標準和名 シナハマグリ(支那蛤) シナハマグリ
分類 内海内湾魚介類1 マルスダレガイ目同目科3
別名  
学名 Meretrix petechialis
分布 朝鮮半島南岸から中国大陸沿岸
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高7.5cm。腹縁が丸い三角形で、点と短い山形模様の斑紋がある。殻の表面に光沢がない。
特記事項:ハマグリに比べ安いが、味はほとんど変わらない。市場に出回っているハマグリはほとんどこれである。
調理法等 焼き物、酒蒸し、和え物、汁物の具等

もどる

標準和名 ウチムラサキ(内紫) ウチムラサキ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目同目科4
別名 オオアサリ、ハシダテガイ
学名 Saxidomus purpuratus
分布 北海道から九州の内湾の砂泥底域
流通状況 通年・ほぼ毎日 旬:春
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高7cm程の大型貝。殻の表面は灰色で、成長線に沿って粗い輪脈が立ち上がり、がさがさしている。殻の内側は濃い紫色。
特記事項:殻内は成長したものは濃い紫色をしているが、幼いときは白色。
調理法等 焼き物

もどる

標準和名 アケガイ(朱貝) アケガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目マルスダレガイ科(1)
別名  
学名 Paphia vernicosa
分布 北海道南部から九州の水深10〜50cmの砂底
流通状況 定期・稀
特徴 二枚貝。殻長8cm程度。殻が厚く、ふくらみはやや弱い。殻の表側はニスを塗ったように光り、殻の内面は黄白色。
調理法等 汁物の具、酒蒸し等

もどる

標準和名 オニアサリ(鬼浅蜊) オニアサリ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目マルスダレガイ科(2)
別名  
学名 Protothaca jedoensis
分布 日本全国の水深20cmの砂泥底や砂地
流通状況 旬の時期・稀 旬:夏
特徴 二枚貝。殻長3.5cm程度。殻は丸く、厚く堅く、ふくらみがある。表面には幅の広い帯がある。
調理法等 汁物の具、酒蒸し等

もどる

標準和名 コタマガイ(小玉貝) コタマガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目マルスダレガイ科(3)
別名 アサハマ、ヒラガイ、イシハマグリ等
学名 Gomphina melanaegis
分布 北海道南部から九州の外洋の砂底
流通状況 旬の時期・時々 旬:秋
特徴 二枚貝。殻長7cm程度。ハマグリを左右からつぶしたようなやや平たい貝。
特記事項:別名のアサハマはアサリでもなくハマグリでもないことから名付けられた。
調理法等 汁物の具、焼き物、酒蒸し等

もどる

標準和名 バカガイ(馬鹿貝)  バカガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目バカガイ科1
別名 アオヤギ、ミナトガイ
学名 Mactra cbinensis
分布 日本各地の内湾
流通状況 旬の時期・時々 旬:春〜夏
特徴 殻長8cm、殻高6cmほど。殻は薄く割れやすい。黄褐色の表面には同心円状の成長線があり、辺縁のほうは粗くなる。
特記事項:殻付ものの流通は少なく、むき身(青柳)、足(シタキリ)、貝柱(コバシラ、アラレ)等に加工されて流通する。
調理法等 寿司種、酢の物、鍋物、干物

もどる

標準和名 ミルクイ(水松喰、水松貝、海松貝) ミルクイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目バカガイ科2
別名 ミルガイ、ミルクイガイ
学名 Schizothaerus keenae
分布 北海道から四国、九州沿岸の海域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 二枚貝。殻長17cm、殻高13cm程度。殻は灰白色で褐色の厚い殻皮をかぶっている。殻の後縁がきっちり閉まらず、左右の殻間が大きく開いている。生時はここから太い水管が出るが、水管も殻表から連続した殻皮で包まれている。
特記事項:市場ではミルガイ、ホンミルが普通の呼び名。長い水管が食用とされる。代替品のナミガイは「シロミル」と呼ばれ、「ミルガイ」といえばナミガイであることがほとんどである。
調理法等 刺身、寿司種、酢の物

もどる

標準和名 ウバガイ(姥貝) ウバガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目バカガイ科3
別名 ホッキガイ
学名 Pseudocardium sachalinense
分布 銚子以北の三陸、北海道沿岸の砂底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高8cmほど。殻は厚く重い。ふくらんだ殻は黄味がかった陶器質で、上に藁色の殻皮をかぶる。
特記事項:市場ではホッキガイ(北寄貝)としか呼ばれない。成長が遅く、10cmになるのに20年かかるといわれる。身は白っぽく、足は灰紫色であるが、熱を通すと、足は鮮やかな紅色になる。
調理法等 刺身、酢味噌和え、バター焼き、干物、缶詰

もどる

標準和名 サラガイ(皿貝) サラガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目ニッコウガイ科1
別名 シロガイ、ヒラガイ
学名 Megangulus venulosa
分布 茨城県以北、石川県以北の浅海砂底域
流通状況 旬の時期・時々 旬:春 
特徴 二枚貝。殻長10cm、殻高6cm程度。殻は横長で左右のふくらみは弱い。殻表に細い筋が蜜に走り、殻の内側は淡黄色である。
調理法等 焼き物、バター蒸し等

もどる

標準和名 アラスジサラガイ(荒筋皿貝) アラスジサラガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目ニッコウガイ科(1)
別名  
学名 Megangulus zyonoensis
分布 銚子、北陸以北、北海道の水深10〜60cmの砂底
流通状況 旬の時期・時々 旬:春〜夏
特徴 二枚貝。殻長11cm程度。殻はやや厚く、ふくらみは弱い。
特記事項:サラガイと似ているが、殻が前後に長く、内面が紫紅色なので区別できる。
調理法等 酒蒸し、焼き物等

もどる

標準和名 アゲマキガイ(揚巻貝) アゲマキガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目ナタマメガイ科1
別名 ヘイタイガイ、チンダイガイ等
学名 Sinonovacula constricta
分布 有明海など内湾の浅い泥質海底
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬
特徴 二枚貝。殻長9cm殻高3cm程度。殻は長方形で、前・後端は丸みがある。殻表及び内面は白く、黄色っぽい殻皮で覆われている。
特記事項:特有の臭いと渋みがある。マテガイと誤称されることが多い。
調理法等 殻焼、煮物、腕種等、身は黄白色

もどる

標準和名 マシジミ(真蜆) マシジミ
分類 内水面魚介類 マルスダレカイ目シジミ科1
別名 シジミ
学名 Corbicula leana
分布 本州から九州の河川の砂礫底域
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:冬
特徴 二枚貝。殻長4cm、殻高3.5cm程度。殻頂部はよくふくらむ。殻表は黒いが、若い時は黄緑色で、焼け焦げたような斑点がある。
特記事項:中国などからの輸入品が流通する。
苦情事例:「ばくだん」による異臭事例あり。
調理法等 椀種、佃煮

もどる

標準和名 ヒレシャコガイ ヒレシャコガイ
分類 内海内湾魚介類 マルスダレガイ目シャコガイ科(1)
別名  
学名 Tridacna squamosa
分布 沖縄以南のサンゴ礁
流通状況 不定期・稀
特徴 二枚貝。殻長30cm程度。殻は白から橙色でやや厚く、ふくらむ。殻の内側は白い。
調理法等 生食、バター焼き等

もどる

標準和名 ナミガイ(波貝) ナミガイ
分類 内海内湾魚介類 オオノガイ目キヌマトイガイ科1
別名 シロミル、オキナノメンガイ
学名 Panopea japonica
分布 日本各地の浅海の砂泥底
流通状況 旬の時期・時々 旬:冬〜春
特徴 二枚貝。殻長10cm程度。白色の殻は薄く波打っている。殻はぴったり閉まらず、後方から太くて長い水管が出る。
特記事項:市販品の通称「ミル貝」はほとんどこの貝で、水管をゆでて利用する。
調理法等 刺身、寿司種

もどる

標準和名 オオノガイ(大野貝) オオノガイ
分類 内海内湾魚介類 オオノガイ目オオノガイ科1
別名  
学名 Mya arenaria oonogai Makiyama
分布 北海道以南の潮間帯の砂泥底域
流通状況 不定期・稀 旬:春〜夏
特徴 二枚貝。殻長約10cm。殻は薄く平滑で、殻の後端はきっちり閉まらない。
特記事項:水管を食用にする。
調理法等 焼き物、揚げ物、椀種

もどる

標準和名 ヨメガカサ(嫁が笠) ヨメガカサ
分類 内海内湾魚介類 笠形貝目ツタノハガイ科(1)
別名 ヨメガサ、ヨメノサラ
学名 Cellana toreuma
分布 日本全国の磯
流通状況 不定期・稀
特徴 巻き貝。殻長4cm程度。殻が楕円形の笠貝で、灰色の地に黒褐色の斑紋が不規則に散らばる。内面は真珠光沢がある。
特記事項:笠形に見えるが巻貝の仲間である。全国の潮間帯の岩礁で最もよく見られる。
調理法等 汁物の具等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ