メニューの終端です。

サイトマップ

食育ネットあいち 「毎月19日はおうちでごはんの日」
トップページに戻る

食と農をつなぐ体験事例

食育の基本は「体験」にあります。県では、「食」とそれを生み出す「農林水産業」を体験し、学ぶ活動を推進しています。野菜の栽培や調理の体験や、生産者との交流など、各地域で取り組まれている事例を紹介します。

食農体験講座「種まきからそば打ちまで」
団体名:豊川市・豊川市農業委員会
実施日:平成25年8月30日(金)、11月23日(土)、12月14日(土)
場所:豊川市三谷原町ほ場、ひまわり農協「わいわいホール」


<行事内容>

この講座は、そばを題材として、種まきからそば打ちまでの一連の過程を通して、農業への理解と食への感謝の気持ちを育むことを目的に開催しました。
小学1年生から6年生とその保護者10組が参加し、1日目に種まき、2日目に刈取りと石臼を使ったそばびき、そばがき作りの体験を行い、作ったそばがきをおしるこに入れて味わいました。3日目はそば打ち体験をしました。
参加した児童からは、「大好きなそばがどのようにして作られているのかがよく分かって良かった」と好評で、「豊川市内でもそばが生育し、収穫できることに驚きました」などの感想も聞かれました。
また、今回の取組は、食育の推進とともに耕作放棄地の解消を目的としており、そばを作付けた畑は、農業委員が耕作放棄地を草刈りや耕起を行い、再生したものです。

食農体験講座「種まきからそば打ちまで」

初めてのそばびきにみんな真剣

食農体験講座「種まきからそば打ちまで」

親子で協力してそばを打ちました

小学生チーズ作り教室
団体名:西尾青年会議所
実施日:平成25年8月25日(日)
場所:西尾市一色町体育館


<行事内容>

市内小学生100名を対象に、TOKUプロジェクトが開催されました。
このプロジェクトは、子供たちにスポーツや食事を通して日常生活に必要な礼儀作法やあいさつの重要性を学んでもらうことを目的にしています。
この中で、食べ物の大切さを知ってもらうことをねらいとした「食育の時間」が設けられ、酪農教育ファームの北村克己氏、小笠原正秀氏によるチーズ作り教室が行われました。

最初に、北村氏は、乳牛の実物大の絵を前に、牛たちが身を削って毎日牛乳を生産していること、酪農家も毎日栄養のあるエサを作り、健康管理にも注意を払い、牛たちをとても大切に育てていることを子供たちにやさしく語りました。
そして、食べ物を頂くことは動物や植物の命を頂くことであり、感謝していただかなければならないことを伝えました。

チーズづくり作業は、あらかじめ準備されたカード(牛乳を酵素で固めた物)を食塩の入った85℃の熱湯で軟らかくし、よく練り上げ、氷水で冷やし固めた後、棒状に引き延ばし、はさみで切断して完成という簡単な工程で、北村氏らの丁寧な指導のもと、子供たちは楽しみながら進めることができました。
子供たちは、いつも食べているチーズができる過程を自ら確認できた様子で、自分で作ったチーズを笑顔で満足げに食べながら、食べ物の尊さを感じ取っていました。

小学生チーズ作り教室

子供たちに説明する北村氏

小学生チーズ作り教室

熱心にチーズを作る子供たち


子供食育体験教室 〜水産業を学びます〜
団体名:幸田町
実施日:平成25年9月28日(土)
場所:丸千水産株式会社・三谷漁港(蒲郡市三谷町)


<行事内容>

町内小学生12名を対象に食育体験教室が開催され、漁業の現場を見学、体験し、私たちが日頃食べている魚介類について知識を広めることを目的に、蒲郡市三谷町の丸千水産(株)及び三谷漁港を訪問しました。

丸千水産(株)では、千賀社長から、三河湾で取れる四季おりおりの魚について興味深い説明を受け、魚が大好きで集まった子供たちは興奮し質問が絶えませんでした。水産物加工場では、-25℃の製品保管庫の寒さを体感するとともに、メヒカリと冷凍エビの包装・袋詰め作業を体験し、店頭で目にする商品の形になるまでを楽しんで作業することができました。

三谷漁港では、小林組合長から、漁師の生活や漁の手法、漁港に水揚げされる魚について、自らの体験を交えた説明を受けた。ここでも子供たちの質問が集中し、組合長も大変うれしそうでした。その後、三河湾の素晴らしい景色を望む港に出てからも、底引き網漁船や活魚水槽を目にした子供たちは、活発に質問し、笑顔と歓声が絶えませんでした。

参加した子供たちは、海から取れた魚が食卓へ届くまでをしっかり確認できた様子で、大変充実した体験教室となりました。同時に、多くの人々のおかげで新鮮な魚介類が食べられることについて、感謝の気持ちが育まれたことでしょう。

子供食育体験教室 〜水産業を学びます〜

水産加工品の包装・袋詰め体験

子供食育体験教室 〜水産業を学びます〜

活魚水槽をのぞきこむ子供たち




農林水産部食育消費流通課
食育推進グループ
052-954-6396(ダイヤルイン)
shokuiku@pref.aichi.lg.jp

  • 農林水産部食育消費流通課
  • 愛知県農林水産部 ONLINE INDEX
  • 愛知県のトップページへ

Copyright ©Aichi Prefecture. All rights reserved.