標準和名 アカガイ(赤貝) アカガイ
分類 内海内湾魚介類 フネガイ目フネガイ科1
別名 ホンアカ、ホンダマ、キサガイ等
学名 Scapbarca brougbtonii
分布 北海道南部から九州の内湾泥質の海底
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春
特徴 二枚貝。殻長6cm程度。殻の色は白色。殻の表面に42本前後の放射状の肋があり、肋間には黒褐色の殻皮毛が生える。殻の先端部は櫛状で、これが噛み合う。
特記事項:ヘモグロビン系の血色素を含むため、肉は赤みを帯びる。生食がおいしい。
調理法等 刺身、寿司種、酢の物等 むき身は赤色

もどる

標準和名 ムラサキイガイ(紫貽貝) ムラサキガイ
分類 内海内湾魚介類 イガイ目イガイ科1
別名 ムールガイ、カラスガイ、セトガイ
学名 Mytilus galloprovincialis
分布 北海道や南西諸島を除く温帯海域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:夏
特徴 二枚貝。殻長10cm程度。殻は薄く、青色である。殻の内部がイガイのように光沢がなく、コバルト色をしている。
特記事項:ヨーロッパ原産。
調理法等 炒め物、揚げ物、マリネ、サラダ、パエリア

もどる

標準和名 タイラギ タイラギ
分類 内海内湾魚介類 イガイ目ハボウキガイ科1
別名 タイラガイ(平貝)
学名 Atrina pinnata
分布 東北地方以南、東南アジアからインド洋の温・熱帯海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 二枚貝。殻は暗黄緑色で、30cm程度の三角形。殻頂が細く、後縁は切ったように直線的。尖った殻頂を下にして海底に埋まっている。
特記事項:殻の中央に大きな貝柱があり、主にここを食用とする。貝柱以外の肉は少なく、泥臭い。
調理法等 刺身、寿司種(貝柱)

もどる

標準和名 ホタテガイ(帆立貝) ホタテガイ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタヤガイ科1
別名 アキタガイ
学名 Patinopecten yessoensis
分布 東北地方、北海道で養殖
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬〜春
特徴 二枚貝。直径約20cm、整った扇形で殻頂から腹縁に向かって扇の骨のような放射肋が生じる。貝柱の下側に発達する生殖巣がオレンジ色のものは雌、白いのが雄。
特記事項:養殖物が多く出回る。海底に横たわり生息する。1本ある強い貝柱を使って短距離なら遊泳できる。
苦情事例:殻外面にカンザシゴカイの寄生事例あり。
調理法等 刺身(貝柱)、焼き物、揚げ物、干物、缶詰等

もどる

標準和名 ヒオウギガイ(檜扇貝) ヒオウギガイ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタヤガイ科2
別名 バタバタ
学名 Chlamys (Mimachlamys) nobilis
分布 房総半島以南、南西諸島の浅海の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 二枚貝。殻長12cm。殻の色が白、黄、橙、赤、茶等個体により異なり、盛り付けに使用される。貝柱を食用にする。
特記事項:三重県や大分県で養殖されるが、大分では、麻痺性貝毒が発生したことがある。
調理法等 酒蒸し、フライ等

もどる

標準和名 ツキヒガイ(月日貝) ツキヒガイ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタヤガイ科(1)
別名  
学名 Amusium japonicum
分布 日本西部の水深20〜100 mの砂底
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 二枚貝。殻長12cm程度。殻は薄く、ふくらみは弱い。色は表側が濃紅色で裏側が淡黄色。
調理法等 刺身

もどる

標準和名 マガキ(真牡蠣) マガキ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタボガキ科1
別名 シカメ、ナガカキ、エゾガキ
学名 Crassostrea gigas
分布 日本各地の岩礁  養殖
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:秋〜冬
特徴 二枚貝。付着生活をするため形、大きさは一定しないが、写真は殻高10cm、殻長5cm程度。殻表の成長脈はひれ状にあらく、黄白色で紫色の縞ができる。
調理法等 生食、揚げ物、焼き物、鍋物等 

もどる

標準和名 イワガキ(岩牡蠣) イワガキ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタボガキ科2
別名 ナツガキ、クツガキ
学名 Crassostrea nippona
分布 陸奥湾以南から九州までの岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高20cmほどになる。殻は厚く、殻表は褐色の殻皮突起が檜皮状にある。
調理法等 生食、焼き物等

もどる

標準和名 イタボガキ(板圃牡蠣) イタボガキ
分類 内海内湾魚介類 ウグイスガイ目イタボガキ科(1)
別名  
学名 Ostrea denselamellosa
分布 千葉県以南の浅い岩礁
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春〜夏
特徴 二枚貝。殻長12cm程度。円盤状の大型牡蠣で殻が厚く、左殻は膨らみ、右殻は平たい。
特記事項:マガキやイワガキと異なり、卵が親の体内で幼生となる胎生種の牡蠣。
調理法等 フライ、生食等

もどる

標準和名 トリガイ(鳥貝) トリガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目ザルガイ科1
別名  
学名 Fulvia mutica
分布 陸奥湾以南の日本各地の内湾
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:冬〜春
特徴 二枚貝。殻長、殻高とも8cm程度。殻は薄くこわれやすい。殻の表面には40本ぐらいの放射条があり、その上に淡黄褐色の短毛状の殻皮がかぶる。
特記事項:食用にするのは黒紫色の足の部分だけ(下の写真参照)。足の部分が鳥のくちばしに似ているのが名前の由来。殻付のままの流通は少なく、むき身として流通する。
調理法等 刺身、寿司種、酢の物

もどる

標準和名 アサリ(浅蜊) アサリ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目同目科1
別名 イソモン、キシメガイ、コガイ
学名 Ruditapes pbilippinarum
分布 日本各地の内湾の干潟
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春〜秋
特徴 二枚貝。殻長4cm殻高3cm程度。殻表には縦横の細いスジが走り布目状になっている。殻の色模様は千変万化である。
特記事項:中国等からの輸入のほか、種苗生産が盛ん。北海道産は大型であるが、色彩に乏しい。
苦情事例:「ばくだん」による異臭事例あり。
調理法等 酒蒸し、和え物、かき揚げ、しぐれ煮等

もどる

標準和名 チョウセンハマグリ(朝鮮蛤) チョウセンハマグリ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目同目科2
別名 ゴイシハマグリ、鹿島ハマグリ、日向ハマグリ
学名 Meretrix lamarcki
分布 関東から西日本の外洋性海岸
流通状況 通年・時々 旬:春
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高7cm程度。殻頂は小さく、傾きが強い。殻が全体に厚く、腹縁部が平坦である。
特記事項:ハマグリが内湾性なのに対し、本種は外洋砂浜にすむ。国産ハマグリといえばほとんどこれである。
調理法等 焼き物、酒蒸し、和え物、汁物の具等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ