ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域政策課 > 木曽岬干拓地メガソーラー設置運営事業に係る事業候補者の決定について

木曽岬干拓地メガソーラー設置運営事業に係る事業候補者の決定について

平成24年11月9日(金曜日)発表

 

木曽岬干拓地メガソーラー設置運営事業に係る事業候補者の決定について

 

三重県及び愛知県は、木曽岬干拓地メガソーラー設置運営事業を実施する事業者の選定を行い、次のとおり事業候補者を決定しました。 

 

1 事業候補者

  丸紅株式会社(住所 東京都千代田区大手町一丁目4番2号) 

 

2 事業概要

(1)想定最大出力    48,700kW(太陽光パネル容量)

(2)想定年間発電量  53,334,000kWh/年(約15,000世帯の年間使用電力量に相当)

(3)総事業費  約160億円

(4)事業期間(予定)

  ○工事期間   1年5ヶ月間

     (工事着手)平成25年5月  ~(工事完了)平成26年9月

  ○運転期間   20年間

     (運転開始)平成26年10月 ~(運転終了)平成46年9月

 

【参考】

<公募の概要>

  企画提案コンペ方式

  企画提案書提出者数 6社(企画提案コンペ参加者 6社)

【参考】
 事業の区域

三重県桑名市長島町老松地内~桑名郡木曽岬町新輪地内

愛知県弥富市曙地内 
 貸付面積 約78ha(三重県約62ha 愛知県約16ha)
 事業期間 運転開始から20年の予定

<これまでの経緯>

  7月 3日 東海農政局から事業計画の変更申請承認

  8月 3日 公募開始(ホームページに掲載)

 10月 1日 企画提案書の提出期限

 10月15日 選定委員会(企画提案コンペにて書類審査及びヒアリング)

        ( 事業者から補充の説明、有識者からの意見聴取 )

 11月 6日 選定委員会(事業候補者の選定)

 

<今後の予定>

 11月から   事業候補者による電力会社との系統連系協議(約3ヶ月)

        事業候補者による経産省への設備認定手続き(約1ヶ月)

  3月    事業候補者による電力会社への連系契約申込み

 

<事業候補者からの提案概要>

                地元自治体等と協議を進め、同意を得た上で実施

1 産業振興

(1)施設建設や事業運営において、地域の事業者を積極的に活用するなど、地域雇用の創出

   →建設期間(1年5ヵ月間に、1日あたりのピーク時300人)

   →運転期間における現地事務所設置と現地雇用(2~3名)

(2)メガソーラー関連設備については、県内で生産される部材や製品を積極的に使用

   →太陽光パネルは、国内メーカーをできる限り多く採用

   →太陽光パネルの付帯設備における地元生産品の活用

(3)総合商社の強みを活かし、地域中小企業の新事業展開に協力(勉強会等の開催)

(4)太陽光発電、太陽熱の自然エネルギーを利用し、EMS(エネルギー・マネージメント・システム)を導入したエネルギー地産地消の実現

 

2 地域貢献

(1)事業運営については、地元に、新たに発電事業会社を設立

(2)非常災害時などには、電気自動車などへの電力提供に貢献

(3)メガソーラーを活用した環境教育施設の整備を行い、地域の小中学生などの環境学習に貢献

(4)地域と共に積極的に新エネルギー導入の提言を行い、実施していくことを模索

問合せ

愛知県地域振興部地域政策課
地域整備グループ
担当 成瀬、西川 内線2323・2268
(ダイヤルイン)052-954-6095