メニューの終端です。

サイトマップ

食育ネットあいち 「毎月19日はおうちでごはんの日」
トップページに戻る

雑煮

(もち×もち菜×とり肉)愛知県全域の郷土料理

お正月に食べられる雑煮は、だしの素材や味付け、もちの形状、具などが、地域によってさまざまである。愛知県では、しょうゆ味、焼かない角もち、もち菜、とり肉の具が一般的である。

料理写真:雑煮

〈1個〉330kcal 塩分:2.1g

材料(4人分)

もち(角もち) 8個
もち菜 80g
とりもも肉 100g
かつお節 適宜
Aだし汁 600ml
A 大さじ1
Aみりん 大さじ1
A 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ2

料理してみよう!

  1. 1

    もち菜は4pの長さに切り、とりもも肉は小さく切る。

  2. 2

    鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら、もちと(1)のとりもも肉を入れる。

  3. 3

    もちが柔らかくなったら、もち菜を入れ、火が通ったらしょうゆを加えて器に盛り、好みでかつお節を添える。


料理のポイント

  • もち菜が手に入らないときはこまつ菜でもよい。
  • 具はもち菜だけの家庭もある。
  • かまぼこ、しいたけなどを入れる地域もある。

料理の履歴書

  • 『あいちの伝統野菜』に選定されている「もち菜」は、愛知県の雑煮には欠かせない具である。
  • 愛知県ではもち米そのものがおいしいため、ほかの具を入れる必要がなかった。
  • 沿岸部には、秋に釣ったはぜを少しあぶって干した「焼きはぜ」を雑煮のだしにする地域がある。

私の思い出

お正月に親戚や近所の人が集まって庭で餅つきをしました。つきたてのもちを雑煮に入れるので、一層おいしく感じました( 60代・男性)
嫁ぎ先でだしを使わない、たまりとかつお節だけのお雑煮に出会い、素材のおいしさに驚きました。(50代・女性)



農林水産部食育消費流通課
食育推進グループ
052-954-6396(ダイヤルイン)
shokuiku@pref.aichi.lg.jp

  • 農林水産部食育消費流通課
  • 愛知県農林水産部 ONLINE INDEX
  • 愛知県のトップページへ

Copyright ©Aichi Prefecture. All rights reserved.