標準和名 バフンウニ(馬糞海胆) バフンウニ
分類 内海内湾魚介類 ホンウニ目オオバフンウニ科1
別名 ガゼ、ガンジョ
学名 Hemicentrotus pulcherrimus
分布 北海道から九州にかけての岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 殻は直径4cmくらいで緑色。棘は短く鋭い。棘の生えかたで五角形に見える。生殖巣はオレンジ色である。
特記事項:食べる海藻により生殖巣の色調が異なる。殻を取り除いた箱入りのものは、通年ほぼ毎日流通する
調理法等 寿司種

もどる

標準和名 エゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆) エゾバフンウニ
分類 内海内湾魚介類 ホンウニ目オオバフンウニ科(1)
別名  
学名 Strongylocentrotus intermedius
分布 北海道から東北地方
流通状況 通年・時々 旬:夏〜秋
特徴 殻長5cm程度。棘は短く、暗緑色から紫がかった褐色。バフンウニではなく、キタムラサキと同属である。
調理法等 寿司種等

もどる

標準和名 ムラサキウニ(紫海胆) ムラサキウニ
分類 内海内湾魚介類 ホンウニ目ナガウニ科1
別名  
学名 Anthocidaris crassispina
分布 日本各地の浅海の岩礁域
流通状況 旬の時期・時々 旬:夏
特徴 殻径6cm、高さ3cm程度。棘は強く、殻径とほぼ同じ長さである。色は暗紫色で、生殖巣は薄い黄色である。
特記事項:水域によって生殖巣の色調、香味、軟度は異なる。殻を取り除いた箱入りのものは、時々流通する。
調理法等 寿司種、塩うに、焼きうに

もどる

標準和名 マナマコ(真海鼠) マナマコ
分類 内海内湾魚介類 ナマコ目マナマコ科1
別名 アカコ、アオコ、クロコ
学名 Sticbopus japonicus
分布 日本各地の沿岸の岩礁域、浅海の砂底域
流通状況 旬の時期、ほぼ毎日 旬:冬
特徴 全長30cm、太さ8cmほど。口の周りに房状の触手が20本ほどあり、腹面には3列の管足が生えている。背側には円錐形の柔らかい棘が縦列にある。
特記事項:外洋の岩礁のものは赤っぽいのでアカコ、内湾の砂泥のもので暗緑色のものはアオコ、黒っぽいものはクロコと呼ぶ。内蔵の塩づけは「コノワタ」、卵巣(このこ)の干物は「バチコ」である。
調理法等 酢の物、煮物、コノワタ、バチコ

もどる

標準和名 マボヤ(真海鞘) マボヤ
分類 内海内湾魚介類 ホヤ綱ピウラ科1
別名 ホヤ
学名 Halocynthia roretzi
分布 東北地方の海域で養殖
流通状況 旬の時期・ほぼ毎日 旬:春〜夏
特徴 高さ15〜20cm程度。大小不同な不細工な乳房状突起があり、体色は鮮橙赤色。
特記事項:皮をむいて中の筋肉、内臓を食用にする。涼やかな特有な香りがする。その形から「海のパイナップル」と呼ばれる。
調理法等 刺身、酢の物、吸い物、塩辛

もどる

標準和名 ミネフジツボ(峰藤壺、峰富士壺) ミネフジツボ
分類 内海内湾魚介類 フジツボ目フジツボ科1
別名  
学名 Balanus rostratus
分布 関東以北の寒い海
流通状況 通年・稀 旬:春〜夏
特徴 全長5cm程度。殻の口は傾斜し、殻板上の成長線がしばしば立ち上がってしわ状になっている。
特記事項:東北地方(特に青森県)で食用にする。
調理法等 塩ゆで

もどる

標準和名 カメノテ(亀の手) カメノテ
分類 内海内湾魚介類 フジツボ目ミョウガガイ科(1)
別名 タカノツメ
学名 Capitulum mitela
分布 北海道以南の岩礁の割れ目
流通状況 不定期・稀
特徴 体長4cm程度。甲殻類でフジツボの仲間。潮が満ちてくると蔓脚を広げてプランクトンを捕食する。袴を剥ぎ取ってピンク色の身を食べる。
調理法等 塩ゆで、汁物等

もどる

標準和名 スッポン スッポン
分類 内水面魚介類 カメ目スッポン科1
別名  
学名 Pelodiscus sinensis
分布 本州以南の砂泥質の河川中流域、湖沼、養殖
流通状況 通年・時々 旬:秋
特徴 甲長20cm程度。甲羅はほかのカメのように硬くなく、柔らかである。鋭い歯を持つ。
特記事項:歯が鋭く、指に噛みついて食いちぎることがあるので、取り扱いに注意を要する。
調理法等 鍋物、揚げ物、煮物等

もどる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 索引へ