標準和名 タマガンゾウヒラメ(玉雁瘡鮃) タマガンゾウヒラメ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目ヒラメ科2
別名 ウスバガレイ、ジナイガレイ、ホシガレイ
学名 Pseudorhombus pentaphthalmus
分布 北海道南部以南の沿岸
流通状況 旬の時期・稀旬:冬
特徴 全長15cm程度。有眼側の側線上方に3個、下方に2個の黒斑を持つ。
調理法等 干物、練り製品の原料

もどる

標準和名 アサバガレイ(浅場鰈) アサバガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科1
別名 セバタガレイ、ダルマガレイ、ブタガレイ等
学名 Pleuronectes mochigarei
分布 福井県、宮城県以北
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:冬
特徴 全長40cm程度。マコガレイやマガレイに似るが、後頭部から背びれ基底に向かう側線分枝がある。頬部が円鱗に覆われる。
特記事項: 子モチガレイとして冷凍品がロシアから輸入される。
調理法等 煮物、焼き物等

もどる

標準和名 メイタガレイ(目板鰈、目痛鰈) メイタガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科2
別名 メダカガレイ、デメガレイ、メダマガレイ等
学名 Pleuronectes cornutus
分布 北海道南部以南
流通状況 旬の時期・時々旬:夏〜秋
特徴 全長15〜30cm。両眼間に板状のトゲがあり、眼は突き出ている。有眼側の体表に大小の黒斑が密に分布する。
特記事項: 眼の間に骨性の突起があり「目痛」が名前の由来。暖海性のカレイで南日本に多い。
調理法等 煮つけ、焼き物、揚げ物

もどる

標準和名 イシガレイ(石鰈) イシガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科3
別名 イシモチガレイ等
学名 Kareius bicoloratus
分布 日本各地の沿岸
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:冬
特徴

全長約50cm。体表に鱗がなく滑らかだが、石状の骨質板が有眼側の側線の背方と腹方、側線付近に並んでいる。

調理法等 刺身(白身)、煮つけ、焼き物等

もどる

標準和名 ヌマガレイ(沼鰈) ヌマガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科4
別名 カワガレイ、タカノハガレイ等
学名 Platichthys stellatus
分布 本州中部以北の各地、汽水・淡水域にも分布
流通状況 旬の時期・時々旬:冬
特徴 全長90cmに達する。ヒラメ体形で、両眼が左側にある。背びれと尻びれに顕著な黒色帯が数本はいる。
特記事項: 身はやわらかく、水っぽい。
調理法等 焼き物、煮付け、空揚げ

もどる

標準和名 アカガレイ(赤鰈) アカガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科5
別名 ミガレイ、アカ、アカアサバ、マガレイ等
学名 Hippoglossus dubius
分布 宮城以北及び島根以北
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:冬
特徴 全長45cm程度。有眼側は淡褐色、無眼側は血がにじんだように赤くなっている。歯は犬歯状で鋭く大きい。
特記事項:近年は資源の減少が心配されている。
調理法等 刺身(白身)、煮物、焼き物

もどる

標準和名 マコガレイ(真子鰈) マコガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科6
別名 クチボソ、ホソクチ、マスカレイ、モガレイ等
学名 Pleuronectes yokohamae
分布 大分県から北海道までの日本各地
流通状況 旬の時期・時々旬:夏
特徴 全長45cm程度。無眼側にのみ門歯状の歯を持つ。マガレイによく似るが、両眼間域に鱗があり、吻はやや尖ること、無眼側は純白で、背びれと尻びれの基底後部に黄色帯を持たない。
特記事項:大分県日出の名物であるシロシタガレイは、このマコガレイのことである。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、空揚げ、椀種等

もどる

標準和名 マガレイ(真鰈) マガレイ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科7
別名 アカガシラガレイ、アカクチカレイ、カレイ等
学名 Pleuronectes herzenstein
分布 中部日本以北
流通状況 旬の時期・時々旬:夏
特徴 雌は全長50cm、雄は全長40cm程度になる。マコガレイに似るが、両眼間域は無鱗であり、吻はあまりとがらない。無眼側の背腹両縁に沿って黄色帯がある。
特記事項:乱獲による資源の減少が問題となっており、各地で種苗放流が行われている。
調理法等 刺身(白身)、煮付け、空揚げ、椀種等

もどる

標準和名 ソウハチ(宗八) ソウハチ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目カレイ科8
別名 エテガレイ、カラス、シロガレイ、ホウナガ等
学名 Hippoglossoides pinetorum
分布 福島県以北の太平洋岸と日本海
流通状況 旬の時期・時々旬:冬
特徴 全長約45cm。口は大きく、吻端が尖る。眼は頭部背縁上にある。側線がほぼ直線である。
特記事項:寒海性のカレイ。肉に独特のにおいがあるため、刺身や煮つけには向かない。干物や燻製にするとうまみが増す。
調理法等 干物等

もどる

標準和名 クロガシラガレイ(黒頭鰈) クロガシラガレイ
分類 遠洋沖合魚介類 カレイ目カレイ科(1)
別名 アカガレイ、オキガレイ、センホウガレイ等
学名 Pleuronectes schrenki
分布 本州北部以北、サハリン、オホーツク海南部
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋〜冬
特徴 全長50cm程度。尾びれは一様に黒色で後縁が白く縁取られる。背びれ、しりびれに数本から10本程度の黒色帯がある。
調理法等 刺身(白身)、煮付け等

もどる

標準和名 トウガレイ トウガレイ
分類 遠洋沖合魚介類 カレイ目カレイ科(2)
別名 カワガレイ
学名 Pleuronectes pinnifasciatus
分布 北海道東北部の沿岸
流通状況 旬の時期・稀 旬:冬
特徴 全長50cm。ひれに黒色帯があり、クロガシラガレイと似ているが、側線が湾曲していないことと尾びれに黒色帯があることで区別できる。
特記事項:トウガレイの「トウ」とはアイヌ語で沼という意味である。
調理法等 煮付け、焼き魚等

もどる

標準和名 アカシタビラメ(赤舌平目) アカシタビラメ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目ウシノシタ科1
別名 アカウシノシタ、アカシタ、ウシノシタ等
学名 Cynoglossus joyneri
分布 南日本各地の大陸棚上の砂泥底域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:夏〜秋
特徴 全長約25cm。有眼側の側線は3本、体色は赤褐色、紫色の縦線がある。
特記事項:ウシノシタ科魚類とササウシノシタ科魚類はともに「シタビラメ」と総称されることが多い。
調理法等 煮付け、バター焼き、ムニエル等、白身

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ