ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 地域政策課 > 愛知県国際展示場コンセッション優先交渉権者の選定について

愛知県国際展示場コンセッション優先交渉権者の選定について

愛知県国際展示場コンセッション優先交渉権者の選定について

 愛知県は、愛知県国際展示場コンセッションの優先交渉権者の選定について、愛知県国際展示場運営等事業者選定委員会から答申を受け、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(平成11年法律第117号。)第8条第1項の規定に基づき、以下のとおり選定しましたので、同法第11条第1項の規定に基づき、客観的な評価の結果を公表します。

優先交渉権者

 「前田・GL eventsグループ」

代表企業:GL events SA ※SAは仏語で(株)の意               

構成企業:前田建設工業株式会社               

協力企業:株式会社KSAインターナショナル                  

提案のポイント

◎事業の基本方針

  • 世界トップクラスの総合的な主催運営企業を代表企業とし、その世界最先端のノウハウや世界的なネットワークを本事業に活用することで、我が国における展示会ビジネスの活性化、国際化を図る。
  • 新たな需要を創造することで、愛知県のみならず我が国全体の展示会・コンベンションビジネスの市場を拡大する。

◎世界トップクラスの事業者による世界最高レベルの展示場運営

  • グローバルネットワークを活用し、英語圏、フランス語圏、中国語圏に対し広くマーケティング・プロモーション活動を展開する。
  • 世界の展示会主催事業者、業界団体等へ働きかけ、大規模イベントを企画する。
  • 多様な関連事業による収益性の向上を図る。
  • グローバルなスキルを有する人材配置。地元雇用を促進するとともに国際感覚に優れた人材を育成(語学力に加え、グローバルなビジネス習慣や見本市・展示会ビジネススキル)する。

◎官民連携によるプロモーション展開に注力

◎保税展示場の利点の最大化とグローバルなPR

◎先進的なデジタル技術の導入による魅力ある任意事業の展開

提案された運営権対価の額

8.82億円(税抜)

 

※なお、優先交渉権者と基本協定及び実施契約の締結に至らない場合における次点交渉権者として、「MICE愛知」(コンベンションリンケージ他)を選定しました。

参考:今後のスケジュール(予定)

 平成30年1月     基本協定の締結

 平成30年2月議会 運営権の設定議案の提案

 平成31年9月     事業の開始

添付資料

参考資料 愛知県国際展示場コンセッションについて [PDFファイル/229KB]

資料1 愛知県国際展示場コンセッション 優先交渉権者選定結果 [PDFファイル/141KB]

資料2 「前田・GL eventsグループ」の提案のポイント [PDFファイル/334KB]

資料2参考資料 GL events概要 [PDFファイル/153KB]

資料3 愛知県国際展示場コンセッション審査報告(愛知県国際展示場運営等事業者選定委員会) [PDFファイル/148KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)