ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > あいち産業科学技術総合センター > 総合技術支援セミナーの参加者を募集します!『炭素繊維の特性を生かしたモノづくり ~新製品開発のヒント~』

総合技術支援セミナーの参加者を募集します!『炭素繊維の特性を生かしたモノづくり ~新製品開発のヒント~』

 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センターでは、豊橋商工会議所繊維業部会、豊橋繊維振興会と連携して、モノづくりに取り組む地域中小企業を対象に、近年、様々な産業分野で用途が拡大している炭素繊維複合材料(CFRP)※1に焦点を当て、新製品開発のヒントとなるセミナーを開催します。
 本セミナーでは、企業の第一線で炭素繊維の製造からCFRPの成形・加工まで幅広い技術に長年携わってきたGACT代表の石川 源 (いしかわ げん)氏をお招きし、炭素繊維の特性を生かしたモノづくりについて、具体的な製品例を数多く交えながら分かりやすくお話ししていただきます。また、分析機器メーカーで先端評価技術に携わっている株式会社島津製作所の大河内 宏和 (おおこうち ひろかず)氏より最新のX線CT※2技術を用いた繊維複合材料の内部観察事例について紹介していただきます。
 参加は無料です。多くの皆様の御参加をお待ちしています。

1 日時

 平成30年2月16日(金曜日) 午後2時から午後4時まで(受付開始:午後1時30分)

2 場所

 豊橋商工会議所 会議室
 (豊橋市花田町字石塚42-1)
 電話:0532-53-7211

3 主催

 あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
 豊橋商工会議所繊維業部会
 豊橋繊維振興会

4 内容

 (1)講演(午後2時~午後3時30分)
   「炭素繊維の特性を生かしたモノづくり ~新製品開発のヒント~」
      講師:GACT 代表
          先端材料技術協会(SAMPE Japan) 副会長  石川 源 (いしかわ げん) 氏

 (2)技術紹介(午後3時30分~午後4時)
   「最新のX線CT技術による繊維複合材料の内部観察事例」
      講師:株式会社島津製作所 分析計測事業部 
          グローバルマーケティング部 プロダクトエキスパートグループ
          主任   大河内 宏和 (おおこうち ひろかず) 氏

5 参加費

 無料

6 対象者

 技術開発に取り組む企業の方々を始め、どなたでも参加できます。

7 定員

 50名 (申込先着順)

8 申込方法

 ・参加申込書 [PDFファイル/411KB]に必要事項を記入の上、FAX又は電子メールでお申し込みください。
 ・申込書は、あいち産業科学技術総合センターのWebページ(http://www.aichi-inst.jp/news/)からもダウンロードできます。 

9 申込期限

 平成30年2月15日(木曜日)
 ※定員に達し次第、締め切ります。御了承ください。
 ※受講票の発行等は行いません。お申込みの上、直接会場へお越しください。
   なお、定員超過により御参加いただけない場合は御連絡させていただきます。

10  申込先及び問合せ先

 あいち産業科学技術総合センター
 三河繊維技術センター 産業資材開発室 (担当:山口、原田、山本)
  〒443-0013  蒲郡市大塚町伊賀久保109
  電話:0533-59-7146    FAX:0533-59-7176
  Mail:mikawa@aichi-inst.jp 
  URL:http://www.aichi-inst.jp/mikawa/

【用語説明】
用語説明
※1 炭素繊維複合材料(CFRP) 炭素繊維と樹脂からなる複合材料。炭素繊維複合材料(CFRP)は高強度であり、金属等の競合材料と比較して圧倒的な軽量化が実現できる。
 用途は、航空機や風力発電、圧力容器などに加え、近年では自動車にも拡大している。
 CFRPは、Carbon Fiber Reinforced Plastics(炭素繊維強化プラスチック)の略。
※2 X線CT 対象物に様々な方向からX線を照射し、集めた透過データをコンピュータで処理することにより、その内部画像を三次元的に構成する技術、あるいはそれを行うための機器。 
 CTは、Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)