ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 「陶&くらしのデザイン展2017」を瀬戸蔵で開催します-あいち産業科学技術総合センターはじめ全国の試験研究機関が出展-

「陶&くらしのデザイン展2017」を瀬戸蔵で開催します-あいち産業科学技術総合センターはじめ全国の試験研究機関が出展-

 あいち産業科学技術総合センター瀬戸窯業技術センター(以下、センター)をはじめ、陶磁器に関係する全国の試験研究機関が食器やインテリア・エクステリアなどの試作品やデザイン開発成果を一堂に集めて公開展示する「陶&くらしのデザイン展2017」を、平成29年7月6日(木曜日)から10日(月曜日)までの5日間、瀬戸蔵(瀬戸市)で開催します。
 センターからは、平成28年度研究成果である、蓄光(ちっこう)※1素材で加飾した白雲(はくうん)陶器※2のセトノベルティ※3と、センターの技術支援により商品化された、カーボンナノチューブ※4(以下、CNT)を活用した電子レンジ調理器を出品します。
 また、セトノベルティは平成29年7月6日(木曜日)からパリで開催される「Japan Expo Paris※5」にも出品されます。
 専門家はもとより、一般の方にも楽しんでいただける陶磁器産地ならではのイベントとなっていますので、是非御来場ください。

1  展示会の概要

(1)名称

 陶&くらしのデザイン展2017

(2)会期

 平成29年7月6日(木曜日)から7月10日(月曜日)までの5日間

 午前10時から午後6時まで(最終日は午後4時まで)

(3)会場

 瀬戸蔵(4階 多目的ホール)

 (瀬戸市蔵所町1番地の1)

 電話:0561-97-1555

(4)入場料

 無料

(5)出展機関

 陶磁器に関係する全国の11試験研究機関
 (陶&くらしのデザインコンソーシアム参加機関(一般財団法人日本陶業連盟を除く))

(6)展示内容

 陶磁器を中心とした食器、食卓用品、インテリア・エクステリア用品などの試作品やデザイン提案(開発コンセプトや製品アイデア)など、全国の試験研究機関が独自に、あるいは地域の企業・業界と共同で開発した成果品を展示します。

(7)主催

陶&くらしのデザインコンソーシアム
 国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター産学官連携推進室が核となり、陶磁器産業技術に関わる全国の公設研究機関、陶磁器産業に関わる団体から構成されています。

※コンソーシアム参加機関:
 国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター
 茨城県工業技術センター 笠間陶芸大学校
 岐阜県セラミックス研究所
 土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
 瑞浪市窯業技術研究所
 あいち産業科学技術総合センター 瀬戸窯業技術センター
 三重県工業研究所 窯業研究室
 滋賀県工業技術総合センター 信楽窯業技術試験場
 地方独立行政法人京都市産業技術研究所
 愛媛県産業技術研究所 窯業技術センター
 長崎県窯業技術センター
 一般財団法人日本陶業連盟

 〇陶&くらしのデザインコンソーシアム事務局
  国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター産学官連携推進室
   〒463-8560 名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98
   電話:052-736-7370  FAX:052-736-7403

(8)共催

 瀬戸市、瀬戸焼振興協会、瀬戸地域窯業技術協議会

2  陶&くらしのデザイン展とは

 デザインや技術が人々の生活を潤すとともに、産業の活性化に寄与している姿を実感してもらうことを目的に開催されている展示会です。昭和39年に「陶磁器試験研究機関作品展」として発足し、その後、「陶&くらしのデザイン展」へと名称が変更になりました。今回で54回目の開催となります。

 陶&くらしのデザイン展は、本展と巡回展で構成されており、今回瀬戸で開催されるのは本展です。本展はその年の最初に開催される規模の大きなイベントです。本展が瀬戸で開催されるのは12年連続です。本展の後に岐阜展を開催します。
 〇岐阜展:平成29年10月14日(土曜日)から10月18日(水曜日)まで
   場所:セラミックパークMINO (岐阜県多治見市東町4-2-5)

3  あいち産業科学技術総合センター瀬戸窯業技術センターの出展内容

(1)蓄光セトノベルティ
 本センターが、産地企業と協力して製品開発した暗所で幻想的に発光する、軽量で色鮮やかなセトノベルティです。暗所で絵柄やパーツが発光する西洋人形や、水に浮かべる金魚やカエルのオーナメント等、本センターが平成28年度に白雲陶器の高付加価値化のために開発した蓄光釉薬を活用したノベルティ製品です。
(協力企業 株式会社カミオ、E&Cリサーチ)

         蓄光セトノベルティ

「西洋人形」(左:明所、右:暗所)

      「西洋人形」(左:明所、右:暗所) 

「金魚」(左:明所、右:暗所)

       「金魚」(左:明所、右:暗所)

「カエル」(左:明所、右:暗所)

      「カエル」(左:明所、右:暗所)

(2)電子レンジで加熱調理ができるセラミック・スチーマー
 センターが産地企業を技術支援して開発した電子レンジで効率的に加熱することができるセラミック製調理器です。製品の底裏面にマイクロ波※6を吸収しやすいCNTを塗布し、CNTや食材の水分が電子レンジのマイクロ波のエネルギーを吸収して発熱する仕組みにより効率的に加熱することができます。
※調理方法、食材の水分量により加熱効率は異なります。
(指導企業 株式会社セラミック・ジャパン)

セラミック・スチーマー 商品イメージ

     セラミック・スチーマー 商品イメージ

【用語説明】
用語説明
※1
蓄光
 光を蓄えて発光する物質の性状。身近な例としては、時計の文字盤や針に「夜光塗料」として利用されている。
※2
白雲陶器
 わが国で開発された白雲石を含有する石灰質の軟質陶器。低火度焼成可能で軽量、低収縮、低コストなど優れた特徴から、セトノベルティの量産に盛んに用いられている。
※3
セトノベルティ
 瀬戸では主に輸出向けの陶磁器製の人形や置物、装飾品などを総称して「ノベルティ」と呼ぶ。「セトノベルティ」とは他のノベルティとの差別化を図り、販路開拓及び拡大を目的として、瀬戸陶磁器工業協同組合が平成26年8月に登録した商標(第5697016号)。
※4
カーボンナノチューブ
 炭素原子が網目状に結びついて、非常に細い筒型の形状をしているもの。
※5
Japan Expo Paris
 フランスのJTS Groupが主催する日本文化の総合見本市。フランスのパリ郊外で開催され、漫画やアニメ等の大衆文化から書道、武道、茶道等の伝統文化まで、幅広い日本文化を紹介する。
 第18回Japan Expo Paris 2017
  Webサイト(仏語・英語):http://www.japan-expo-paris.com/
  Webサイト(日本語): http://www.japan-expo-france.jp/jp/
   会期:平成29年7月6日(木曜日)から平成29年7月9日(日曜日)まで
   会場:パリ・ノール・ヴィルパント展示会場
※6
マイクロ波
 波長が最も短い領域の電波。主に電子レンジの加熱に活用される。