ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 安心・安全 > 交通安全 > 「夏の交通安全駅前街頭キャンペーン」知事が参加、交通事故防止を訴え

「夏の交通安全駅前街頭キャンペーン」知事が参加、交通事故防止を訴え

平成20年7月8日(火曜日)発表

「夏の交通安全駅前街頭キャンペーン」知事が参加、交通事故防止を訴え

 県内の交通事故死者数は、7月7日現在、127人(前年対比-8人)で、4月3日以降全国ワースト1位を継続しています。

 このままの状態が続けば、4年連続のワースト1位という最悪の結果が懸念され、特に西尾張地域では、昨年同期よりも増加しており、深刻な状況になっています。

 このため、交通死亡事故が増加している西尾張地区の中でも前年に比べ増加の著しい一宮市において「夏の交通安全県民運動」期間中の県内一斉大監視日に併せて実施される「夏の交通安全駅前街頭キャンペーン」に知事が参加し、自治体、交通安全関係団体、ボランティアの方々とともに交通事故防止を訴えます。

 

1 日時

平成20年7月15日(火曜日)午前7時50分から午前8時30分まで

2 場所

一宮市栄三丁目地内 JR尾張一宮駅コンコース

3 内容

駅利用者に啓発品、チラシ等を配布し交通安全を訴える

4 参加者

知事、一宮市長、一宮警察署長、ミス織物クイーン、ミス七夕、神山連区交通安全会会員、県職員、市職員等約70名

問合せ

愛知県 県民生活部 地域安全課
交通安全グループ
担当:堤、大野
電話:052-954-6177(ダイヤルイン)
内線:2492、2493