標準和名 カミナリイカ(雷烏賊) カミナリイカ
分類 遠洋沖合魚介類 コウイカ目コウイカ科2
別名 モンゴウイカ、コブイカ、ギッチョイカ
学名 Sepia lycidas
分布 関東以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春
特徴 外套長約25cmで石灰質の甲がある。コウイカに似るが、外套背面に多くの横縞と目のような紋様が散在する。
特記事項:身は厚く堅いが、上質の寿司種、中華料理の具に使用される。
調理法等 刺身、寿司種、焼き物等

もどる

標準和名 ボウズイカ(坊主烏賊) ボウズイカ
分類 遠洋沖合魚介類 コウイカ目ダンゴイカ科(1)
別名  
学名 Rossia pacifica
分布 島根県以北の100〜600mの海底近く
流通状況 不定期・稀
特徴 外套長10cm程度。外套膜が丸い袋状。鰭が外套膜の横にある。
調理法等 刺身、ゆでいか、煮物、干物等

もどる

標準和名 ミミイカ(耳烏賊) ミミイカ
分類 遠洋沖合魚介類 コウイカ目ダンゴイカ科(2)
別名 ダンゴイカ、ヒドコイカ等
学名 Euprymna morsei
分布 日本近海の水深200mまで
流通状況 旬の時期・時々 旬:春〜夏
特徴 外套長4cm程度。外套膜が丸く、中に発光バクテリアが共生しているので発光する。鰭が耳のように見える。
調理法等 ゆでいか、煮物等

もどる

標準和名 ケンサキイカ(剣先烏賊)  ケンサキイカ
分類 内海内湾魚介類 ツツイカ目ジンドウイカ科1
別名 アカイカ、シロイカ、ゴトウイカ等
学名 Loligo edulis
分布 相模湾・富山湾以南の沿岸域、特に五島列島   
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 外套長約30cm。外套は太い円錐形で、触腕が長い。ヒレは外套の中下部にある。
特記事項:産地、季節によって形態が変化するためにメヒカリイカ、ブドウイカの名もある。ケンサキスルメの原料である。
調理法等 刺身、焼き物、揚げ物、干物等

もどる

標準和名 ヤリイカ(槍烏賊)  ヤリイカ
分類 内海内湾魚介類 ツツイカ目ジンドウイカ科2
別名 ササイカ、テッポウイカ、シャクハチ等
学名 Loligo bleekeri
分布 北海道以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春・夏
特徴 外套長約30cm。外套は細長い円錐形で、触腕が短い。ヒレは外套の中下部にある。
特記事項:海中では透き通っているが、海から揚げると茶褐色に変わる。
調理法等 刺身、焼き物、揚げ物、干物等  

もどる

標準和名 アオリイカ(障泥烏賊) アオリイカ
分類 内海内湾魚介類 ツツイカ目ジンドウイカ科3
別名 バショウイカ、ミズイカ、モイカ等
学名 Sepioteuthis lessoniana
分布 本州以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 外套長約30cm。コウイカ類と同じようにヒレが外套の全側縁にあり、触腕は長いが、外套内に石灰質の甲はない。背側にはヒレの部分にわたって断続的な白色帯がある。
特記事項:イカ類中最も美味で最高級品。
調理法等 刺身、塩焼き、干物等

もどる

標準和名 ジンドウイカ(陣胴烏賊) ジンドウイカ
分類 内海内湾魚介類1 ツツイカ目ジンドウイカ科4
別名 ヒイカ、コイカ等
学名 Loliolus japonica
分布 石狩湾以南の沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春
特徴

外套長10cm以下の小型のイカ。外套は太い円錐形で、触腕が長い。ヒレは外套の半分以上を占め、菱形である。
特記事項:沿岸の定置網や底引き網などに大量に入るが、産地で消費される。

調理法等 煮物等

もどる

標準和名 スルメイカ(鯣烏賊) スルメイカ
分類 遠洋沖合魚介類 ツツイカ目アカイカ科1
別名 マツイカ(関西)トンキュウ(九州)等
学名 Todarodes pacificus
分布 北海道から九州までの沿岸域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:秋・冬
特徴 外套長約30cm。外套は円筒形で、その背面に幅広い黒色縦帯があり、触腕が長い。ヒレは外套の最上部にあり、菱形。
特記事項:海中では透き通っているが、海から揚げると茶褐色に変わる。珍味加工品として用途範囲が広い。
苦情事例:体腔にニベリニアの寄生事例あり。
調理法等 刺身、焼き物、揚げ物、干物等

もどる

標準和名 ソデイカ(袖烏賊)  ソデイカ
分類 遠洋沖合魚介類 ツツイカ目ソデイカ科1
別名 オオトビイカ、タルイカ、ウシイカ等
学名 Thysanoteuthis rhombus
分布 黒潮及びその反流域
流通状況 通年・時々
特徴 外套長約70cm。外套は円筒形で、ヒレが外套の全長に及ぶため姿が菱形になる。第2・3腕の膜が特別に広い。
特記事項:卵塊は長さ1m直径30cmくらいの寒天質のソーセージ形で、海を漂う。モンゴウイカの代替え品として利用される。
調理法等 刺身、焼き物等

もどる

標準和名 ホタルイカ(蛍烏賊) ホタルイカ
分類 内海内湾魚介類 ツツイカ目ホタルイカモドキ科
別名 マツイカ(富山)
学名 Watasenia scintillans
分布 石狩湾以南の沿岸域 富山湾が有名
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春〜夏
特徴 胴長約7cm。胴部は中央部がふくらんだ円錐形、ヒレは菱形、体表に多くの発光器がある。
特記事項:旋尾線虫寄生の可能性があるため、加熱処理を施し、生食は避けるべきで、生食する場合は内蔵除去又は凍結処理をする。
調理法等 煮物、和え物等

もどる

標準和名 マダコ(真蛸) マダコ
分類 内海内湾魚介類 八腕形目マダコ科1
別名  
学名 Octopus vulgaris
分布 三陸、北陸から四国、九州までの岩礁域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長約60cm、体重3kgに達する。体色は黄土色で、胴の表面には大小のいぼが網目状にある。腕の長さは変わらず、200前後の吸盤が2列に並ぶ。雌の吸盤は大きさが揃っているが、雄は不揃い。
岩場に産み付けられた房状の卵は、藤の花に似ていることから「海藤花」と呼ばれる
調理法等 刺身、ゆでだこ、酢の物

もどる

標準和名 ミズダコ(水蛸) ミズダコ
分類 内海内湾魚介類 八腕形目マダコ科2
別名 ホッカイマダコ、マダコ
学名 Octopus dofleini
分布 北海道から本州中部以北の浅海底
流通状況 通年・時々
特徴 大型の雄は3mに達する。腕の間の膜が非常に広い。体色は赤みがかっていて、暗色のむらがある。皮膚表面は水中では肉質の棘が凹凸しており、棘の間が黒ずんでいる。
特記事項:活け物はなく、足だけの箱詰めで入荷する。肉質は非常にやわらかく、陸に揚げても陸上を這うことができない。
調理法等 刺身、寿司種、酢蛸、味付け蛸

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ