標準和名 アイゴ(藍子、阿乙呉、刺子) アイゴ
分類 内海内湾魚介類スズキ目アイゴ科1
別名 アイ(和歌山)、アエ、バリ、スク(沖縄)等
学名 Siganus fuscescens
分布 琉球諸島を除く下北半島以南の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々旬:夏
特徴 全長30cm程度。尾柄が細く、褐色の体に白い斑点がある。環境や興奮により、急速に体色、斑点の色を変化させることができる。
特記事項:背びれ、腹びれ、尻びれの棘の基部に毒腺があり、刺されると猛烈な痛みが長く続く。
調理法等 刺身(白身)、煮物等、スクガラス(沖縄)

もどる

標準和名 イボダイ(疣鯛) イボダイ
分類 内海内湾魚介類スズキ目イボダイ科1
別名 ウボセ、ウボゼ、エボダイ、シズ等
学名 Psenes anomala
分布 松島湾,男鹿半島以南の大陸棚の底層域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:秋〜冬
特徴 全長約30cm。卵円形の体形で全身が銀白色。鰓孔の上方に暗色の不明瞭な斑紋がある。
特記事項:体表から粘液を出し、粘液が多く残っているものほど新鮮。鱗ははがれやすい。
調理法等 塩焼き、揚げ物、干物、味噌漬け等、白身

もどる

標準和名 メダイ(目鯛) メダイ
分類 内海内湾魚介類スズキ目イボダイ科2
別名 ダルマ、バカ、メナ
学名 Hyperroglyphe japonica
分布 北海道以南の沿岸底層域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:秋〜冬
特徴 全長90cmに達する。体色は赤褐色から黒っぽい赤褐色。眼が大きく、鼻先は短く、丸みを帯びている。背びれは一つで、背中には短いが顕著な棘がある。
調理法等 刺身(白身)、焼き物、煮付け、粕漬等

もどる

標準和名 マナガツオ(真魚鰹、真名鰹、) マナガツオ
分類 内海内湾魚介類スズキ目マナガツオ科1
別名 カツオ、ギンダイ、チョウチョウ、マナ等
学名 Pampus argenteus
分布 南日本以南の海域
流通状況 旬の時期・時々旬:夏
特徴 全長60cmに達する。体形は平べったく背びれ、尻びれが高く菱形状をしている。背面の灰青白色が体側から腹にかけて淡白銀色となる。成魚は腹びれが消失する。鱗が落ちやすい。
特記事項:関西で特に珍重され、西京焼きは京料理の代表的な焼き物。日本ではコウライマナガツオと混獲され、市場ではあまり区別されていない。
調理法等 刺身(白身)、西京焼き、照り焼き、蒸し物等

もどる

標準和名 マハゼ(真鯊、真沙魚) マハゼ
分類 内海内湾魚介類スズキ目ハゼ科1
別名 ハゼ、デキハゼ、ハゼクチ、カジカ、カワギス
学名 Acantbbogobius flavimanus
分布 北海道南部から種子島の内湾から河川下流部
流通状況 旬の時期・時々旬:秋〜冬
特徴 体長10〜20cm。体色は淡灰褐色で、腹から後ろの体側下半分が銀白色に反射する。頭や体に暗色斑があり、楕円形の尾びれに点列模様がある。
特記事項:砂泥に棲む魚なので、よく泥を吐かせて調理する。
調理法等 刺身(白身)、揚げ物、煮つけ、佃煮

もどる

標準和名 シロウオ(白魚、素魚) シロウオ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ハゼ科(1)
別名 シラウオ、イサザ、ヒウオ
学名 Leucopsarion petersii
分布 北海道から九州
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 全長4cm。体が半透明で中央部に浮き袋が透けて見える。第一背びれがなく、鱗もない。
特記事項:ハゼの仲間。細長い体形がシラウオと似ているが別種である。春に産卵のため遡上する親魚を網で漁獲する。
調理法等 踊り食い、卵とじ、天ぷら、吸い物等

もどる

標準和名 ノロゲンゲ(野呂玄華) ノロゲンゲ
分類 内海内湾魚介類スズキ目ゲンゲ科1
別名 ドギ、グラ、ブル、ゲンゲ等
学名 Allolepis hollandi
分布 日本海、オホーツク海
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約30cm。体は淡褐色で柔らかく、全身ゼラチン質の粘膜で覆われている。腹びれはない。
特記事項: ゲンゲの仲間としてはよく食べられている。「下魚(げぎょ)」が訛ってゲンゲになったと言われている。
調理法等 椀種

もどる

標準和名 タナカゲンゲ(田中玄華) タナカゲンゲ
分類 内海内湾魚介類スズキ目ゲンゲ科2
別名 キツネダラ等
学名 Lycodes tanakai
分布 日本海、オホーツク海
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約1mに達する。やや太く短い体形をしたゲンゲ類の1種。頭部腹面や腹部は白っぽく、その他は灰褐色。全身に多数の不規則な白色の環状模様を持つ。
調理法等 鍋物、煮物、味噌付け、干物等

もどる

標準和名 カムチャッカゲンゲ カムチャッカゲンゲ
分類 内海内湾魚介類スズキ目ゲンゲ科3
別名 ワラズカ、キツネダラ等
学名 Bothrocarina microcephala
分布 日本海、オホーツク海
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約60cm。腹びれはない。体長は細長くやや側偏する。頭と眼は小さく吻端はとがる。側線は1本で体側のほぼ中央を走る。体は銀白色で、背びれ、しりびれ、胸びれのあたりは黒い。
特記事項:食材としては産地で利用されている程度である。
調理法等 鍋物

もどる

標準和名 ギンポ(銀宝) ギンポ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ニシキギンポ科1
別名 ウミドジョウ、カタウナギ、カミソリ等
学名 Pholis nebulosa
分布 北海道南部から九州沿岸の砂泥海底域
流通状況 不定期・稀旬:春
特徴 全長15〜30cm。体は側偏して長い。体色は茶褐色から暗緑色まで変異が著しい。尾びれは白く縁取られる。背びれ基底に沿って明瞭な三角形の暗色班が一列に並んでいる。
特記事項:関東地方では珍重される食用魚であるが、それ以外の地域ではあまり利用されていない。
調理法等 てんぷら等

もどる

標準和名 アオダイ(青鯛) アオダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目フエダイ科(1)
別名 アオゼ、シチューマチ、チイキ等
学名 Paracaesio caeruleus
分布 伊豆諸島以南の水深100m以深の岩礁
流通状況 旬の時期・稀 旬:春〜夏
特徴 全長50cm程度。頭は丸く口は小さい。その名のとおり全体が鮮やかな青緑の体色である。背びれと尾びれは黄色みがある。
特記事項:たいへん美味と言われ、高級魚である。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物等

もどる

標準和名 ウメイロ(梅色) ウメイロ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目フエダイ科(2)
別名 ヒワダイ、ウグイス等
学名 Paracaesio xanthurus
分布 伊豆諸島以南の西大平洋、インド洋
流通状況 旬の時期・稀 旬:春〜夏
特徴 全長40cm程度。頭が丸く、口が小さい。頭部と体側下方は淡紫青色、体側背部から尾ヒレまでは鮮黄色の特徴的な体色である。
特記事項:深場釣りの人気魚で美味と言われる。
調理法等 刺身、塩焼き、煮物、ムニエル等

もどる

標準和名 ハチジョウアカムツ ハチジョウアカムツ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目フエダイ科(3)
別名 アカムツ、ヒーランマチ
学名 Etelis carbunculus
分布 本州中部以南の水深200m以深の海底
流通状況 通年・時々 旬:春〜夏
特徴 全長1m程度。体色が赤く、口が大きい。尾びれは二又状で両端は糸状に伸びない。
特記事項:ハマダイに似ているが、尾びれの先端が長くないことで区別できる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物、蒸し物等

もどる

標準和名 ハマダイ(浜鯛) ハマダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目フエダイ科(4)
別名 アカチビキ、オナガ等
学名 Etelis coruscans
分布 南日本の水深200〜500m
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋
特徴 全長1m程度。体色が赤く美しい。体高は低く、尾びれの両方あるいは片方が糸状に長い。
特記事項:尾びれが長いことで他のハマダイ属と区別できる。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物、蒸し物等

もどる

標準和名 ヒメダイ(姫鯛) ヒメダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目フエダイ科(5)
別名 チビキモドキ、アカサベ等
学名 Pristipomoides sieboldii
分布 南日本の水深100m以深
流通状況 旬の時期・稀 旬:夏
特徴 全長60cm程度。体色はややくすんだ淡い赤色で、尾びれは褐色から暗赤色である。
特記事項:ハマダイに似ているが、ヒメダイの仲間は背びれの中央部のくびれがない。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物、ムニエル等

もどる

標準和名 テングダイ(天狗鯛) テングダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目カワビシャ科(1)
別名 アブラウオ、マンザイダイ
学名 Paracaesio carruleus
分布 州中部から九州、小笠原諸島の岩礁域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長60cm。体か扁平で吻が天狗の鼻のように長い。体側に6本の黒色横帯がある。尻びれは短い。
特記事項:黄色のひれや鮮やかな縞模様から一見すると熱帯魚のように見える。
調理法等 刺身、塩焼き、煮付け等

もどる

標準和名 ハナフエダイ(花笛鯛) ハナフエダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目タカカサゴ科(1)
別名 ハナチビキ、サクラダイ等
学名 Pristipomoides argyrogrammicus
分布 西太平洋、インド洋、南日本の深100m以深の岩礁
流通状況 旬の時期・時々 旬:春
特徴 全長45cm程度。眼が大きく、体高が高い。体背面が鮮やかな黄色で青い小斑点がある。
調理法等 刺身(白身)、塩焼き、煮物、ムニエル等

もどる

標準和名 ブダイ(武鯛、舞鯛) ブダイ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目ブダイ科(1)
別名 イガミ、アカエラブチャー
学名 Calotomus japonicus
分布 南日本の藻場や岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 全長45cm程度。体高高く、頭部が大きい。体色に変異があり、雄は青みががり、雌と幼魚は赤みがかっている。
特記事項:温帯域に分布する日本固有種。透明な袋を作り、中で眠るという習性がある。
調理法等 刺身、煮付け、鍋物等

もどる

標準和名 ミナミクロタチ ミナミクロタチ
分類 内海内湾魚介類 スズキ目クロタチカマス科(1)
別名 オキサワラ、スヌーク、バラクーダ等
学名 Thyrsites atun
分布 南半球のやや高緯度の深海
流通状況 旬の時期・時々 旬:春〜夏
特徴 全長1.5m程度。体長は細長く側扁し、腹部は銀白色、上顎前部に数本の牙状の大きな歯がある。
特記事項:流通の商品名では、オキサワラと呼ばれることが多い。
調理法等 塩焼き、燻製等

もどる

標準和名 ヒラメ(平目、鮃) ヒラメ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目ヒラメ科1
別名 オオクチ、カレ、バカレイ、ヒダリクチ等
学名 Paralichthys olivaceus
分布 千島以南の沿岸砂底、養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日旬:冬
特徴 全長60cm程度。体色は表側が茶褐色、裏は白色。養殖物は裏に褐色の斑がある。眼が体の左側にある。口が大きく、歯は鋭い。
特記事項:養殖が盛ん。背びれ、尻びれの付け根の紡錘状筋肉は縁側と呼ばれ美味。
苦情事例:ラブドウイルス症を患った養殖ものの事例あり。
調理法等 刺身(白身)、煮つけ、酒蒸し等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ