ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化芸術の振興 > 文化・芸術 > 愛知県図書館における図書資料の切り取り被害について

愛知県図書館における図書資料の切り取り被害について

愛知県図書館における図書資料の切り取り被害について

愛知県図書館における図書資料の切り取り被害について

この度、岐阜県図書館等において、小・中・高等学校の記念誌等の切り取り被害があった旨の報道がありました。
これを受けて、本日、愛知県図書館においても、開架中の小・中・高等学校の記念誌などを中心に同様の被害がないか調査したところ、これまでにない大規模な切り取り被害が発見されましたので、お知らせします。
被害図書は次のとおりです。

1 被害図書

県内小・中・高等学校の学校史・記念誌など611冊のうち、68冊
(内訳)
小学校   256冊のうち、 9冊
中学校    70冊のうち、27冊
高等学校  285冊のうち、32冊

2 事態判明後の対応について

(1)県内の市町村立図書館に対して、県図書館から情報提供を行うとともに、注意喚起を行いました。
(2)現在開架中の同分野の図書を、一時的に閉架書庫に移動させております。

3 その他

(1)愛知県中警察署に被害届を提出しました。
(2)図書館の蔵書の適切な取扱いについて、改めて利用者へ注意を喚起してまいります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)