ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 防災危機管理課 > ボランティア活動に関する情報

ボランティア活動に関する情報

被災地での活動をお考えの方へ

現地へ行く前に

災害時には、ボランティアの力が大きな支援となります。
しかし、それはあくまで被災地のニーズに応えることができる場合であり、ボランティアの支援が必要な時期を慎重に見極める必要があります。
被災地での受け入れ体制が整っていない状況で多数のボランティアの方が駆け付けると、かえって混乱を招く恐れがあります。
現地へ行かれる際には、社会福祉協議会や各市町村(災害ボランティアセンター)等のHPで、事前に情報を収集した上で判断するよう心掛けましょう。
早期に現地で活動中の団体からのメッセージです。(平成28年4月22日現在)

ボランティア活動保険の加入

ボランティアとして活動するためには、あらかじめボランティア活動保険に加入する必要があります。
現地でも加入することはできますが、被災地に迷惑を掛けないためにも、自宅近くの社会福祉協議会で事前に加入手続きを済ませておきましょう。

災害ボランティアの心得

地元に負担を掛けず、「自己完結」することが災害ボランティアの原則です。
食事、宿泊場所、交通手段、携行品等、現地での活動に必要なものは、各自で手配をお願いします。

「災害派遣等従事車両証明書」の発行について

熊本県からの要請に基づき「災害派遣等従事車両証明書」を発行しています。
被災地での復旧・復興にあたるための物資、人材等を輸送するための車両について、この「災害派遣等従事車両証明書」を提示することで、高速道路等料金の無料措置を受けられます。

身近にできるボランティア活動

被災地での活動だけがボランティア活動ではありません。
愛知県と協定を結んでいる「防災のための愛知県ボランティア連絡会」会員団体の中には、県内での活動や義援金の呼びかけなど、様々な形でボランティアを募集しています。