標準和名 クロウシノシタ(黒牛之舌) クロウシノシタ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目ウシノシタ科2
別名 アオシタビラメ、シタビラメ、クツゾコ、ネジリ
学名 Paraplagusia japonica
分布 北海道南部以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日旬:夏〜秋
特徴 全長約35cm。有眼側は全体に黒っぽく、無眼側は白色で、背びれと尻びれが黒い。口唇にひげがあり、側線が3本ある。眼は体の左側にあり、非常に小さく、胸びれを持たず、口は著しく湾曲している。
調理法等 煮付け、ムニエル等

もどる

標準和名 シマウシノシタ(縞牛之舌) シマウシノシタ
分類 遠洋沖合魚介類カレイ目ササウシノシタ科1
別名 ゲタ、シマガレイ、シマシタ、ツルマキ
学名 Zebrias zebra
分布 北海道以南の温帯海域
流通状況 不定期・稀
特徴 全長約25cm。有眼側に20数本の褐色の横縞を持つ。無眼側には胸びれがない。尾びれに黄色の斑点がある。
調理法等 煮付け、練り製品の原料

もどる

標準和名 ギマ(擬麻) ギマ
分類 内海内湾魚介類フグ目ギマ科1
別名 ツノハギ、ツノハゲ、ハリハゲ等
学名 Triacanthus biaculeatus
分布 静岡県以南の沿岸域
流通状況 不定期・時々旬:秋〜冬
特徴 全長15cm程度。背びれ第1棘と腹びれは大きな2本の棘となり、体表は細かな棘状の鱗でおおわれる。
調理法等 煮物、揚げ物等

もどる

標準和名 アミモンガラ(網紋殻) アミモンガラ
分類 内海内湾魚介類フグ目モンガラカワハギ科1
別名
学名 Canthidermis maculatus
分布 北海道南部以南の岩礁域
流通状況 なし
特徴 全長30cm程度。体色は青色から茶褐色、体側に多くの白色斑がある。
調理法等 食用にしない

もどる

標準和名 カワハギ(皮剥) カワハギ
分類 内海内湾魚介類フグ目カワハギ科1
別名 ウシヅラ、キンチャク、ツノハゲ等
学名 Stephanolepis cirrhifer
分布 北海道以南の浅い砂底及び岩礁域
流通状況 通年・ほぼ毎日旬:秋〜冬
特徴 全長約25cm。体は絨毛状の鱗で覆われ、ザラザラしている。体高があり、菱形で側扁する。2棘からなる第1背びれは第1棘が長く、雄では第2背びれの第2軟条が糸状に伸長する。
調理法等 刺身(白身)、煮つけ、フライ、干物等

もどる

標準和名 ウマヅラハギ(馬面剥) ウマヅラハギ
分類 内海内湾魚介類フグ目カワハギ科2
別名 ウマヅラ、オキハゲ、ナガハゲ、ハゲ等
学名 Thamnaconus modesoides
分布 北海道以南の浅い砂底及び岩礁域
流通状況 通年・ほぼ毎日旬:秋〜冬
特徴 全長30cm。第1背びれ棘が眼の後半上部にある。腰骨後端の鞘状鱗にある間接は可動性をもつ。尾びれは青い。
特記事項: ムキハギとして入荷するのは、これが多い。ウマヅラハギの尾びれは青く、カワハギは茶褐色である。
調理法等 塩焼き、煮つけ、鍋物、干物等

もどる

標準和名 ウスバハギ(薄葉剥) ウスバハギ
分類 内海内湾魚介類フグ目カワハギ科3
別名 ナガサキイッカクハゲ、シロハゲ等
学名 Aluterus monoceros
分布 北海道以南の浅海域
流通状況 通年・時々旬:秋〜冬
特徴 全長約40cm。体に顕著な模様がなく、皮は滑らか。第一背びれ棘直下に眼があり、腰骨後端に鞘状鱗がなく、尾びれが短く、後端が截形である。

特記事項: フグの代用品となる。

調理法等 刺身(白身)、ちり鍋、煮つけ、椀種等

もどる

標準和名 クサフグ(草河豚) クサフグ
分類 内海内湾魚介類フグ目フグ科1
別名 スナフグ、サメ、チイチイフグ、マメフグ等
学名 Takifugu niphobles
分布 青森から沖縄県にかけての日本各地の沿岸浅所
流通状況 なし
特徴 特記事項:フグ毒。卵巣、肝臓、腸に猛毒、皮膚は強毒、肉と精巣にも弱毒がある。可食部位は筋肉。
調理法等 小型で毒性が強いため、食用には適さない。

もどる

標準和名 クロサバフグ(黒鯖河豚) クロサバフグ
分類 内海内湾魚介類フグ目フグ科2
別名 サバフグ
学名 Lagocephalus gloveri
分布 北海道南部以南の太平洋側海域
流通状況 旬の時期・稀旬:冬
特徴

全長35cm程度。背面は暗緑色でシロサバフグより黒い。腹面は白い。尾鰭は二重湾入形で上下端は白い。背面前部に小棘あり。
特記事項:フグ毒。卵巣や肝臓に毒がある。南シナ海産の肉は有毒。可食部位は筋肉、皮、精巣。

調理法等 刺身、鍋物、唐揚げ

もどる

標準和名 ゴマフグ(胡麻河豚) ゴマフグ
分類 内海内湾魚介類フグ目フグ科3
別名 サバフグ、サフグ、フグト
学名 Takifugu stictonotus
分布 北海道南部以南の海域
流通状況 旬の時期・稀旬:冬
特徴 全長35cm程度。背面に細かい黒色の小斑。ショウサイフグより小さい。胸びれ、尻びれは黄色い。体は小棘におおわれている。
特記事項:フグ毒。卵巣、肝臓に猛毒。皮膚も有毒で、可食部位は筋肉、精巣
調理法等 刺身、鍋物、唐揚げ

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ