ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > “炭素繊維複合材料”に関する講演会の参加者を募集します -研究成果品や試作・評価装置の見学会を同時実施-

“炭素繊維複合材料”に関する講演会の参加者を募集します -研究成果品や試作・評価装置の見学会を同時実施-

 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センターでは、繊維強化複合材料開発に取り組む中小企業に対し、技術相談・指導、情報提供、人材育成、材料研究など、総合的な支援を行っています。
 その一環として、“炭素繊維複合材料(CFRP)※1”に焦点を当てた講演会を平成29年10月13日(金曜日)に開催します。
 本講演会では、CFRPに関する研究に長年携わってきた大同大学工学部総合機械工学科特任教授平 博仁 (ひらひろひと)氏をお招きし、「CFRP部材の設計・保証における技術課題」について、アルミ合金などの軽金属材料の場合と比較しながら、分かり易く解説していただきます。
 また、CFRPに関する知の拠点あいち重点研究プロジェクト※2 I期での成果事例と同II期での取組事例を紹介するとともに、研究成果品や試作・評価装置(デモ)の見学会を同時に実施します。
 多くの皆様の御参加をお待ちしております。

1 日時

 平成29年10月13日(金曜日) 午後1時30分から午後4時15分まで

2 場所

 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター 1階 研修室
 (愛知県蒲郡市大塚町伊賀久保109)
 電話: 0533-59-7146

3 主催

 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター

4 内容

(1)開会挨拶(午後1時30分~午後1時35分)
 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
 センター長 西村美郎 (にしむらよしろう)

(2)講演(午後1時35分~午後3時5分)
 「CFRP部材の設計・保証における技術課題」
 大同大学 工学部 総合機械工学科 
 特任教授 平 博仁 (ひらひろひと) 氏

(3)事例紹介(午後3時15分~午後3時45分)
 「知の拠点あいち重点研究プロジェクトでの研究事例のご紹介」
 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
 産業資材開発室 主任研究員 原田真 (はらだまこと)

(4)見学会(希望者のみ)(午後3時45分から午後4時15分)
 ア 研究成果品
   ・CFRP軸構造体(ロボットアーム及びツールホルダー)
   ・リサイクルCFを用いた中間基材(不織布及び樹脂ペレット)
   ・CFRP織物基材(カバリング糸を用いた織物とそのプレス成形品)
 イ 試作・評価装置
   ・二軸押出機及び射出成形機
     熱可塑性CFRP製歯車の射出成形(デモ)
   ・複合材界面特性評価装置※3
     炭素繊維とマトリックス樹脂の界面せん断強度の測定(デモ)

5 参加費

 無料

6 対象者

 技術開発に取り組む企業の方々を始め、どなたでも参加できます。

7 定員

 50名(申込先着順)

8 申込方法

 ・参加申込書 [PDFファイル/395KB]に必要事項を記入の上、FAX 又は電子メールでお申し込みください。
 ・申込書は、あいち産業科学技術総合センターのWebページ(http://www.aichi-inst.jp/news/)からダウンロードできます。

9 申込期限

 平成29年10月12日(木曜日)午後5時(必着)
 ※定員に達し次第、締め切ります。御了承ください。
 ※参加受付票は発行しません。お申込みの上、直接会場へお越しください。
  なお、定員超過の場合は御連絡させていただきます。

10  申込先及び問合せ先

 あいち産業科学技術総合センター
 三河繊維技術センター 産業資材開発室(担当:原田、山口、山本)
 〒443-0013  愛知県蒲郡市大塚町伊賀久保109
 電話:0533-59-7146    FAX:0533-59-7176
 E-mail:mikawa@aichi-inst.jp
 URL:http://www.aichi-inst.jp/mikawa/ 

【用語説明】
用語説明
※1
炭素繊維複合材料(CFRP)
 炭素繊維と樹脂からなる複合材料。炭素繊維複合材料(CFRP)は高強度であり、金属等の競合材料と比較して圧倒的な軽量化が実現できる。現況では、航空機や風力発電、圧力容器などの用途に加え、自動車用途においての採用が拡大している。
※2
知の拠点あいち重点研究プロジェクト
 高付加価値のモノづくりを支援する研究開発拠点「知の拠点あいち」を中核に実施している産学行政の共同研究開発プロジェクト。平成23年度から27年度まで「重点研究プロジェクト(I期)」を実施し、平成28年度からは「重点研究プロジェクト(II期)」を実施している。
※3
複合材界面特性評価装置
 CFRPの性能を左右する重要な因子の一つである炭素繊維と樹脂との密着性を評価することができる装置。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)