ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別選考

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月26日更新

 愛知県では、幅広い人材を登用するため、一般選考のほかに、様々な特別選考を実施しています。

1 昨年度補欠者に対する特別選考

  「平成29年度愛知県公立学校教員採用選考試験」を受験し、選考結果が「補欠」であった方が、 「平成29年度愛知県公立学校教員採用選考試験」のときと同一の受験区分・教科(科目)で受験する場合は、所定の手続きにより第1次試験を免除します。

2 障害者選考

  身体障害者手帳をお持ちの方で、その障害の程度が1級から6級までの方については、選考試験の実施にあたり障害の程度に応じた配慮をしています。これまでの試験での具体的な配慮事例は、点字試験、試験問題の拡大、試験時間の延長、拡大用ルーペの使用、車椅子受験、別室受験、手話通訳等補助員の配置、口頭説明事項のプリント配布などです。
  一般選考や次に記載の選考と併せて障害者選考に出願することができます。
  愛知県は、障害のある方の教員採用を積極的に行っています。

3 障害者大学推薦特別選考

  身体障害者手帳の交付を受け、その障害の程度が1級から6級までの方で、愛知県、岐阜県及び三重県内の大学(短期大学、大学院を含む。)を卒業見込の方、大学院及び専攻科に在籍している方、又は大学・大学院を卒業後5年以内かつ愛知県公立学校教員採用選考試験を受験したことのある方で、大学の学長又は学部長の推薦が得られた方を対象とした特別選考です。書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。

4 大学推薦特別選考

  「中学校教諭・数学」「中学校教諭・理科」「中学校教諭・技術」「高等学校教諭・数学」「高等学校教諭・理科」「高等学校教諭・工業」「特別支援学校教諭・数学」「特別支援学校教諭・理科」「特別支援学校教諭・技術」及び「特別支援学校教諭・工業(機械)」の受験区分・教科について、書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。

5 外国語堪能者選考

  受験区分が「小学校教諭」「中学校教諭」「高等学校教諭」「特別支援学校教諭」のいずれかで、外国語(ポルトガル語、スペイン語、中国語、フィリピノ(タガログ)語)が堪能な方を対象にした選考です。第1次試験の口述試験に加えて、当該外国語による面接を行います。それ以外については、一般選考と同様です。

6 元教諭・講師経験者特別選考

  元教諭や常勤講師として次のような勤務実績を有する方を対象とした特別選考です。
(1) 過去に国立大学法人が設置する学校又は公立学校において正規任用の教諭・養護教諭・栄養教諭としての勤務実績が3年以上
(2) 直近の7年間における、国立大学法人が設置する学校又は公立学校での講師(非常勤講師を除く。)・養護教諭・栄養教諭としての勤務実績が3年以上
  (1)又は(2)の勤務実績を有する方を対象として書類選考を行い、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。なお、(1)の勤務実績と(2)の勤務実績は合算できます。

7 介護理由退職者特別選考

  愛知県内の公立学校(名古屋市立学校を除く。)の正規任用教員であったが、平成24年3月31日以降に、介護を理由にして退職し、出願時に退職校の校長が作成した「介護理由退職者特別選考証明書」の提出ができる方を対象とした特別選考です。書類選考の結果、相当と認めた方は、第2次試験の集団討議、個人面接小論文での選考となります。

8 現職教諭特別選考

  国立大学法人が設置する学校又は公立学校の教諭・養護教諭・栄養教諭として3年以上の勤務実績を有する現職の方を対象にした特別選考です。書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。

9 芸術(音楽・美術)・スポーツ特別選考

  音楽・美術の分野又はスポーツの分野で、国際レベルのコンクールや競技会における実績のある方や、国内における全国レベルのコンクールや競技会において最優秀又は団体あるいは個人で第1位の成績を収めた方を対象とした特別選考です。書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。

10 英語有資格者特別選考

  TOEFLにおいてPBT580点以上(iBT92点以上)、TOEICにおいて860点以上、実用英語検定1級取得者を対象とした特別選考です。第2次試験の実技試験を免除します。

11 社会人特別選考

  民間企業、官公庁等の常勤の職にある方や青年海外協力隊として派遣実績のある方を対象にした特別選考です。出願時には、「社会人特別選考申告書」及び証明書類が必要となります。書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験は論文試験と口述試験での選考となります。

12 特別支援教育に関する特別選考

   「小学校教諭」及び「中学校教諭」の受験区分へ出願した人に対しては、第1次試験の成績に加味し、「特別支援学校教諭」の受験区分へ出願した人に対しては、第1次試験の筆記試験に代えて、論文試験を行います。

13 教職大学院修了見込者特別選考

  現在教職大学院に在籍し、受験年度の末日(平成30年3月31日)までに修了見込みの方について、書類選考の結果、相当と認めた方は、第1次試験を免除します。

14 大学院進学による採用辞退者に対する特別選考

  「大学院進学による採用辞退者への措置」に該当する方を対象とします。所定の手続きにより採用選考試験は、第2次試験の口述試験のみの選考とします。

15 小学校英語特別選考

   この特別選考の出願資格要件(所定の検定を取得)を満たし、「小学校教諭」の受験区分へ出願した人に対して、第1次試験の成績に加味します。