サイトマップ

食育ネットあいち 「毎月19日はおうちでごはんの日」
トップページに戻る

地産地消

地産地消とは、地域で生産されたものを、地域で消費(食べる・利用する)ということで、昔から「その地域で育まれた旬の農林水産物を食べるのが健康によく、おいしい」という考え方が基本にあります。

地産地消にはこんなに良いことが

身近な食べ物の消費や利用を進めることは、遠くから運ばれてくる食べ物を使うよりも、輸送にかかるエネルギーを節約できます。排出ガスも軽減されるため、環境に優しい取組だといえます。
また、地産地消の効果は環境面だけにとどまりません。

「生産者」と「消費者」の結びつきが強くなり、「顔が見える関係」ができる

  • 消費者が生産状況などを確かめやすく、新鮮な農林水産物も消費できる
  • 地域の食材を活用して、地域の伝統的な食文化の継承につながる
  • 食べ物の生産に対する理解が深まり、食べ物を大切にする心が育まれる
  • 消費者ニーズに合った生産が可能になる

地域の活性化につながる

  • 生産者と観光事業者等との連携による地場農林水産物の消費の拡大
  • 小規模な生産者への所得機会の創出

といった効果が期待されます。
ぜひ、地元産の農水産物を優先して購入したいですね。

愛知県は全国6位の農業県

愛知県は、全国一の工業県であると同時に、全国有数の農業県です。身近なところで様々な農産物が生産され、キャベツ、ふき、大葉、いちじく、うずら卵などの生産は日本一です。さらに、伊勢湾、三河湾は魚介類の宝庫として知られており、あさり類やガザミ類の漁獲量も日本一です。
愛知県が全国上位を占める農水産物には、こんなものがありますよ。


平成23年・産出額(水産物は漁獲・生産量)
参考ウェブページ

愛・地産アラカルト (愛知県園芸農産課)

野菜・果物から畜産物まで、愛知県の主な農産物について、詳しく紹介されています。

水産課ホームページ (愛知県水産課)

愛知県の水産物についてのパンフレットや、統計資料などが掲載されています。

いいともあいち運動

「いいともあいち運動」とは、消費者と生産者が力を合わせ、地産地消で愛知県の農林水産業を支えていこうという運動です。
「いいともあいち」という名前には、

  • 県内の消費者と生産者がいい友関係になる
  • Eat more Aichi products.(イートア・アイチ・プロダクツ)=もっと愛知県産品を食べよう!

という意味が込められています。
県内には、県産品を積極的に取扱う販売店や飲食店である「いいともあいち推進店」がおよそ800店展開しています。また、県産品の目印「いいともあいちシンボルマーク」が付いた商品も増えています。

いいともあいちロゴマーク

参考ウェブページ

あいちの農林水産フェア(愛知県食育推進課)

食育、花育、地産地消、環境をテーマに開催します!県産農林水産物や加工食品の紹介と販売など。

いいともあいち情報広場 (愛知県食育推進課)

いいともあいち推進店の情報のほか、県の地産地消の取組を紹介しています。

農ある暮らし

農林水産業は食料の供給のみならず、国土や環境、生物多様性の保全など、多様な機能を持っています。
農林水産業が果たしている役割を知ることは、地域の農林水産業の大切さやその営みによって生み出された農林水産物の価値を理解することにつながります。さらに、農林水産業に親しむ活動を生活の中に取り入れることができれば、それは知らず知らずのうちに地域の農林水産業を応援していることになり、また、自らの健康的な生活にもつながっていきます。
愛知県では、このような「農林水産業が身近に感じられる活動」を実践することを『農のある暮らし』と呼び、推進しています。

農ある暮らし

参考ウェブページ

「農のある暮らし」を実践しましょう (愛知県農林政策課)

「農ある暮らし」を「学ぶ」「参加する」などの情報へのリンクを掲載しています。



農林水産部食育推進課食育推進グループ
052-954-6396(ダイヤルイン)
shokuiku@pref.aichi.lg.jp

  • 農林水産部食育推進課
  • 愛知県農林水産部 ONLINE INDEX
  • 愛知県のトップページへ

Copyright © 2007-2012, Aichi Prefecture. All rights reserved.