メニューの終端です。

サイトマップ

食育ネットあいち 「毎月19日はおうちでごはんの日」

市町村や関係団体による食育の取組紹介 トップ	ページにもどる

このページでは、市町村や関係団体による食育の取組を紹介していきます。

愛知県産の新鮮な魚を使った親子料理教室
高浜市こども育成グループ翼児童センター
平成27年8月29日(土) 翼児童センター


 高浜市では、こども食育推進協議会を中心に食育を推進しており、児童センターでも積極的にクッキング教室を行っています。
 今回、子どもたちにあまり親しみのない魚を楽しく料理しておいしく食べてもらおうと、漁業士の協力を得て、教室を企画しました。
 タコを丸ごと1匹ぬめり取りしてタコ飯にしたり、アナゴを背開きして煮付けや天ぷらにしたり、イワシの手開きやヤリイカ、ガザミの処理など親子でさまざまな体験ができました。
 通常の教室は、子どもだけの参加で、親は話を聞くだけでした。今回親子で同じ体験をしたことで、教室中だけでなく家庭でも親子共通の話題となりました。
 また、普段見えない両親の頑張る姿は、子どもの心に素敵な思い出として記憶されたと思います。

写真:さかなに触る

        触ってみよう

写真:さかなをさばく

        さばいてみよう


生産者と児童生徒の交流
大治町内小中学校
平成26年6月 大治町内小中学校


 6月の食育の日の前に、給食委員会の児童生徒が、町内の生産者の畑を見学して話を聞かせていただいています。
 畑見学の内容や感想を、たよりや掲示物、給食放送等で全校に知らせています。
 また、食育の日には、生産者と児童の会食を実施し、野菜についての話を聞いたり、質問に答えていただいたりしています。
生産者の方から直接話を聞くことで、児童生徒が地元の野菜や生産者を身近に感じることができています。
 継続して実施し、全校に紹介することで「地産地消」という言葉が定着してきました。
 より多くの児童生徒が直接生産者と関わることができる機会を設けることが今後の課題です。
写真:生産者のお話をきく児童生徒

       生産者のお話をきく

写真:畑を見学する児童生徒          畑を見学

60歳からの健康・栄養教室
みよし市・みよし市食生活改善推進員
平成25年6月 みよし市



 みよし市・みよし市食生活改善推進員は、食事を通して栄養や健康について関心を持ってもらおうと、60歳以上の市民を対象に栄養・健康教室を開催しました。
 健康やバランスの良い食事について管理栄養士などが講話を行い、食や健康について理解を深めました。
  その後、食生活改善推進員の指導の下、調理実習で簡単にできるメニューに挑戦し、参加者全員で食べることで、食生活への関心を持ってもらうことや、料理をすることに興味を持ってもらいました。
 参加者の方からは、「今まで料理をすることがなかったが、今後は挑戦したい」などの感想が聞かれました。

写真:健康について学ぶ         みんなで健康
写真:調理実習

      調理実習も行いました


ランチルーム事業「おせち料理を作ろう」
愛知郡東郷町
平成24年12月25日(火) イーストプラザいこまい館 ランチルーム


 東郷町では、町内児童館の食育事業として、東郷町食生活改善推進員さんの指導の下、ランチルーム事業(いわゆる料理教室)を開催しています。
 お正月を控えた今回は、児童館から小学3年生から6年生の子どもたち(24名)が集まり、おせち料理を作りました。
 メニューは、「八幡巻き」「紅白なます」「田作り」「松風焼き」、魚肉ソーセージを使ってアレンジした「梅花」に、彩りの「ブロッコリー」を加えた全6種類。食改さんの下準備のおかげで、2時間で盛り付けまでして完成させることができました。
 試食をしながら、おせち料理に込められた意味を聞き、日本の食の伝統についても学びました。

写真:おいしそうなおせち料理

 おいしそうなおせち料理ができました

写真:調理をする様子

     調理に取り組む子どもたち


男子!自立クッキング
愛西市
平成24年12月4日(火)、5日(水) 佐織保健センター


 市の食育推進事業の一環として、経済課、健康推進課、栄養教諭、食生活改善推進員、市内高等学校(2箇所)等との共同事業として、若い男性の生活習慣病予防を目指し、これから社会で自立した生活を送る可能性のある高校3年生の男子を対象に「男子!自立クッキング」を実施しています。
 この取組は、調理実習と講義を通して食の側面から健康的な生活を送るためのスキルを身に付けてもらえるような内容となっています。また、地元の農業高校で栽培された農産物(米、ハクサイ、レタス等)や、地元品評会で入賞した農家の食材を入手するなど、愛西市でとれた食材を積極的に使い、地産地消にも目を向けられるようにしています。
今年度のメニューは、きのこソースハンバーグ、野菜たっぷり汁、おかかサラダ、ホットアップルパイです。

写真:調理をする様子

     真剣に取り組んでいます

写真:出来上がったメニュー

 地産地消と栄養バランスに配慮した
 メニュー



農林水産部食育消費流通課
食育推進グループ
052-954-6396(ダイヤルイン)
shokuiku@pref.aichi.lg.jp

  • 農林水産部食育消費流通課
  • 愛知県農林水産部 ONLINE INDEX
  • 愛知県のトップページへ

Copyright ©Aichi Prefecture. All rights reserved.