標準和名 クルマエビ(車海老) クルマエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目クルマエビ科1
別名 マエビ、マキ、サイマキ、オオグルマ
学名 Penaeus japonicus
分布 北海道南部以南の浅海の砂泥底域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春〜夏
特徴 体長2025cm。淡い褐色か青灰色の地に茶褐色か青褐色の幅広い縞模様がある。
特記事項:ゆでると縞が品のいいピンク色に変わる。
調理法等 刺身、寿司種、てんぷら、焼き物

もどる

標準和名 サルエビ(猿海老) サルエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目クルマエビ科2
別名 アカシャエビ、ウタセエビ(愛知)
学名 Trachypenaeus curvirostris
分布 北海道南部以南の浅海砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 体長10cmほど。体表は細かい毛で覆われており、額角はやや上に曲がる。第2腹節の中央部に短い隆起がある。
特記事項:生体時は淡黄褐色であるが、死ぬと赤褐色になる。三河、知多特産の海老せんべいの主原料である。
調理法等 むきエビ、干しエビ、佃煮、から揚げ

もどる

標準和名 ウシエビ(牛海老) ウシエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目クルマエビ科3
別名 ブラックタイガー
学名 Penaeus monodon
分布 房総半島以南の浅海の砂泥底域、養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:秋〜冬
特徴 体長30cm以上に達する大型種。体は紫黒色あるいは藍黒色であるが、成長するに従い黄色の横縞が頭胸甲や腹部に現れる。
特記事項:クルマエビ属の最大種。東南アジア各国で広く養殖され、日本への輸入量が多い。
調理法等 刺身、寿司種、てんぷら、焼き物

もどる

標準和名 シラエビ(白蝦) シラエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目オキエビ科1
別名 ベッコウエビ、サクラエビ
学名 Pasiphaea japonica
分布 富山湾、駿河湾、相模湾の深海域
流通状況 旬の時期・時々  旬:冬〜春
特徴 体長7cmほど。体は左右に平たく、硬くない。体表は滑らかで、光沢がある。額角を持たない。第1、2脚にはさみを持ち、長節の後縁に多数の棘が並んでいる。
特記事項:赤く着色し、サクラエビの代用種として販売される。生体時は透明感があるが、死ぬと白くなる。
調理法等 釜揚げ、てんぷら

もどる

標準和名 サクラエビ(桜蝦) サクラエビ
分類 内海内湾魚介類  十脚目サクラエビ科1
別名  
学名 Sergia lucens
分布 東京湾、駿河湾、相模湾の深海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春
特徴 体長5cmほど。透明感のある体に紅赤色の色素胞が多数散らばっている。体表に約160個の小さな発光器を持つ。
特記事項:干すと、全身が鮮やかな桜色に変わる。
調理法等 釜揚げ、てんぷら、干しエビ

もどる

標準和名 ホッコクアカエビ(北国赤蝦) ホッコクアカエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目タラバエビ科1
別名 アマエビ、アカエビ、ナンバンエビ、トンガラシ
学名 Pandalus eous
分布 日本海沿岸、北太平洋北部の深海砂泥底域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 体長15cmに達する。額角は頭胸甲長の1.5倍以上あり、第2脚は左側がいちじるしく長い。甲は薄く、筋肉と離れやすい。
体長15cmに達する。額角は頭胸甲長の1.5倍以上あり、第2脚は左側がいちじるしく長い。甲は薄く、筋肉と離れやすい。
調理法等 刺身、寿司種、揚げ物

もどる

標準和名 トヤマエビ(富山蝦) トヤマエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目タラバエビ科2
別名 ボタンエビ
学名 Pandalus hypsinotus
分布 北海道、北陸の沿岸砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 体長25cmほど。頭胸部及び腹部に数本の赤褐色縞模様がある。
特記事項:富山湾で多く獲れるため、この名がある。 雄性先熟の性転換をする。
調理法等 刺身、寿司種

もどる

標準和名 モロトゲアカエビ(両棘赤蝦) モロトゲアカエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目タラバエビ科3
別名 シマエビ
学名 Pandalopsis japonica
分布 日本海、本州北部太平洋岸の砂泥底域
流通状況 旬の時期・稀 旬:冬
特徴 体長15cmほど。全身に走る数本の濃い赤褐色の縦縞。第1脚の長節が幅広い。額角は先端部だけがやや上を向く。
特記事項:アマエビとして流通することもある。雄性先熟の性転換をする。
調理法等 刺身

もどる

標準和名 アカザエビ(藜蝦) アカザエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目アカザエビ科1
別名 テナガエビ、シャコエビ
学名 Metanephrops japonicus
分布 房総半島以南の砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春
特徴 体長25cmに達する大型種。体色は鮮やかな橙赤色。殻は硬く、額角は鋭く、第1脚が長大で鋭い突起で縁取られている。
特記事項:日本固有種であり。身はやわらかく甘みがある。体色が植物のアカザの若い葉にある紅斑に似ていることからこの名がある。
調理法等 刺身、寿司種

もどる

標準和名 アメリカンロブスター アメリカンロブスター
分類 内海内湾魚介類 十脚目アカザエビ科2
別名 オマール、オマールエビ、ウミザリガニ
学名 Homarus americanus
分布 カナダからアメリカの大西洋岸の岩礁域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:秋〜冬
特徴 体長30〜50cmほど。1対の大きなはさみは左右で大きさと形が異なる。続く2対の小さなはさみは多数の小さな歯が並ぶ。
特記事項:主にアメリカから輸入される。歩行型のエビである。
調理法等 グラタン、スフレ、ビスク

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ