ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 文化芸術課 > あいちトリエンナーレ2016「モバイル・トリエンナーレ」の会場が決まりました

あいちトリエンナーレ2016「モバイル・トリエンナーレ」の会場が決まりました

概要

 あいちトリエンナーレ2016[会期:平成28年8月11日(木・祝)~10月23日(日)]では、主要会場の名古屋市、豊橋市及び岡崎市以外でも現代アートに身近に触れていただく機会を設けるため、県内の文化施設等において参加アーティストの作品を巡回展示する「モバイル・トリエンナーレ」を県内4か所で開催します。
 主要会場で展示される作品とは異なる作品が期間限定で展示されますので、是非お出かけください。

1 モバイル・トリエンナーレの概要

・ あいちトリエンナーレ2016会期中の週末を中心に、トリエンナーレ参加アーティストのうち15組程度のアーティストの、主要会場で展示される作品とは異なる作品30点程度を、県内4か所の文化施設等において巡回展示します。
・ 作品展示に併せ、作品ガイドツアーやワークショップなどを開催します。
・ 各会場、入場無料です。

2 開催地及び日程

 
開催市町会場日程
設楽町

設楽町田口特産物振興センター

(北設楽郡設楽町田口字向木屋3-1)

平成28年8月26日(金)~28日(日)
大府市

大府市勤労文化会館

(大府市明成町1-330)

平成28年9月9日(金)~11日(日)
一宮市

一宮市博物館

(一宮市大和町妙興寺2390)

平成28年9月16日(金)~19日(月・祝)
安城市

安城市民ギャラリー

(安城市安城町城堀30)

平成28年9月22日(木・祝)~25日(日)

3 会場の概要

設楽町田口特産物振興センター 〈設楽町〉                  
 愛知県の北東部に位置する人口約5,300人の町の中心地に建つ施設。設楽町の林業、農業の振興と地域活性化のため、特産物の展示・販売や講演会等が開催される。
〔設計:岬設計事務所 安達和利/竣工:昭和63年度〕
(豊鉄バス田口新城線田口下車 徒歩約10分)

大府市勤労文化会館 〈大府市〉
 知多半島の北端に位置する人口約9万人の都市の文化芸術を担う施設。市の芸術祭や音楽祭などの舞台公演や、成人式が行われるホールと会議室や研修室、宿泊施設を備え、多くの市民や企業に利用されている。
〔設計:安井・加藤設計共同企業体/竣工:平成2年度〕
(JR東海道本線共和駅西口 徒歩約10分)

一宮市博物館 〈一宮市〉
 愛知県の北西に位置する人口約38万人の都市の郷土の歴史や文化遺産を伝える博物館。長嶋山妙興報恩禅寺の境内に隣接した、内井昭蔵による特徴的な建築。
〔設計:内井昭蔵建築設計事務所 内井昭蔵/竣工:昭和62年度/受賞:社団法人照明学会東海支部表彰、第20回中部建築賞、一宮市建築賞、第4回公共建築賞中部地区優秀賞〕
(名鉄名古屋本線妙興寺駅南口 徒歩約7分)

安城市民ギャラリー 〈安城市〉
 愛知県の中央部西に位置する人口約18万都市の展示施設で、安城松平4代の居城を整備した城址公園に面した建物。埋文センターを併設し、歴史博物館・安祥公民館が隣接する文化ゾーンに位置する。
〔設計:株式会社大建設計名古屋事務所/竣工:平成15年度/受賞:平成15年優秀照明施設東海支部奨励賞〕
(名鉄西尾線南安城駅 徒歩約15分)

4 2013年開催の様子

 

 
展示作品ガイドツアーワークショップ
過去の展示過去のガイドツアー過去のワークショップ

5 主催

あいちトリエンナーレ実行委員会
一宮市、一宮市教育委員会(一宮市会場)
安城市、安城市教育委員会(安城市会場)
大府市(大府市会場)
設楽町、設楽町教育委員会(設楽町会場)