標準和名 キュウセン(求仙) キュウセン
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科3
別名 ベラ、ギザミ、スナベラ等
学名 Halichoeres poecilopterus
分布 沖縄地方を除く函館以南の沿岸地域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長約30cm。幼魚や雌は赤黄帯色の体に2本の黒色縦帯を持つ。雄はその帯がくずれ緑色が強い。他のベラ類と同様に性転換を行う。
特記事項:体色から雌をアカベラ、雄をアオベラと呼ぶ。写真は雄。雌の体側に真ん中の黒帯を含めて9本の線があるのでキュウセンの名がある。
調理法等 煮付け、焼き物、揚げ物、南蛮漬け等

もどる

標準和名 テンス(天須) テンス
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科4
別名 テンスダイ、アマダイ、エベッサン、ノボス等
学名 Xyricbtys dea
分布 相模湾以南の太平洋岸の砂泥底域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約25cm。体色は淡紅色で、体幅は薄く、特に頭部は押しつぶしたように薄く平たい。口の後端から頬にかけて溝状部がある。
調理法等 塩焼き、味噌煮

もどる

標準和名 アカササノハベラ(赤笹葉倍良) アカササノハベラ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科(1)
別名 ギザミ、イソベラ、エビスベラ等
学名 Pseudolabrus eoethinus
分布 沖縄から小笠原諸島
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長30cm程度。体色がホシササノハベラよりも赤く、体側に白色斑がないことで近縁のホシササノハベラと区別できる。
特記事項:ホシササノハベラと混称され、ともにササノハベラと呼ばれることが多い。
調理法等 煮付け、塩焼き、揚げ物等

もどる

標準和名 ホシササノハベラ(星笹葉倍良) ホシササノハベラ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ベラ科(2)
別名 ギザミ、イソベラ、エビスベラ等
学名 Pseudolabrus sieboldi
分布 日本海のみ
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長30cm程度。体側の背部に白色斑があることで近縁のアカササノハベラと区別できる。
特記事項:アカササノハベラと混称され、ともにササノハベラと呼ばれることが多い。
調理法等 煮付け、塩焼き、揚げ物等

もどる

標準和名 メカジキ(女梶木) メカジキ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目メカジキ科1
別名 メカ、ラクダ、ギンザス、ツン、ゴト
学名 Iipbias gladius
分布 北海道南部以南の暖海外洋域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長4.5m、体重500kgになる。体は灰褐色で、眼が大きい。上あごが非常に長く偏平である。腹びれ、鱗はない。尾柄部に隆起線が1条ある。
調理法等 刺身(淡いピンク色)、焼き物

もどる

標準和名 マカジキ(真梶木) マカジキ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目マカジキ科1
別名 マカ、ナイラギ、ノウラギ、オカジギ
学名 Tetrapturus audax
分布 本州中部以南の温暖部外洋域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長3.5m、体重200kgになる。背側は濃い青色、腹側は銀白色で、体側には十数本のコバルト色の横縞がある。胸びれは固定されず、動かすことができる。
特記事項:高級品扱いで刺身はマグロに匹敵する。
調理法等 刺身(橙赤色)、焼き物、煮付け

もどる

標準和名 クロカジキ(黒梶木) クロカジキ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目マカジキ科2
別名 クロカワ、カツオクイ、マザアラ、アブラカジキ
学名 Makaira mazara
分布 本州中部以南の沖合から外洋域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長4.5m、体重500kgに達する。背側は濃い青色、腹側は銀白色、側線は網目状。胸びれは固定されず動かすことができる。体はやや側扁し、第1背びれは体高よりも低い。
調理法等 刺身(淡いピンク色)、寿司種、焼き物、煮付け

もどる

標準和名 シロカジキ(白梶木 シロカジキ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目マカジキ科1
別名 シロカワ、ツン、ゲンバ、カツオクイ等
学名 Makaira indica
分布 本州中部以南の沖合から外洋域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長4.5m、体重700kgに達する。体の背側は暗い青色で、腹側は銀白色。胸びれは固定されていて動かない。
苦情事例:体側にペンネラの寄生事例あり。
調理法等 刺身、寿司種、焼き物、揚げ物

もどる

標準和名 マサバ(真鯖) マサバ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目サバ科1
別名 サバ、ホンサバ、ヒラサバ、ホシサバ等
学名 Scomber japonicus
分布 世界の温帯から熱帯の沿岸域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬の時期:秋〜冬
特徴 全長約50cm。体側背部に濃い青緑色の斑紋「サバ紋」がある。腹部は銀白色で斑紋はない。
特記事項:短時間で鮮度低下が起こる。これによりヒスタミンの産生が加速されるので注意を要する。
苦情事例:筋肉内にアニサキスの寄生事例あり。
調理法等 刺身(赤身)、煮物、焼物、竜田揚げ等

もどる

標準和名 ゴマサバ(胡麻鯖) ゴマサバ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目サバ科2
別名 マルサバ、サバ、ドンサバ
学名 Scomber australasicus
分布 若狭湾以南、房総半島以南の沿岸域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春〜夏
特徴 全長約50cm。体側背部に複雑な虫食い模様がある。体側の下半分に多くの黒点が出現することでマサバと区別できる。
特記事項:短時間で鮮度低下が起こる。
調理法等 刺身(赤身)、煮付け、干物、サバ節

もどる

標準和名 サワラ(鰆) サワラ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目サバ科3
別名 オキサワラ、サーラ、サゴシ、サゴチ、ヤナギ
学名 Scomberomorus niphonius
分布 北海道南部以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬〜春
特徴 全長約1m。体側には7〜8列の暗色斑点が並び、側線は緩やかに下方へ湾曲する。
特記事項:関東では50cm以下のものをサゴチ、関西ではサゴシ、50〜70cmのものをヤナギと呼ぶ。
調理法等 刺身(白身)、焼き物、てんぷら等

もどる

標準和名 カツオ(鰹) カツオ
分類 遠洋沖合魚介類 スズキ目サバ科4
別名 ホンガツオ、マガツオ、カツ、スジ、スジガツオ
学名 Katsuwonus pelamis
分布 春季黒潮に乗り北上、秋季南下
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春・秋
特徴 最大全長1.2m、体重35kgほど。胸びれ下方に小黒斑はない。鱗は胸びれ周辺や腹びれ周辺の胸甲部に限られる。死後、腹部の縦縞は鮮明となる。
特記事項:平均時速25kmで、一生、昼夜を問わず泳ぎ続ける。
苦情事例:ニベリニアテンタクラリアの寄生事例あり。
調理法等 刺身(赤身)、たたき、寿司種、焼き物等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ