシダイ科2
別名 キッコウシャ、キンチロ、ササラダイ等
学名 Oplegnathus punctatus
分布 本州中部以南の浅海岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 最大全長90cm。両あごの歯が癒合してオウムのくちばし状になっている。体側に石垣模様がある。老成すると細かく薄くなり、雄では消失する。老成魚では、吻部は白くなる。
特記事項:老成魚は吻が白くなるのでクチジロと呼ばれる。
調理法等 刺身(白身)、焼き物

もどる

標準和名 タカノハダイ(鷹之羽鯛) タカノハダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タカノハダイ科1
別名 タカッパ、タカバ、キッコ等
学名 Goniistius zonatus
分布 本州中部以南の浅海岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏 
特徴 体長約45cm。体側に7〜8条の暗い褐色帯が斜走する。尾びれは褐色で円形の白色斑が散在する。分厚い口元が突き出ている。
調理法等 味噌漬け、粕漬け、揚げ物、酒蒸し

もどる

標準和名 ヒレジロマンザイウオ(鰭白万歳魚) ヒレジロマンザイウオ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目シマガツオ科1
別名 エチオピア
学名 Taractichthys steindachneri
分布 インド洋、太平洋の熱帯から亜熱帯域の外洋
流通状況 通年・稀 旬:夏
特徴 全長60cm程度。体は卵形で側扁している。体色は銀白色だが死亡すると黒褐色。背びれ尻びれの前部は高くかま状に突出。
特記事項:稀にマグロ延縄等で漁獲される。
調理法等 刺身(白身)、煮付け

もどる

標準和名 イッテンアカタチ(一点赤太刀) イッテンアカタチ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目アカタチ科1
別名 ベニウナギ、アカサアベラ、アカタチ
学名 Acanthocepola limbata
分布 本州中部以南の砂泥底域
流通状況 不定期・稀 
特徴 全長約60cm。体が細長く帯状、一様な橙色がかった赤色。背びれの前のほうに明瞭な黒班を持つ 。
調理法等 刺身、塩焼き、煮付け、練り製品の原料

もどる

標準和名 イラ(伊良) イラ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科1
別名 ハト、アマ、イダ、バンド
学名 Choerodon azurio
分布 南日本沿岸のやや深い岩礁域
流通状況 不定期・稀 
特徴 全長約50cm。体色は全身桃色がかっており、背中から胸びれの付け根にかけて斜めに入る襷状の黒色帯を持つ。
調理法等 味噌煮、ちり鍋

もどる

標準和名 コブダイ(瘤鯛) コブダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科2
別名 デコスベ、カンダイ、コブ
学名 Semicossyphus reticulatus
分布 日本海、瀬戸内海の沿岸岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長1mに達する。成魚は赤黒い体色だが、幼魚のころは体の中央に一本の細い白色縦線があり、胸びれ以外のひれに大きな黒色斑がある。雄の老成魚は額がこぶ上にいちじるしく盛り上がる。
調理法等 塩焼き、揚げ物、煮付け、味噌漬け(白身)

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ