サイトマップ

食育ネットあいち 「毎月19日はおうちでごはんの日」
トップページに戻る

おうちでごはん

近年、家族それぞれの生活時間のずれ、単身世帯の増加など、家族の在り方が変化し、家族そろって食事をする機会が減っています。食卓を囲んでの食事を今一度見直してみたいものです。

家族の団らんの役割

家族とコミュニケーションをとりながら食事をすることは、次のような良い点があります。

家族の団らん

  • 食事が楽しくなる   

    まず、何よりもみんなと一緒の食事は楽しいです。さらに、買物・調理を一緒に行えば、一層きずなを深めてくれます。

  • 食文化・マナーの伝承   

    箸の正しい持ち方や食事の作法・マナー、食文化などを親が子供に伝えることで、良い習慣や正しい知識を身につけることができます。

  • 規則正しい食生活づくり   

    1人の食事では、簡単な献立になったり、時間も不規則になったりしがち。1日3食、規則正しく、バランスの良い食事を、家族一緒に習慣づけていきましょう。

おうちでごはんの日

「あいち食育いきいきプラン」では、「食育の日」である毎月19日に合わせ、この日を「おうちでごはんの日」とし、早めに帰宅して、家族や友人と一緒に食卓を囲むよう勧めています。
家族の生活時間が異なる中で、毎日は難しいかもしれませんが、週に1回、月に1回からでも、そうした機会を作っていきましょう。

おうちでごはんの日ロゴ

あいちの目指す食育

家族や友人と一緒に楽しく食事をする人の割合

(1日最低1食、家族や友人と一緒に楽しく30分以上かけて食事をする人の割合)

  • 77.4%〔H27〕 → 80%以上〔H32〕

あいち食育いきいきプランの詳しい説明は >>

ワーク・ライフ・バランス

食を楽しむゆとりを確保するためには、「仕事」と「生活」の調和を図る「ワーク・ライフ・バランス」が大切です。
愛知県では、「ワーク・ライフ・バランス」の推進のために、労働者や経営者を対象としたキャンペーンやセミナーを実施したり、社員がライフステージに応じて多様で柔軟な働き方を選択できる制度や職場環境整備に取り組んでいる企業を「ファミリー・フレンドリー企業」として登録を推進したりして、応援しています。
家族や仲間と「食」を楽しむことによって、明日への仕事の新たな活力も生まれることでしょう。

ワークライフバランス

参考ウェブページ

しあわせ通りの人々。〜マンガでわかるワークライフバランス〜 (愛知県産業労働部労働福祉課)

主人公たちが子育てや介護などそれぞれのワーク・ライフ・バランスに取り組むストーリーマンガと解説。



農林水産部食育消費流通課
食育推進グループ
052-954-6396(ダイヤルイン)
shokuiku@pref.aichi.lg.jp

  • 農林水産部食育消費流通課
  • 愛知県農林水産部 ONLINE INDEX
  • 愛知県のトップページへ

Copyright ©Aichi Prefecture. All rights reserved.