標準和名 ベニズワイガニ(紅楚蟹) ベニズワイガニ
分類 遠洋沖合魚介類 十脚目クモガニ科3
別名  
学名 Cbionoecetes japonicus
分布 日本海から北海道沿岸の深海砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬 
特徴 甲幅16cmほど。歩脚を広げると70〜80cm。体色は鮮やかな朱赤色。甲はあまり硬くなく、甲面は盛りあがっている。歩脚は扁平である。
特記事項:ズワイガニより深い海域に生息し、甲は石灰化が弱いため柔らかい。
調理法等 揚げ物、焼き物、鍋物

もどる

標準和名 ケガニ(毛蟹) ケガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目クリガニ科1
別名 オオクリガニ
学名 Erimacrus isenbeckii
分布 宮城県以北の太平洋及び日本海の砂泥底域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬〜春
特徴 甲長15cmほど。甲は縦長の楕円形ないし丸みのある四角形。甲面は平らで、数個の顆粒が集まり、いずれも先に剛毛がある。はさみ、歩脚にも鋭い突起と短い剛毛がある。はさみ脚の先端は黒くない。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 クリガニ(栗蟹)  クリガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目クリガニ科2
別名 サクラガニ
学名 Telmessus cbeiragonus
分布 日本海北西部、北海道北部の浅海砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 甲幅10cmほど。甲は五角形に近く顆粒と短い剛毛で覆われている。はさみ脚の先端は黒い。
特記事項:ケガニの代用品として扱われる。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 ガザミ ガザミ
分類 内海内湾魚介類 十脚目ワタリガニ科1
別名 ワタリガニ
学名 Portunus trituberculatus
分布 東京湾以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:秋〜冬
特徴 甲幅約15cm。甲は横長の菱形で鋭っている。体色は緑色を帯びた暗褐色で、甲の後方やはさみ脚に白い斑紋がある。はさみ脚は鮮やかな青である。
特記事項:雄では青みが強い。韓国、中国等から輸入されている。
調理法等 塩ゆで、鍋物、具足煮

もどる

標準和名 ジャノメガザミ ジャノメガザミ
分類 内海内湾魚介類 十脚目ワタリガニ科2
別名 モンガニ
学名 Portunus sanguinolentus
分布 東京湾以南の浅海の砂泥底域
流通状況 旬の時期・時々  旬:冬
特徴 甲幅15cmほど。横長、菱形の典型的なワタリガニ。甲面の後方に白く縁取られた3つの丸い紋がある。
調理法等 塩ゆで、鍋物

もどる

標準和名 ノコギリガザミ ノコギリガザミ
分類 内海内湾魚介類 十脚目ワタリガニ科3
別名 ドウマンガニ
学名 Scylla serrata
分布 房総半島以南の内湾域
流通状況 不定期・稀 旬:冬
特徴 甲幅20cmほど。甲は楕円形で前側縁にのこぎり状の9歯がある。全身が青緑色だが、はさみは橙黄色の個体が多い。雄のはさみ脚は特に大きい。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 シマイシガニ(縞石蟹) シマイシガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目ワタリガニ科4
別名  
学名 Cbarybdis feriata
分布 北海道南部以南の浅海の砂泥底域
流通状況 旬の時期・稀 旬:冬
特徴 甲幅20cmほど。甲の前側縁にのこぎり歯状の6歯がある。甲面は滑らかで光沢があり、独特の縞模様がある。
特記事項:雑魚として流通し、本種以外にイシガニ、ジャノメガザミが混ざっている(写真参照)。
調理法等 旬:冬

もどる

標準和名 ヒラツメガニ(平爪蟹) ヒラツメガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目ワタリガニ科(1)
別名 キンチャクガニ、マル、エッチガニ
学名 Ovalipes punctatus
分布 北海道以南の浅い海の泥底
流通状況 不定期・稀
特徴 甲幅10cm程度。甲は全体に丸く、前側部に5本のとげがある。
調理法等 ゆでがに、汁物、鍋物等

もどる

標準和名 チュウゴクモクズガニ(中国藻屑蟹) チュウゴクモズクガニ
分類 内海内湾魚介類 十脚目イワガニ科1
別名  
学名 Eriocbeir sinensis
分布 朝鮮半島西部と中国北部の河川
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋〜春
特徴 甲幅8cmほど。甲は丸みのある四角形、歩脚は細長い。はさみ脚はやわらかい毛で覆われている。
特記事項:中国では重要な食用ガニである。肺吸虫の中間宿主になることがあるので要注意。
調理法等 塩ゆで、むし物

もどる

標準和名 モクズガニ(藻屑蟹) モクズガニ
分類 内水面魚介類 十脚目イワガニ科(1)
別名 カワガニ、モクゾウ等
学名 Eriocheir japonicus
分布 日本各地の河川
流通状況 旬の時期・稀 旬:秋
特徴 甲幅6cm程度。ハサミに柔らかい毛が生えている。甲羅は滑らかで毛がなく、丸みのある四角である。
調理法等 ゆでがに、汁物等

もどる

標準和名 サワガニ(沢蟹) サワガニ
分類 淡水魚介類 十脚目サワガニ科1
別名  
学名 Geotheiphusa dehaani
分布 下北半島から沖縄までの清流域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏〜秋
特徴 甲幅3cmほど。甲は前方に広い四角形で、甲面は滑らか。はさみ脚はふつう右が大きい。体色は赤褐色、紫黒色、灰青色の基本3色であり、甲と脚の色が異なることが多い。
特記事項:肺吸虫の中間宿主になることがあるので、加熱処理をする。
調理法等 塩ゆで、空揚げ

もどる

標準和名 コウイカ(甲烏賊) コウイカ
分類 内海内湾魚介類 コウイカ目コウイカ科1
別名 スミイカ(東京)、ハリイカ等
学名 Sepia esculenta
分布 本州以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴 外套長約20cmで石灰質の甲がある。外套背面には横縞があり、特に雄で明瞭。腹部は灰白色。ヒレの基部に沿って金色の線条が走る。甲の後端に短いが、鋭い棘がある。
特記事項:身は厚いが柔らかく、刺身、寿司種として上物。関西以西で人気がある。
調理法等 刺身、焼き物、揚げ物等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ