標準和名 イセエビ(伊勢海老) イセエビ
分類 内海内湾魚介類  十脚目イセエビ科1
別名 カマクラエビ、シマエビ、ホンエビ、イソエビ
学名 Panulirus japonicus
分布 茨城県以南の太平洋岸の岩礁域
流通状況 通年・時々 旬:夏
特徴 体長35cmほど。一様に濃い赤褐色をしており、円筒形でかたい頭胸部と、発達した腹部、丈夫な歩脚、太く長い第2触角を持つ。
特記事項:古来から、武勇と長寿のシンボルであり、祝宴の料理に欠かせない食材。
調理法等 刺身、鬼殻焼き、具足煮

もどる

標準和名 ウチワエビ(団扇海老) ウチワエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目セミエビ科1
別名  
学名 Ibacus ciliatus
分布 房総半島以南の暖海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 体長20cmほど。全体として著しく扁平で、団扇のような形である。頭胸部と第2触角の柄の第2・4節の輪郭がほぼ円形。触角とも全縁にわたってのこぎり歯状。
特記事項:ほとんど産地消費されるので、一般の流通は少ない。
調理法等 刺身、塩ゆで

もどる

標準和名 イバラモエビ イバラモエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目モエビ科(1)
別名 オニエビ、サツキエビ、クマエビ
学名 Lebbeus groenlandicus
分布 山口県以北の日本海、北太平洋
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬から春
特徴 体長10cm程度。頭胸部の中央に4本の大きなトゲがある。殻が固く、全体に粗毛がある。
調理法等 生食、塩焼き、味噌汁等

もどる

標準和名 オオコシオリエビ オオコシオリエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目コシオリエビ科(1)
別名  
学名 Cervimunida princeps
分布 日本近海の水深75〜450m
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋〜冬
特徴 甲長5cm程度。挟み脚の長さは、雄が甲長の5倍、雌は2倍ある。
特記事項:形はエビに似ているが、常に腹部を折り曲げていることから、この名が付いた。
調理法等 塩茹で、汁物等

もどる

標準和名 トゲクロザコエビ(棘黒雑魚蝦) トゲクロザコエビ
分類 内海内湾魚介類 十脚目エビジャコ科(1)
別名 ガラエビ、ドロエビ、ガサエビ
学名 Arigis dentata
分布 日本海沿岸
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬から春
特徴 体長13cm程度。体形が上下にやや平たく、額角はごく短く、斜め上を向いている。頭胸部に2本のトゲがある。
調理法等 生食、茹エビ、空揚げ、味噌汁等

もどる

標準和名 アメリカザリガニ アメリカザリガニ
分類 内水面魚介類 十脚目アメリカザリガニ科1
別名 ザリガニ、エビガニ
学名 Procambarus clarkii
分布 本州、四国、九州各地の水田や池・沼
流通状況 不定期・時々
特徴 体長15cmほど。体は円筒形で硬く、歩脚が太く強い。体色は赤褐色。頭胸甲、はさみ脚とも突起で覆われている。
特記事項:アメリカ南東部原産。ジストマなど寄生虫がいることがあり、生食は避ける。
調理法等 焼き物、塩ゆで

もどる

標準和名 シャコ(蝦蛄) シャコ
分類 内海内湾魚介類 シャコ目シャコ科1
別名 ガレージ
学名 Oratosquilla oratoria
分布 北海道以南沿岸、内湾の泥底域
流通状況 通年・時々 旬:春・秋
特徴 全長15cm程度。一見エビを思わせるが、第二脚がカマキリのような捕脚で鋭い棘が並んでいる。
調理法等 塩ゆで、寿司種、酢味噌和え

もどる

標準和名 トゲシャコ(棘蝦蛄) トゲシャコ
分類 内海内湾魚介類 シャコ目トゲシャコ科1 
別名  
学名 Harpiosquilla barpax
分布 相模湾以南の水深75〜90mの砂泥底域
流通状況 不定期・稀
特徴 体長30cmになる。捕脚は細長く、指節には8本の鋭い棘が並んでいる。体色は黄褐色。尾節に1対の眼状紋がある。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 タラバガニ(鱈場蟹) タラバガニ
分類 遠洋沖合魚介類 十脚目タラバガニ科1
別名  
学名 Paralitbodes camtscbaticus
分布 北海道沿岸以北の寒海域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 甲幅約25cm、歩脚を広げると1m以上。暗紫色で、甲の輪郭は丸みのある五角形。はさみや歩脚にも鋭い突起があり、甲の中央部の突起は6個である。
特記事項:カニ類ではなくヤドカリの仲間で、脚は4対である。
調理法等 寿司種、ゆで物、焼き物、鍋物

もどる

標準和名 アブラガニ(油蟹) アブラガニ
分類 遠洋沖合魚介類 十脚目タラバガニ科2
別名 アオガニ、アブラタラバ
学名 Paralitbodes platypus
分布 北海道以北の海域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 甲幅20cmほど。全身が青紫色、歩脚には明瞭な濃い青紫色の縦縞がある。甲の中央部に4個の突起がある。
特記事項:カニ類ではなくヤドカリの仲間である。タラバガニに似ているが、タラバガニよりも歩脚は細く長い。
調理法等 塩ゆで、鍋物

もどる

標準和名 ハナサキガニ(花咲蟹) ハナサキガニ
分類 遠洋沖合魚介類 十脚目タラバガニ科3
別名  
学名 Paralitbodes brevipes
分布 北海道沿岸以北の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 甲幅15cmほど、成体は一様に焦げ茶色。甲の大きさに比べ歩脚が太く短い。甲面、4対脚共に鋭い突起で覆われている。
特記事項:カニ類ではなくヤドカリの仲間。茹でると鮮やかな朱赤色になる。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 アサヒガニ(旭蟹) アサヒガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目アサヒガニ科1
別名 ヤクシマガニ、ヨロイガニ、カブトガニ
学名 Ranina ranina
分布 九州南部の浅海の砂地
流通状況 不定期・稀 旬:夏
特徴 甲長20cmほど。体色は橙赤色。甲は縦長の楕円形で、はさみは鎌形をしている。甲の前側部に板状の突起が2つある。
特記事項:カニではあるが、ヤドカリ類の特徴を残している。はさみはスパナに似ている。ほとんどがオーストラリア等からの輸入である。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 ズワイガニ(楚蟹) ズワイガニ
分類 遠洋沖合魚介類 十脚目クモガニ科1
別名 エチゼンガニ、マツバガニ、ズボガニ、ミズガニ
学名 Cbionoecetes opilio
分布 日本海から北海道沿岸の砂泥底域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 雄は甲幅約15cm、雌はその半分ほど。体色は黄褐色。甲の輪郭は丸みのある三角形で、歩脚を広げると70〜80cmになる。
特記事項:大型の雄だけをズワイガニと呼び、産地により松葉ガニ、越前ガニ等の名前がある。一般に雌ガニをセイコガニと呼ぶが、幼ガニも含めてセイコガニとして流通している。
苦情事例:甲羅外面にカニヒルの寄生事例あり。
調理法等 刺身、揚げ物、焼き物、鍋物

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ